食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。

NEW !
テーマ:

道案内の剛力たちに導かれ、山の尾根を行く逃避行の果てに、目指す港町に辿り着いたニザマ高級官僚の姫君と近衛兵の一行。しかし、休息の地と頼ったそこは、陰謀渦巻き、売国奴の跋扈する裏切り者の街と化していた。姫は廓に囚われ、兵士たちの多くは命を落とす……。喝采を浴びた前作に比肩する稀なる続篇。

姫を救出せんとする近衛兵と剛力たち。地下に張り巡らされた暗渠に棲む孤児集団の力を借り、廓筋との全面抗争に突入する。一方、剛力衆の中に、まともに喋れない鳥飼の男がいた。男は一行から離れ、カラスを供に単独行動を始めが……。果たして姫君の奪還はなるか? 裏切りの売国奴は誰なのか? 傑作再臨!

---文庫裏表紙より引用

 

久しぶりの読書紹介、当プログ本来の立ち位置にちょっと戻って参りました。

文庫で全4冊の長編前作の続編ですが、登場人物たちはガラリと変わって、お話の舞台はニザマ国の南方の港湾都市クヴァングワン。

 

前作(紹介記事はこちら→https://ameblo.jp/agneau/entry-12299116979.html)で、マツリカたちがニザマの悪徳宦官の親玉を出し抜いて、ニザマ天帝が政治の実権を手中にし一ノ谷、アルデシュの三国同盟のようなものを結び戦を回避したのではあるが、ニザマの国内は大荒れに荒れて地位を追われた高級官僚の家族たちも命からがらの逃避行を余儀なくされていた。

 

前作ではマツリカの鮮やかな情報処理能力とキリヒトの鍛えられた刺客としての能力に惹かれ、国と国ととが存続をかけてぶつかる大きな物語に夢中になったもの。

本作を期待に震えながら紐解けば、あららキリヒトの名前が無い。やたらたくましい体つきの男どもが山行きをしていると、拍子抜けしながら読み進んだが、しかしこれもまた面白いのなんのって!

 

山岳地帯を行く剛力たち、姫様を守る近衛たち、山の風、高地にかかる雲と流れる霧、烏をあやつる鳥飼、杣人の里。何故か、村に火をかけられ村人全員が死に絶えた中で、一匹の犬が剛力たちを呼び導かれて見つけたのは仮死状態の少年が一人。いやもう、これはナニ?いったいなんの謎!

 

そして、たどり着いたクヴアングワン、東南アジアっぽい情緒がただようこの町では、ニザマ狩りと称してならず者が徒党を組み、富裕な家を襲って財産を盗み、人を殺して、焼き討ちが横行していた。

この町の雰囲気がまた!荒れて暗く雨が降り、風が吹く。細い路地は薄暗く、地下には網の目のように水路が張り巡らされ、この地下には親を失った孤児たちがひっそりとしかしたくましく暮らしていて「鼠」と呼ばれていた。

 

年端もいかない子どもたちが寄り添って仲間をお互いに守って生き永らえ、「お前が裏切らないなら、俺も決して裏切らない」と、地下水道を縦横無尽に走り抜けながら、幼いながらに信義を大切にする「鼠」たちに読者の心も寄り添わずにはいられない。

 

山で無事に過ごすのも、地下水路を通り抜けるのも、全て「わきまえ」を心得ていなければならない。何が正義かもまたわきまえていなければ、人ではない。富や名声、権力とは無縁の場所で力強く生き抜いてゆく彼らに喝采を送らずにはいられない。

 

そして、幼いころに事故で頭に大けがをし、機能障害をもった鳥飼のエゴンと烏の伝言(からすのつてこと)が、言語と文字の重要さを物語に織り込んで面白さ、倍増!

 

読み終えて、またすぐにクヴァングワンの景色を、屋根の上に吹き付ける風を感じたく再読に入った自分である。ああ、こんなに面白い物語、世界観を見せて貰えて、なんて嬉しいことであろうか。読者冥利に尽きる。

 

続編も楽しみ。たぶん次回はキリヒトの活躍を読めるのではないかと、これまた期待!

