食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-DSC_0239.JPG
開会式、見ました(^-^)


楽しみにしていたロンドン・オリンピック、早朝目覚めてついテレビをスイッチ・オン!

イギリスの歴史や生活をテーマにしたという華麗なショーが始まってました。前回の北京に比べて、世界情勢を鑑み地味なオリンピックになると聞いてましたが、いやー、やっぱり華やかなショーでしたねビックリマーク


ちょうど「炎のランナー」のオーケストラ演奏を見ることができましたが、Mr.ビーンのローワン・アトキンソンがコミカルなエレクトーン演奏をするシーンで笑えました。英国のユーモア感覚もなかなかですね(^-^)


日本チームの入場行進を確認して、朝の家事仕事に入りました。

これから毎日、各国の超人的選手たちの素晴らしい戦いぶりを楽しめます。ニッポンの選手たちの応援にも、もちろん力が入ります。良い成績を残せますように!



さて、夏も本番な暑さですね。今日も30°超えの予想です。


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-DSC_0238.JPG

元気な夏野菜がたくさん届きました。今日も元気に働きます!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:
リミットレス

作家志望のエディ・モーラは、人生のどん底にいた。小説は一行も進まないし、恋人には別れを告げられる。そんな時、偶然に出会った元妻の弟から、脳を100%活性化させるという革命的な新薬を渡される。疑いながらも服用した30秒後、エディの人生は一変する。一晩で傑作小説を書き上げると、今度はビジネス界に進出、巨大な株取引や投資に成功し、ウォール街に旋風を巻き起こす。やがて業界の伝説的な投資家カール・ヴァン・ルーンと手を組み、ハイスピードで富と権力の頂点へと駆け上がっていくエディ。だが、命さえも脅かす副作用と、新薬を奪おうとする謎の人物が、エディに襲いかかる……。

リミットレス - goo 映画  よりあらすじ引用



まだまだ未知の世界、神秘の内宇宙である我々の脳。

人類は脳のほんの一部しか使っていないと言われておりますが、全てを有効利用できたらどんなにスゴイ能力を発揮できるのでしょうか。我々がそんなにちょっとしか脳を使えていないのは、何かそうしてはいけない理由があるのでしょうか。それとも進化の途上なのでいつの日にか脳を全て使える日が来て、我々は素晴らしい人類として宇宙の覇者となれるのかも知れません。


現在は脳をちびっとしか使えない愚かな人類で、今世の中を見渡してもその愚かさは自明、哀しい限りです。

でも、もしも、この薬を服用すれば、脳を100%活用できる、と手渡されたら、、、飲みますか?



飲みます!


飲んで30秒もすると頭はクリアーになり、活力がみなぎり、書きあぐんでいた小説はパーフェクトな面白さで出来上がり、ピアノも30分でマスター、あっという間に外国語もペラペラに。レストランに行けばイタリア語で注文できちゃったりするものね。

そればかりじゃない、世の中の動きもバッチり読めて、もちん株で儲けるのもお手の物。もう世界をわしづかみで自分のものに!


飲みますとも!


ところが、ここに落とし穴が、、、やっぱり薬物なんで中毒症状や副作用があらわれて、記憶が飛び、ひどい頭痛に襲われ体はポロポロ、死に至る人も。どうする?!


うーん。でも飲みたい!(笑)


さてさて、こりゃー、大変と思うけど、ちょっと考えてみて。脳を100%使えるんですよ。信じられないくらい、頭いいんですよ。なにか対策を立てられるんじゃないですか。

だと、いいですね。


老獪な大富豪カール・ヴァン・ルーン(ロバート・デ・ニーロ)の仕掛けに勝てるか、人工天才エディ・モーラ(ブラッドレイ・クーパー)。 やっぱり100%は、すごいですよ。


飲ませてください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-少女1

レストラン・カザマの入り口で、、、


こんにちは、マダムです。


ワタシの姪の一人に写真を趣味にしている娘がいます。彼女はイラストも得意で、てカザマの写真を撮って加工して、こんな絵を制作してくれました。実際の店の写真をイラストにして、架空の女の子を書き足しました。

我が姪ながら、いい雰囲気出してると思います。おばバカでしょうか?(^-^)


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-少女2

カザマの店内で、、、



食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-シェフ

シェフ・カザマ


なんだかちょっと若返ってるみたいですが(^_^; 本人は大変喜んでます(笑)


とても素敵に出来上がったので、当店のホームページなどに使いたいと思ってます。

おばバカかも知れませんが、この趣味で彼女の人生が豊かなものになるよう願っています!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ
美味しそうなオレキエッテ、、、


O様は、カザマへのお土産に必ず食べ物のマグネットを買ってきて下さいます。先日イタリアにいらして、またしてもたくさんのマグネットを探し出して来て下さいました。その、食べ物縛りに敬意を表しまして、Oマグネット・コレクションの特集を組んでみました音譜


トップの画像は、ショートパスタのオレキエッテ。耳たぶみたいな形のパスタです。
食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

緑色のソースは、ブロッコリでしょうか。



食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ
カッサータ・シチリアーナ


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ
シチリア島の伝統的お菓子のカッサータ。カラフルできれいですねニコニコ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

トルテッリーニ?

