食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

北海道のワインたち

 

こんにちは、カザマです。

ここ何年かの間に、北海道にはヴィンヤード(ワイン用の葡萄を栽培している畑)やワイナリー(醸造施設を持つワイン生産者)がずい分増えました。大きな会社もあれば、個人の方がなさっている畑やワイナリーもあります。それぞれ作り手の考え方が反映された個性的なワインが生産され、そのワインを味わうのはとても楽しみなことです。

 

ワタシも時々は生産者の方の畑や醸造所を訪問して、微力ながら収穫のお手伝いをしたり、お話しを伺ったりして参りました。個人の方のワインは生産量も少なく、人気のあるワインは発売と同時に完売したり、入手もなかなか困難なものもあります。少しずつ購入しているワインですが、ぜひ当店のお客さまにも楽しんで頂きたくグラス売りも致しております。

だいたい3~4種類を開けていきますすが、ほんの少ししか無いワインも多いもので、今どれをグラス売りしているかはその日のお楽しみということで、どうぞよろしくお願いします。

できる時はFacebookなどでご案内しようとは思っておりますが、、ニヤニヤマアヨロシク!

 

tabi 2017 OSA Winery 小樽

小樽の石造りの建物を改装したワイナリーです。塩谷に自社畑を持つ他、余市などから買い葡萄でも醸造しています。tabiは、「旅路」という葡萄から造られた白ワインです。生食用葡萄の甘やかでフルーティな香りに対して味わいはキリッとドライです。小樽らしくお鮨に合わたいワインですが、フレンチでも魚介のマリネにどうぞ!

 

宵の明星 2016 美流渡 岩見沢

ケルナーやゲヴェルツトラミネール、ピノ・ノワールなど何種類かの品種を混醸して作られた白ワインです。華やかな香りと奥行きのある味わい、旨みのあるドライな仕上がりです。

 

余市ツヴァイ 2014 上幌ワイン(10Rワイナリー) 栗沢町

葡萄は余市の畑のツヴァイゲルトレーベを使い、栗沢の10Rワイナリーで醸造されています。オーナーのブルース・ガットラヴさんの手掛けるワインはどれも素晴らしく、このツヴァイも魅力に溢れています。胡椒などスパイスの香りが顕著で、甘い果実味がなめらかに口中に広がります。 ほんの少ししか無いので、ぜひお早めにお越し下さい!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

活エゾ鮑のソテー、鮑の肝風味のバターソース、山菜のベニエとともに

 

こんにちは、カザマです。

初夏らしいお天気になって参りましたね。この時期は「リラ冷え」という俳句の季語もありライラックの花が咲くころにちょっと寒い日もありますが、お天気さえ良ければ最高に爽やかな季節です。北海道のベストシーズンといえましょうか!

鉢植えの水やりも楽しいですし、店前の小さなハーブ畑(というのもおこがましいですが(^-^;)では、タイムがふさふさと育っております。このタイムはグラウンドカバータイプなので、丈が伸びずに小さな葉が緻密に地面を覆って広がるものなのですが、雪解け後に肥料をばら撒いておいたところ、ずい分大きく育ってしまいました。タイムの葉にしては大きくて丈も長めで、本当にふさふさしています。香りもバッチリで、これはこれで嬉しいのですが、やっぱり肥料が多すぎたのでしょうね笑い泣きアララーあせる

 

 

今月はお料理ご紹介のペースが落ちてしまって、早や5月も下旬に入ってしまいました。

少し頑張らないと!

活エゾ鮑のソテー、鮑の肝風味のバターソース、山菜のフリットとともにはいかがでしょう?

前菜なので、少し小ぶりのエゾ鮑ですが、ちゃんと丸ごと1個です!エゾ鮑は、そのまま焼いても程よいきゅっとした弾力のある歯応えと柔らかさがあり、貝の旨みを存分に楽しめますね。鮑の緑色の肝をピュレにしてバターと合わせたソースはカザマの定番です。昆布を食べて育つ鮑ですから、肝もその旨みが詰まっていてソースにしてもコクとまろみで実に美味しいです。

そして、付け合わせには今の季節のご馳走、山菜と春野菜をふわりとした衣を付けて上げるベニエにして添えました。その日の入荷にもよりますが、ギョウジャニンニク、タラノ芽、コゴミ、ウドなど。レンコンも可愛いですね!そういえば、しばらく前にレンコンの形をしたブローチを付けたお客さまがいらしゃいましたっけ。可愛くて、ワタシも欲しいなあ、と羨ましく見ていましたニヤニヤヨダンデスガ!

 

美味しいエゾ鮑と季節の山菜を味わって頂く一皿、とってもオススメです音譜

活エゾ鮑のソテー、鮑の肝風味のバターソース、山菜のフリットとともに

ディナーC¥8500の前菜としてご賞味頂けます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

グリンピースのフラン、帆立貝のタルタル添え

 

こんにちは、カザマです。

暖かい日は天国のように素敵なのに、急に寒くなったり、お天気的には今一つなこの頃です。

それでも春なので、ちょっとお出かけしたりしてみましたよー。

葡萄畑に行って来ました。ちょっとピンクがかった可愛らしい芽がポコポコと出てきていますデレデレカワイイ!