 

 

最近の賄い:旬の牡蠣料理

岸で養殖中の新しいブランド「弁天かき」。 まるえもんと同じ方式で帆立貝の殻に種牡蠣を付けて育てますが、種苗は厚岸産です。実入りも良く甘みがありました。

牡蠣フライ。牡蠣シーズンの定番ですが、殻付き牡蠣を開けて作る牡蠣フライの美味しさは抜群です!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

エゾ鹿すね肉の赤ワイン煮込み、ゆり根のピュレを添えて

 

こんにちは、カザマです。

シェフに教えて貰うまで知らなかったのですけど、17日から3日間、「嵐」のライブが札幌ドームであるのですってね!まあまあ、これはたいそう札幌も盛り上がってますねえ。といっても、ウチの辺りは全然関係ないのですけども。時々、ライブ参戦の方がランチにいらして下さったりすることもありましたが、今年はどうでしょうか。大きな紙袋にグッズを沢山詰めて持っている方があれば、それはきっと嵐ファンの方。いらっしゃらないかな、楽しみですニヤニヤ

 

 

ボジョレ・ヌーヴォ、入荷中です!

今年のラインナップですよ。

少しずつ味わってみましたが、総じてみな味わいが濃い目でしっかりしてますね。酸味もくっきりして、美味しいです。左から2番目のジュンコ・アライさんのヌーヴォは、中では柔らかめの優しい味わいで魅力的でした。どれもグラスワインでお出ししてますので、ぜひ一杯どうぞワイングラスワイングラスワイングラス

 

そしてヌーヴォに合わせるお勧めのお料理は、と言うと。

シュークルートもお勧めですが、

エゾ鹿料理もお勧めしたいですね。今年のヌーヴォは濃い目なので、赤身のお肉料理にもしっくりくるのではないかしら。

ということで、こちらです!

白糠産・エゾ鹿すね肉の赤ワイン煮込み、ゆり根のピュレを添えて

 

野山を走り回って、しっかり筋肉のついた野生のエゾ鹿の脚ですよ。骨ごと赤ワインに付け込んでから、じっくりと煮込みます。固い肉がすっかりほろりと離れるほど柔らかくなったら、赤ワインもしっとりと味がしみ込んで、ゼラチン質のとろりとした部分や運が良いとアキレス腱が入っているかも知れません(^^♪付け合わせには、ほんのりと甘いゆり根のピュレを添えて、パンが進み、ワインが進む一皿です。ボジョレ・ヌーヴォもくいくい進んでしまいそうですね!

 

ランチA¥2100・B¥2500・ディナーA¥4000の主菜としてご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

産地直送、牡蠣料理をどうぞ!

 

こんにちは、カザマです。

昨日は雪も少し降って、いよいよ冬も本番だなあとぶるっとしておりました(^-^; 

インフルエンザの予防接種も受けましたが、今年はワクチンが不足気味だそうですが毎年早めに予約をしているので、無事受けることができました。ちょうどシェフが誕生日の日で満64歳になりました。壁に貼ってある予防接種のポスターを見ると、65歳以上の方は通常の半額くらいで受けられるとのこと。来年はシェフも割引で受けられるんだねー、と話しながら、そんな風に社会から恩恵を受けられる年齢になるんだな、と「お年寄り」の仲間入りに感慨深く、そしてなんだか若さと遠くなる淋しさをちょっぴり感じたものでした(笑) 気持ちはバリバリ現役気分ですが、肉体が年を取るのは避けられないものですからねニヤニヤ

 

 

さて、カザマの11月は産地直送の美味しい牡蠣のシーズン・スタートであります。

牡蠣は厚岸町の溝畑さんの「まるえもん」と、サロマ湖の五十嵐さんの「孤太郎牡蠣」を取り寄せております。

「まるえもん」は、宮城の種牡蠣を厚岸で育てたもので、溝畑さんの牡蠣はどちらかといえばさっぱりした味わいでツルツルと喉ごし良く、幾つでも食べられそうな美味しいものです。

「孤太郎牡蠣」は、シングルシードで塩気も少し強く味わいも濃い目で、こちらも美味です。

どちらも小ぶりなサイズをご用意しておりまして、出来ればフランスみたいにダース単位で沢山召し上がって頂きたいですね!

ディナーB¥6000の前菜では、サロマ湖産2個、厚岸産3個の計5個お出ししています。

ディナーA¥4000の前菜(4個)でもご賞味頂けます。

単品では、3個以上でご注文お願いしております。

厚岸産1個¥300・サロマ湖産1個¥350(ランチタイムもご用意あります)

 

厚岸産殻付き牡蠣のグラタン、フローレンス風

牡蠣のグラタンはシーズン中色々なソースでお出しいたしますが、今月はグリュイエールチーズを使ったソース・モルネでご用意しております。牡蠣の下にはほうれん草を敷いております。この「ソースが美味しい!」とほっぺが落ちそうなお顔でおっしゃって下さるお客さまが大勢ですデレデレ

スペシャル・ランチ¥3500の前菜で2個付けでご用意しております。

単品(3個以上でご注文お願いします)、または追加の場合、1個¥400でご用意できます。

事前のご予約をお願い申し上げます。

 

冬の海の幸盛り合わせプラトー

プラトーにはもちろん殻付き生牡蠣入ってますよ。というか、やはり牡蠣が主役ですね!