うーん、あんまりパスタの種類に詳しくないので、正しいかどうか、、、?

それにしても、このデザイン、どうですかービックリマーク 自分も色々マグネット見てますけど、こんな凝った仕立てのものはちょっと見ないですねー。さすがのイタリアものですね(^-^)
食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ



食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ
パッケージ入りのハム


裏を返すと、ちゃんと裏側ものっぺらぼうでなく、作ってありますねー(^-^)
食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ



食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ
もちろん生ハムもあります!



食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ
キノコも笠の裏側まで丁寧に表現されています・・・・。なんて細かいガーン



食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

オリーブのパッケージ入り商品?小っちゃいです。

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ
小さな小さな、オリーブのオリーブの瓶詰めが2個、入ってました。もしかすると、開けたら本物のオリープがはいってるかも(^-^;


食べ物系のマグネット、凝りに凝っているイタリアですね。マグネット製作会社に、誰かものすごく凝り性の人がいるのではないか。他の国には無い方向性が感じられます。

恐るべし、イタリア・・・・。

O様、本当にいつもありがとうございます。もうこれ以上スゴイマグはないのでは、と思われるほど堪能させて頂きましたラブラブ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
探偵はBARにいる【通常版】
食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-探偵はバーにいる
この映画探偵はBARにいる 公開時に、試写会応募を試みるもあえなくハズレて、見逃しておりました。原作を読んで待機してまして、DVDレンタル開始を待つことに。なんたかんだでようやく今頃の鑑賞とあいなりました。


ススキノを舞台に、大泉洋の探偵・俺松田龍平のその友人・高田が大暴れするというハードボイルド映画です。札幌市民としては、ススキノがどんな風に映画になるのかやっぱり気になるところですねえ。知ってる場所が写るかどうか、ワクワクして観てましたが、知ってるところは少なかったです(^-^; 考えてみれば、ススキノにあまり行かなくなっている近頃、知らなくて当たり前でしたね。
もちろんススキノ4丁目のニッカウヰスキーのネオンがあるあたりは、見慣れた風景。ジンギスカンの「だるま」とか、ラーメン横丁、「赤ひげ薬局」などは、分かりました。他は、ホテルやキタラ、道警ビルその他の有名スポットを別にすれば、ありふれた雑居ビルでのシーンが多くて、それはアクション映画としての鑑賞の妨げにならず良かったかも。とはいえ、知ってるところが出てくるのも楽しいし、こりからもっと札幌を舞台にした映画撮影があればいいとは思いますね!
知っているといえば、札幌の上田市長も本人役で出演してたんですねえ(^-^)


 

というようなことで、原作も読了済み、ストーリーも知っている、という流れで軽ーく楽しく見ておりましたが、アクションが激しくなって来るにつれ、緊張感も高まってきて面白くなり、後半けっこう熱心に鑑賞してました。
ヒロインの、小雪が演じる沙織が殺された夫の復讐を用意周到に準備してきたことを言うシーンです。
沙織「復讐することに決めました。」 
自分、思わず、
「決めるさ!」完全に感情移入して叫んでました(笑)

復讐ものって大好きです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-仔牛ロース肉のポワレ
カナダ・ケベック産最上仔牛ロース肉のポワレ、ポルト酒ソース


こんにちは、マダム・カザマです。

お天気も良く夏らしい日々ですね。本日は定休日で、のんびりと涼しい部屋で過ごしております。

昨日は、思い立ってパン焼きに取り組みました。先日DVDで観た「しあわせのパン」でパン・ド・カンパーニュを見たものですから、自分でも焼いてみたくなってしまいました。
食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-DSC_0221.JPG こんな感じです(^-^) まだ食べてません、、、どんな出来具合かなあ。今日のお昼ご飯に食べてみます。



