誤食にご注意! | 平塚動物総合医療センターのブログ

平塚動物総合医療センターのブログ

動物病院の獣医師、動物看護士が、日々の出来事やお知らせ、イベント告知を更新します。当院に来院された犬ちゃん、猫ちゃんやマスコットのポン吉(ポメラニアン)、たくさん登場します!

こんにちは!目

 

9月に入り、真夏の厳しい暑さが和らいできましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆様お身体お気を付け下さい。汗

 

さて、真夏の大敵「熱中症」の心配は徐々に少なくなるかと思いますが、季節を問わず常に気を付けて頂きたいのが誤食ビックリマークビックリマーク

当院にも頻繁に来院される症例の一つです。

 

誤食にはおもちゃを食べてしまうケースや人の食べ物を食べてしまうケースなど様々ですが…

動物さんには食べて良いもの・悪いものの判断が難しいので、飼い主である私たちがしっかり管理してあげることが何よりも大切です!!

誤食をしてしまうと、健康であったにも関わらず薬を使って吐かせたり、場合によっては内視鏡や手術をおこなう必要がある為、動物さんが本来必要ではなかった苦しい思いをすることになってしまいます…。トイプードルアセアセ

 

ここでは有名な「誤食すると危険な物」をいくつかご紹介しますひらめき電球どれも重篤な状態に陥る可能性があるものですので覚えておきましょう⇊

 

ネギ類

赤血球を壊す成分が含まれている為、血尿や貧血を起こします。

チョコレート

神経に作用する成分が原因で、痙攣や嘔吐等様々な症状が出ます。

肉の骨・焼き鳥等の串

美味しい匂いがするので誤食してしまうことがあり、胃腸に穴が空いてしまう可能性があります。

キシリトール

大量に摂取してしまうと低血糖を起こします。

 

他にもブドウやアボカド、たばこ、電池、紐状の物など…危険なものは沢山あります。

個体によってはおもちゃやペットシーツ等を誤食してしまうことも…

食べてはいけないものを届く範囲に置かない・ケージから出している時は目を離さない等の管理をし徹底し、身の回りの危険から守っていきましょうOK

 

 

看護師 大内紅葉