食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

ハンガリー産フォアグラのポワレ、焼き米茄子と松茸を添えて

 

こんにちは、カザマです。

ウッカリしているウチに早くもカレンダーが一枚めくられて、10月になってしまいました。年末がどんどん近づいて来るじゃないですかあー笑い泣き 時間の流れが速くなるのに反比例して、自分の動作が遅くなっていくような気がします(^-^; 

最近、チャリを漕ぐ足に力が入らず負荷が大きいなあ、以前はもっとキビキビ漕いでいたのに老化のせいかなあと思っていましたが、はっと気づきました。そうだ、しばらく空気入れてないわーひらめき電球 明日の朝、出る前にいれよっと!と決めて眠りにつきました。

そして、朝、起きてから出掛けるまでずーっと「ナニカ忘れてるな。確か朝一でナニカすると考えていたはずなんだが。」と悩み続けました。思い出さないまま出勤の時間になり、駐輪場に行ってチャリを出して、ようやくのこと、思い出しました(笑) 愛チャリのタイヤにスコスコ空気を入れて、出発!おお、軽快にチャリは走り足どりも軽~く漕いでます(^-^) 足の老化はまだまだだわと思いながらも、脳の老化は否めなかったほろ苦くも爽やかな秋の朝でしたニヤニヤ

 

 

さて、それでは10月のお料理ご紹介を始めて参りましょう!

ハンガリー産フォアグラのポワレ、焼き米茄子添え、松茸の香り

ヨーロッパで流行した鳥インフルエンザも既に終息しているようですが、未だにフランス産の家禽類は日本では解禁になっておりません。スペイン産やハンガリー産のものは、もう通常どおりに入荷になっております。

今回はハンガリー産のオワ(ガチョウ)のフォアグラをご用意いたしました。フォアグラは焼いたり、テリーヌにしたり、フラン(蒸したもの)など色々なお料理に仕立てますが、やはりその旨みやコクは美味でフレンチには欠かせない食材の一つですね!

フォアグラのソテーは、脂の甘い香ばしさがたまりません(´∀`) 口にするとまず、はりっと焼けた香ばしい食感があり、そしてとろりとしたまろやかな中身が蕩けて口中に広がります。あ~、考えただけで、美味しい!(笑) マデラ酒風味のほんのり甘めのソースも絡んで旨々です。

そして、フォアグラの下には美味しい秋茄子ですよー。厚めにスライスした焼き米茄子にもフォアグラの脂やソースが浸みて美味でございます。

さらに、フォアグラの上には、焼き松茸を乗せました。シャクっとした歯ごたえに松茸の香り、この秋の三重奏をぜひお楽しみ下さい音譜

 

ハンガリー産フォアグラのポワレ、焼き米茄子添え、松茸の香り

ディナーC¥8500・ムニュコンセイユ¥12000の前菜としてご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)