さて、本日のお料理ご紹介はとっておきのお肉料理です。

カナダ・ケベック産最上仔牛ロース肉のポワレ、ポルト酒風味のソース。この仔牛はホワイト・ヴィールと呼ばれるミルク・フェッドです。つまり乳飲み仔牛ですね。しかも通常のミルク・フェッドよりはるかに長く生後5か月くらいまでミルクのみで育てられます。牧草や土に含まれる鉄分を摂取しませんので、肉質は白っぽいピンク色で柔らかです。仔牛肉のカテゴリーでは、最上のランクに位置付けられておりますよ。


お肉のジューシーさ柔らかさを損なわないように、ていねいに焼いて、甘みのあるポルト酒のソースを添えました。カリフラワーやロマネスコ芽キャベツなどの野菜と、キノコ、グリーンピースのピュレとともにどうぞ。


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-仔牛ロース肉のポワレ

カナダ・ケベック産最上仔牛ロース肉のポワレ、ポルト酒風味のソース

ディナーC¥8400のお肉料理です。

アラカルト ¥4000

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-南アのチーズ
南アフリカ共和国産チーズたち


お客様にまたまた色々なお土産を頂いて、シアワセな日々ですラブラブ!

行ったことの無い国へいらした方からのお土産はまた格別です。といっても行ったことの無い国の方がもちろん多い自分ですから、珍しいお話を伺えて楽しいものです!


南アフリカ共和国という、気の遠くなるほど遠い感じのする国からのチーズのお土産を頂きました。ヨーロッパ各国やアメリカあたりのチーズならお馴染みですが、南アにもチーズがあるのね、という驚きですが、そういえば南ア産のワインは身近ですものね。チーズも当然といえば当然です。ヨーロッパのチーズをお手本にしたようなチーズたちです。カマンベールタイプやウオッシュ、山羊のチーズも。フレッシュな山羊のチーズは酸味が爽やかで美味でした。北海道のチーズにも似たタイプのもので、クリーミーで美味しいもの。A様、ご馳走さまです!

そして、マグネットも頂きました。

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-マグネット・南ア ペンギンですよ!さすがに南極に近い国ですね(^-^)



食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-マグネット・ニース こちらはフランス旅行の達人H様から。

プロバンスはニースのマグネットです。ビーチときれいなご婦人の取り合わせ。うーん。やっぱりお洒落ですね。H様、ありがとうございました(^-^)



食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-マグネット・ヨルダン 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-マグネット・イタリア

旅行大好きのO様より、ヨルダンのペトラ遺跡イタリアのマグネットを頂きました。O様はいつも旅先での武勇談があり、オトコマエ美人のお土産話はとても面白いです!ありがとうございました(^-^)


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-マグネット・サウロン 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-マグネット・ニュージー

ご出張でニュージーランドに行かれたS様より。キャラクターマグネットも大好きです。左はお分かりでしょうか? 映画ロード・オブ・ザ・リングスに出てくるボスキャラ冥王サウロンです!この映画はNZでロケをしているので、映画グッズを取り揃えているお店があるのですって!ウエリントンのThe Weta Caveというお店で、ほかにもNZロケをした映画のグッズがてんこ盛りだそうです。行ってみたいですねーニコニコ

右のマグネットの建物は、国会議事堂で、その独特な外観から「ビーハイブ(蜂の巣)」と呼ばれているそうです。

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-バッジLike そして、こちらも!

Facebookの日本では「いいね!」のアイコンですが、英語では「Like」です。早速エプロンに付けて働いてます。お料理美味しかったら「Like」押してください(笑) S様、ありがとうございました(^-^)


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-マグネット・にゃんこ先生 もう一つ、キャラクマグネットを頂きました。M様より、マンガの夏目友人帳に出てくるニャンコ先生、だそうです。現時点で自分、このコミック未読ですが、オススメということで、すでにレンタルしてきてあります(笑) 妖かしや式神などが出る自分好みのコミックみたいなので、楽しみです。M様、ありがとうございました(^-^)

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-コンフィチュール こちらはパリのアパルトマン暮らしの達人、K様よりアルザススの名店フェルヴェールのコンフィチュールを頂きました♪ あっさりした自然な甘みが美味。ナパージュ代わりにケーキにナッペするのにも重宝しています。K様、ありがとうございました(^-^)



さらに、この後食べ物マグネットの達人、O様より多数頂戴しましたー!!

次回、特集でお贈り致します。お楽しみに~音譜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-マグレ鴨胸肉のポワレ
マグレ鴨胸肉のポワレ、オレンジの香り


こんにちは、マダム・カザマです。

お天気は良くなってきましたが、気温の低い一日でした。冷房も必要としないのでエコですが、夜は窓を開けていると寒いくらいでした(^-^; それでも夏です! 手稲市民プールもオープンして、子どもたちが歓声を上げて水遊びを楽しんだようですねニコニコ いいなあ、プール。もう何年行ってないだろう、、、汗

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ  リゾートにも行きたいですね~ラブラブ!