厚岸、サロマの殻付き生牡蠣にずわい蟹、海老のフリット、ムール貝、浅利貝、ツブ貝、マリネが大皿に満載で登場します。テーブルに歓声が上がります(^^♪

アラカルト ¥3500

ディナーC¥8500・ムニュ・コンセイユ¥12000の前菜としてご用意しております。

事前のご予約をお願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フォアグラと真狩産ポワロ葱のテリーヌ、黒トリュフの香り

 

こんにちは、カザマです。

わたくし事ですが、髪を切りました、、、、。もの悲しい冬の初めにメランコリーな気分になって、思わず。

なーんてウっソでーす! 実は今月、運転免許証の更新を迎えて、手続きに行ってきたのですが、新しい免許証に載った自分の顔写真を見て、またまた強いショックを受けました。

「情けない金太郎顔」から脱していないではありませんか! 「情けない金太郎顔」とは、髪を伸ばし始めた頃、少ーし伸びた髪をボブ(いえ、オカッパ頭ですが)風にしていたつもりですが、ふと鏡に映ったものを見れば、なんとも情けない顔をした金太郎がそこにいた滝汗、というショックな顔でした。

それから頑張って、髪を伸ばし続け少し長さも出てきたので、ボブと言ってもいいかなーと思っていたのですが、それは思い込みでした・・・。フランスで食べ過ぎて顔がよりいっそう、大きくなっていたのも敗因でしょうか(笑)

免許証の「情けない金太郎顔」と向こう5年も付き合って行かなければならないとは! 帰宅した足で美容室に行き、元のショートカットに戻しました。 まあね、髪があろうが無かろうが、顔に変化はないので、どうという事もないのではありますが、ともかく朝の支度はラクになったのでヨシとしますニヤニヤ

 

 

というつまらない個人的な感想でしたが、さて、お料理ご紹介に参ります。

フォアグラとポワロ葱のテリーヌ、黒トリュフの香り

こちらも「初冬のムニュ」で準備していた前菜です。ボルドーでは、フォアグラも何度も頂きました。だから、太るんですよね(笑) フォアグラのテリーヌ、ソテー、卵とフォアグラのココット焼き(これはとっても美味でした。その内、カザマのメニューにも載るかも知れません。)などなど。

今回は、フォアグラは一度テリーヌにしてから、クリームを合わせて柔らかなムースよりちょっと手前くらいの仕上げにして、シャキとした歯触りを残した甘いポワロ葱と重ねてテリーヌ型に詰めて固めます。トリュフのみじん切りを混ぜたソース・ヴィネグレットを掛けて、秋トリュフのスライスも添えました。フォアグラはクリーミーでコクがあり、フォアグラはちょっと苦手、と思う方でもこの優しい味わいならきっと美味しく召し上がって頂けることでしょう音譜

フォアグラと真狩産ポワロ葱のテリーヌ、黒トリュフの香り

ディナーC「初冬のムニュ」¥8500の前菜としてご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年もルロワのプリムール、入ります!

 

こんにちは、カザマです。

巷にボジョレ・ヌーヴォの話題が出始めると、「ああ~、もうこんな季節か。一年は早いなあ・・・」と、思います。

ヌーヴォ解禁が終われば、次は忘年会、クリスマス、そして大晦日が来て今年も終わります(^-^; 

ヌーヴォの声を聞いたら、後はそこまで怒涛の勢いですものね。

とはいえ、ワイン好きにとってやっぱりヌーヴォは心楽しいイベントです。カザマでは毎年色々な作り手さんのヌーヴォを開けて飲み比べをしておりますよ。

 

今年は、都合によりいつもの「ボジョレー・ヌーヴォー・ディナー」はご用意致しておりません。毎年いらして下さっている方々には大変申し訳なくお詫び申し上げます。

けれども今年もボジョレー・ヌーヴォーは入荷致しますよ!

解禁日は11月16日(木)です!

7人の作り手さんのヌーヴォをご用意し、それぞれグラスワインでもお楽しみ頂けます。

また、グラスワインのセットも割安でご用意しますので、色々飲みたい方にはオススメです!