畑にも道端にも黄色のタンポポが満開でのどかな風景が広がっていました。葡萄の樹の選定や垣根仕立ての仕方のお話などを伺って、醸造所の見学をしたり有意義な時間でした。

 

そして、一緒に行ったお友達と楽しいランチニヤニヤ

「大地のテラス」は、店前のベンツのリムジンと奥の赤い電車が目印のビュッフェスタイルのレストランです。シュラスコ・ランチ¥2700を頂きました。ビュッフェの色々なお料理・ソフトドリンク、それにテーブルで切り分けて下さるシュラスコ(5種類のお肉)が食べ放題です。しかしながら、シュラスコの5種類を頂いた後もうお腹がいっぱいになり、お肉のお代わりが出来なかったのが残念でしたー(笑)

 

 

それでは本日のお料理ご紹介です。

グリンピースのフラン、帆立貝のタルタル添え

とても春らしい一皿ですよ!

グリンピースを裏漉したピュレと卵やクリームを合わせてココットに入れてオーブンで蒸し焼きにしたフランをご用意しました。上には、新鮮で甘い帆立貝をデ(小さなさいの目)に切って、ソース・ムースリーヌで和えたタルタルをたっぷりと乗せています。素材の甘みと風味、塩梅した塩味があいまってお口の中で溶け合いますよー。 ぜひ、お試しください音譜

 

グリンピースのフラン、帆立貝のタルタル添え

ランチA¥2100・B¥2500・ディナーA¥4000の前菜としてご賞味頂けます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

トキシラズのミ・キュイ、二色のアスパラガス添え

 

こんにちは、カザマです。

新生姜が出回り始めました。

新生姜のシロップを作りまして、、。

新生姜で作るときれいなピンク色のシロップになります。

炭酸で割った自家製新生姜のジンジャーエール(¥600)をご用意しておりますよ。

アルコールに弱い方やお車の運転をされる方にオススメです!ぜひどうぞ音譜

 

本日のお料理ご紹介はトキシラズのミ・キュイ、二色のアスパラガス添えです。

初夏はトキシラズの季節、そして道産ホワイトアスパラガスの季節でもあります。

トキシラズは「時知らず」の意味で、通常秋に産卵のため遡上する鮭を獲るのに対し、ロシアに向けて回遊中の若い鮭を北海道沖などで漁獲されるものをトキシラズと呼びます。未成熟なので、魚体が若々しく脂が乗って美味と珍重されています。身はとろりとして刺身やマリネでも大変美味しく、今月はマリネもご用意しておりますので後ほどまたご紹介させて頂きますね。

 

ミ・キュイとは、ミディアムに焼いたものと思ってください。生でも美味しいトキシラズをガッチリ焼いてしまってはもったいない。皮目や身の外側はこんがりと中は赤みが残る焼き加減です。トキシラズの上質な脂で香ばしく焼けていながら、身はほろりと柔らかに仕上げております。鮭にも良く合う赤ワイン・ソースを添えてキレの良い酸味でお召し上がり頂きます。

付け合わせには、旬を迎えたアスパラガスを添えました。ホワイトアスパラガスはただ今赤井川村産のハウスで遮光栽培されたものをご用意しております。グリーンアスパラガスとともに、瑞々しくシャキッとした味わいをお楽しみ下さいラブラブ

 

トキシラズのミ・キュイ、二色のアスパラガス添え

ディナーB¥6000・C¥8500のお魚料理としてご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

北海道産ホワイトアスパラガスのムースとウニのコンソメ・ジュレ寄せ

 

こんにちは、カザマです。

ようやく青空の広がる明るい空が戻って来ましたが、もう少し気温も上がって来て欲しいですね!

北海道産のホワイトアスパラガスの季節が始まっています。アスパラには温かい地温が大切です。美味しいアスパラのためにもう少しお陽さまに頑張って頂かないと!

ただ今は、赤井川コロポックル村産のハウスものホワイトアスパラガスが入荷になっております。やっぱり地物は瑞々しいですニヤニヤジューシー!!

ホワイトアスパラガスの冷製スープもご用意しておりますよ。このスープが始まると、初夏の気分がしてきますよね!他にも、色々な調理でアスパラガスを使います。シーズンは短いので、ぜひ逃さずお召し上がり下さいね音譜

 

 

では、今日はこちらのお料理をご紹介です。

北海道産ホワイトアスパラガスのムースとウニのコンソメ・ジュレ寄せ

トップの画像は横からのもの、今度は真上からご覧下さい。

ガラスの器に甘くてなめらか、ほんのりとホワイトアスパラの青い風味が混ざりすがすがしいムースを盛りまして、上にウニを乗せて、コンソメ・ジュレを流します。ツヤツヤのジュレを透かして野菜の青みやオレンジのウニが見えてきれいでしょう?デレデレウン!