さてさて、仕事、仕事(^-^;


今日はお肉料理のご紹介をいたします!

フランス産マグレ鴨胸肉のポワレ、オレンジの香りです。マグレ鴨はフォアグラを取るために飼育されている鴨肉でとてもポピュラーなものです。お肉も脂がのって柔らかくジューシーで、鴨の良い香りがします。皮目はもちろんバリッと焼き上げますので脂が香ばしくて、食欲をそそりますね!付け合せには、緑色がきれいなグリーンピースのピュレを添えています。そして、ソースですが、鴨にオレンジ、定番の古典的な組み合わせではありますが、やはり鴨肉に甘酸っぱいフレーバーは良く合うのですね~。ぜひ、お試しください(^-^) 間違いありませんから!


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-マグレ鴨胸肉のポワレ
マグレ鴨胸肉のポワレ、オレンジの香り

ディナーA¥4000・B¥5800のお肉料理です。

アラカルト ¥2600

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-平目のポピエット

平目のポピエット、ウニ風味のソース・ブールブラン


こんにちは、マダム・カザマです。

週末がやって来ました。土・日曜のディナーは沢山のご予約を頂いているので、気合いを入れて頑張ろうと思いますメラメラ 連休でもありますし、ご旅行でいらっしゃるお客様も多いシーズンですし、記念日のご予約もあり、お客さまそれぞれに楽しいひと時を過ごして頂けますように音譜



今月人気のお料理の一つをご紹介いたしましょう。

余市沖・平目のポピエット、ウニ風味ソース・ブールブランです。ポピエットは包むという意味で、平目のフィレに白身魚と帆立貝のムースを包み、白ワイン蒸しにしてあります。きめ細かくて柔らか、しっとりした平目にムースが入ってふんわりした口当たりが優しいお魚料理です。ここに、北海道の夏といえばウニ!のピュレをたっぷりと混ぜ込んだバターソースを添えました。皆さま、思わずにっこりのお料理ですよ(^-^)
食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-平目のポピエット

余市沖・平目のポピエット、ウニ風味バターソース

ディナーB¥5800のお魚料理です。

アラカルト¥2000

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ-宇宙人ポール
宇宙人ポール [DVD]/ジェネオン・ユニバーサル 
  Amazon.co.jp


イギリス人のSF作家クライヴ(ニック・フロスト)とイラストレーターのグレアム(サイモン・ペッグ)、二人のSFオタクがアメリカのマニアが集う「コミコン」に参加し、その後UFOスポット巡りのドライブに出発した。その途中、暴走する一台の車のクラッシュを目撃し、恐る恐る事故車の様子を見に行くと、宇宙人ポールに遭遇したのであった。


ポールの説明によると、約60年前宇宙船の故障で地球に不時着し、少女に助けられた後、政府に監禁されていたとのこと。長年の地球暮らしですっかりアメリカナイズされたポールは、ちょっとシモネタがかったジョークを連発しながらフランクな会話をするオメリカオヤジになっていた。SFオタクのコンビは宇宙人に会う事を夢見ていたくせに、その瞬間の衝撃は大きく、クライブは気絶してしまう。


頭が大きくて、目がグリグリ、細い手足と、我々が長年親しんできた宇宙人像に似ているポールであるが、ポールこそが60年前から宇宙人情報を提供しSF文化の発展に貢献して来たネタ元である。かのスピルバーグ(本人が声出演)もポールからアイディアを貰っていたのだ、そうだ(笑)


なんとも馬鹿馬鹿しいストーリーながら、このポールのキャラがとんでもなく魅力的で、自分すっかり引き込まれてしまった。さて、ポールはすっかり情報を提供してしまい、後は解剖されてしまうという事態となり内部の協力者の援助で脱出し、故郷の星とのコンタクトに成功しして救出地点まで逃走中にオタクコンビと出会ったわけ。訳を聞いたコンビはポールの逃走を手伝うのだが、そこにポールを追いかける政府のエージェントやキリスト教信者の娘、その父親などが絡み、宇宙人と初の遭遇をする人々の騒動に大笑い。


ラストにシガニー・ウィーバーが驚愕の、、、おおっ! 


いや、コレは面白かった。この作品を面白いと思う人とはトモダチになれるな(笑)

去年観た「月に囚われた男」と並ぶ、(自分にとっての)SF傑作映画だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)