 

こちらは、去年のボジョレ・ヌーヴォたちです。

 

 

それでは今年予約しているラインナップをご紹介いたしましょう。

 

A-1  ポール・ボーデ

     ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ ¥4500  1グラス¥700

この地で4代続く名門。フルーティで果実味をしっかりと感じられるスタイルを作るために100%除梗を行い、華やかでエレガントなヌーヴォを作り出しています。

 

B-2 ジョヴェール(ジュンコ・アライ) 

     ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ ¥5700  1グラス¥850

ドメーヌ・ジョベール氏と新井順子さんのコラボプロジェクト。クリュ・ボジョレ・ブルイーのすぐ隣の樹齢60年のガメイ種を新井順子が瓶詰めまでSO2無添加で醸造しました。凝縮した果実のアタックをこなれたタンニンときれいな酸がバランスを整える長熟のポテンシャルをも感じるヌーヴォです。

 

B-3 シャルル・ヴァン・カネット(ユドロ・ノエラ)

     ボジョレ・ヌーヴォ          ¥5700  1グラス¥850

シャンボール村の名門ユドロ・ノエラのシャルル・ヴァン・カネットが手掛けるヌーヴォ。フルーリー村からモルゴン村に点在する複数区画の有機栽培によるガメイ種をブレンド。花崗岩土壌ならではの繊細な果実味とミネラルが感じられ、自然な風味を大切にした味わいです。

 

B-4 Ch..カンボン(マルセル・ラピエール)

    ボジョレ・ヌーヴォ           ¥5700  1グラス¥850

ビオディナミ(有機栽培)、野生酵母での発酵、酸化防止剤未使用など、ボジョレ地方で自然派ワインの第一人者だった故マルセル氏。現在は息子のマチュー・ラピエールが、父の後を継いで素晴らしいワインを作っています。

 

C-5 ルー・デュモン

    ボジョレ・ヌーヴォ・ヴィエーユ・ヴィーニュ ¥6200  1グラス¥900

日本人の仲田氏が造るルー・デュモン。樹齢70年以上の超古木葡萄を完熟させたヌーヴォは、低収量で凝縮した味わいを持っています。

 

C-6 フィリップ・パカレ

    ボジョレ・ヴァン・ド・プリムール   ¥6200  1グラス¥900

ブルゴーニュ地方でビオディナミ(有機栽培)の第一人者であり、故マルセル・ラピエールの弟子、パカレ氏のヌーヴォ。瓶詰に至るまで酸化防止剤を極力使用せず、葡萄本来の味を大切にしています。

 

D-7 ルロワ

    ボジョレ・ヴィラージュ・プリムール ¥9000  1グラス¥1300

ブルゴーニュ地方の最高の生産者として知られるルロワのプリムール。完璧主義で知られるマダム・ビーズ・ルロワが厳選し瓶詰されます。溢れんばかりの果実味は濃密で気品があります。毎年、このヌーヴォを頂くのがワタシもとても楽しみです!

 

今年のヌーヴォは7種類ご用意致します。

各ヌーヴォの前にアルファベットと番号を付けてありますが、各アルファベットのグループから1グラスずつお取り頂くとセット価格としてお得な料金を設定致しました。Bには3種類、Cには2種類ありますので、お好きな作り手のグラスをお選び下さい。

 

3グラスセット

A+B+C 各1グラス 合計¥2450→セット価格¥2200

A+B+D 各1グラス 合計¥2850→セット価格¥2600

A+C+D 各1グラス 合計¥2900→セット価格¥2650

 

4グラスセット

A+B+C+D 各1グラス 合計¥3750→セット価格¥3400

 

5グラスセット

A+B+C+C’+D 各1グラス 合計¥4650→セット価格¥4200

 

7グラスセット

ALL 各1グラス 合計¥6350→セット価格¥5600(大サービス!)

 

いかがでしょうか?お客様のお好みと酒量により最適なセットをお選び下さい。お連れ様と別々のセットや、同じセット内で違うワインを選んで頂いても結構です。1グラスは100ccとさせて頂きます。

セット価格の適用は11月16日(木)~18日(土)とさせて頂きます。各ワインは売り切れ次第終了となりますので、ご了承下さいませ。期間内のご予約をお受けしております。各ディナー・コースとともにご予約をお願いします。ボジョレ・ヌーヴォー・セットご希望のむね、お伝えくださいませ。

今年もボジョレ・ヌーヴォーワイングラスで楽しい夜を一緒に過ごしましょう(^-^)ラブラブ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

セップ茸とリ・ド・ヴォーのソテー、ボルドレーズ

 