 

すくって見ました! ふんわりしたアスパラのムース、ウニの甘み、ジュレの旨みが一体となり冷たく気持ちよく、喉を滑り落ちていきます・・・・ラブラブ

貴方のご来店、お待ちいたしておりますウインクウフッ

 

北海道産ホワイトアスパラガスのムースとウニのコンソメ・ジュレ寄せ

スペシャルランチ¥3500の前菜としてご賞味頂けます。

ディナータイムに召し上がりたい場合は、ご予約時にお伝えくださいませ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブレス産小鳩のロースト、赤ワイン・ソース

 

こんにちは、カザマです。

ゴールデンウィークも最終日となりましたが、皆さまたっぷりとお休みをお楽しみになりましたでしょうか。

後半はお天気が今一つで肌寒い日もありましたが、まあ色々とお楽しみはありますからね!

ワタシも休日には映画に行ったり、鉢植えの世話をしたり、ささやかな楽しみ事をしておりました。

一昨年からパッションフルーツを育てているのですが、その流れで「パッションフルーツ友の会」に参加した所、そちらで知り合った方から苗を分けて頂いたのです。早速、鉢に植え替えて成長を見守っているところです。この子たちのために、早く暖かくなって欲しいものです!

しばらく店先に置いてますので、ご来店の際はぜひご覧になってみて下さいニヤニヤミテ~

 

 

さて、ではお料理ご紹介に参ります。

今月のお肉料理の中で、ワタシが個人的に一番好きなものを最初にお勧めいたしますデレデレスキ!

ブレス産小鳩のロースト、赤ワイン・ソースですよ!

まあワタシはお肉全般なんでも好きなんですけど、鳥類もとっても好きです。中でも赤身の鳥、鴨とか鳩は、赤ワインとの相性もすごく良くて、ワインを頂きながらこういうお料理を楽しむのは至福ですね音譜

小鳩のローストに合わせるなら、上等のブルゴーニュやサンテミリオン、南仏のちょっとこってりした赤も良いですね!

今回のブレス産の鳩ですが、ブレス地方は家禽類の名産地です。特に有名なのは、「ブレス鶏」でして、家禽のルイ・ヴィトンみたいなものでしょうか!(ワタシはファッションのブランドに疎いもので、他ジャンルの特上品をお客さまに説明する時、なんでも一つ覚えに○○のルイ・ヴィトンみたいなものですよ!って良く言ってるんです(笑))

ブレス地方は家禽の飼育に向いた土地ですので、他にも色々な「ルイ・ヴィトン鳥」がありまして、ブレス産小鳩も大変上質なものとして知られています。冬の時季にはジビエとしまして野生の鳩も良くお出ししますが、山鳩の野性味と比べますとブレス産小鳩はやはり洗練された味わいといいますか、品のいい感じがします。ミディァムレアくらいに焼き上げますと、美しい赤身はロゼ色で、肉質はち密でしっとりと柔らかです。

鳩のガラを砕いてエキス分を抽出しソースのベースとして、フォンド・ヴォーや赤ワインでつないでソースを仕上げます。ローストした甘い香りをまといながら、色っぽく皿に身を横たえた小鳩のローストを前にしますと、もううっとりとしてフォークを伸ばさずにはいられませんよちゅーウフフフ-

お肉を一口、赤ワインを一口。幸せな時間が貴方に訪れますこと、間違いありませんラブラブ

 

ブレス産小鳩のロースト、赤ワイン・ソース

ディナーB¥6000のお肉料理としてご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

春の海鮮サラダ~北寄貝・帆立貝・ぼたん海老とウニ オレンジの香り

 

こんにちは、カザマです。

ゴールデンウィークの狭間から、ご挨拶申し上げますニヤニヤボンジュー!!

世間の皆さまには、連休と連休の間のお仕事日という方も多いかと思います。もちろん繋げて大型連休という方もいらっしゃいましょうが。カザマは小さな小さな連休を1日・2日と頂いております。

とはいえ、シェフは仕込みに、ワタシもこうしてパソコンに向かい宣伝活動を致しておる訳ですが。

5月の新メニューに向けて、二人とも色々と活動をしてますよーあせる

 

さて、5月のメニューご紹介第一弾です!

春は貝類も美味しい季節ですね。甘みを増した魚貝を使った海鮮サラダはいかがでしょうかデレデレドウ?

春の海鮮サラダ~北寄貝・帆立貝・ぼたん海老とウニ、オレンジの香り

どうですか?皆さまのお好きなものがいっぱいじゃあありませんか??

今、思われましたでしょうか?

「ああ、カザマに行ってこれを食べたいラブラブ

そう、思って頂けましたら本望でございますウインク ご予約をお待ちしております!

 

きゅっとした歯ごたえに甘い北寄貝、とろりとしたぼたん海老、さっと茹でた大根のスライスにミルフイユのように帆立貝とプチトマトを挟み、上にウニをちょんと乗せました。シャキッとした葉物野菜にオレンジ風味のドレッシングと香草とオリーブオイルのソース。見た目も色とりどりの春の海鮮サラダをどうぞお楽しみ下さい音譜

 

春の海鮮サラダ~北寄貝・帆立貝・ぼたん海老とウニ、オレンジの香り

ディナーB¥6000の前菜としてご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。