こんにちは、カザマです。

10月末に行ったボルドー地方の旅行では、食べようと思う食材が決まっていました(^^♪

色々ありますが、一番楽しみにしていたのは旬のキノコ、セップ茸です。セップはイタリアに行くと「ポルチーニ」という名前になり、日本ではその名前の方が良く知られているように思います。高級キノコで、日本でいえば松茸みたいなものでしょうか。

ボルドーから東の方に進むと山岳地帯になっていき、キノコの産地です。果たして、レストランのメニューにはセップの文字が並び、滞在中あちこちで頂くことができました。店先にカゴに入れたセップを出して、「フレッシュのセップ食べられますよ~!」とアピールしているレストランもありました(^-^)

 

という事を期待して、行く前からセップを入れたメニューを予告して出掛けた我々です(笑)

ぜひ、皆さまも旬のセップをお楽しみ下さい音譜

セップ茸とリ・ド・ヴォーのソテー、ボルドレーズ

リ・ド・ヴォーもフランスへ行くと良く頂く食材の一つですが、仔牛の胸腺肉です。お乳を飲む子どもの頃に発達するということですが、白くて柔らかくちょっとねっとりした食感があります。内臓肉の一種ですが、優しい味わいですので、初めてという方もどうぞチャレンジしてみて下さい。

歯ざわりを残してソテーしたセップ、お口に入れると落ち葉の香り、土の香り、山の風味がしますね!表をカリツと焼いたリ・ド・ヴォーの香ばしさと柔らかな身質と良く合っています。エシャロットのみじん切りとワインを使ったボルドー風の仕立てです。リ・ド・ヴォーの下には小さなトーストを敷いておりますが、リ・ド・ヴォーのジュやソースが染みて、これもまたワインが進んでしまいますね。

飲み頃を迎えたボルドーの赤ワインとともにぜひどうぞワイングラス

 

セップ茸とリ・ド・ヴォーのソテー、ボルドレーズ

ディナーC 「初冬のムニュ」¥8500 の前菜としてご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

冬の海の幸盛り合わせプラトー

 

こんにちは、カザマです。

ブログ更新をちょっとさぼってしまいました(^-^;

10月末にお休みを頂き、久しぶりのフランスを味わって参りましたが、、、

食べ過ぎて、体調がかんばしくありませんでしたワー(笑) 時差ぼけもあったのかも、ですね。

しかし、ようよう調子が戻って参りましたよ! 11月初めの週末は、お客さまにも沢山いらして頂けて楽しくお仕事させてもらいました!ありがとうございましたデレデレ

やっぱり仕事をするのが一番ですね(^-^) 

 

フランスでは、素敵な風景や食べたかった旬の食に出会えて本当に楽しかったです。いや、失敗も色々とあって緊張したりもしてシェフと二人でオタオタと旅して来たわけですが、これからホームページに旅のあれこれを綴って参りたいと思います。

 

冒頭の写真は、カザマの冬の定番「海の幸盛り合わせプラトー」です。牡蠣や海老や蟹やら、海の幸好きの方のお越しをお待ちしておりますよ音譜

 

フランスの写真も少~し載せてみますね(^-^)

 

モンパルナスタワーから見たエッフェル塔です。パリのパノラマ風景がステキでした!

 

シャトー・マルゴーの葡萄畑です。ボルドーは好天で25℃以上にもなりましたが、風が爽やかでした。

 

シャトー・ピション・ロングヴィル・バロンのお城です。芝生の向こうの人工池にお城が映って素敵な眺めでした。

 

ボルドー市、ガロンヌ川沿いの観光名所、ブルス広場にある「水の鏡」。浅く水を張った広場では、子どもさんたちが元気に遊んでいました。パンツだけの子や裸んぼの子も(^-^;

 

お目当てのフレッシュのセップ茸のソテーは、ボルドーの老舗のレストラン「ラ・テュピナ」にて。

 

海辺の町、アルカションではテラス席で冷たい白ワインと生牡蠣を。

 

パリのレストラン「キガワ」は日本人シェフのお店です。デザートの栗のスフレ。

 

ああ、もっと大きな胃袋があればどんなに良いかと何度思ったことでしょうか(^-^;

お腹は苦しいし、自動販売機で四苦八苦したし、行きも帰りも台風が来てハラハラもしましたが、やっぱり日時用から離れた旅はいいですね。頑張って、また行きたいと思います!

 

、、、で、やっぱり朝ごはんはこれじゃなくちゃ(笑)

これでもう、大丈夫!

11月の仕込みもバッチリのシェフともども、皆様のお越しをお待ちしております~ラブラブ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)