ぞうきん掛けで体力アップ | あいゆう治療院

ぞうきん掛けで体力アップ

昨日豊橋市立羽根井小学校の第2回学校保健委員会の講師として参加しました。

羽根井小学校には今年6月に第1回学校保健委員会で行っています。

前回の羽根井小学校の講演の様子はこちらをクリック


当日学校へ行くと

「あ!岡田先生‼️」

「足の先生だ‼️」

「クロックス履かなくなったよ‼️」

おぉー!嬉しいじゃないですか😆


3階から「あ、不審者入ってきた」なんて声もかけてもらいました😅


さて今回のテーマは

「ケガをなくすためのトレーニング」

事前の打ち合わせで前回の足指と姿勢以外に何かケガを予防できるトレーニングはありませんか?とお題を頂きました。

近年の子供達の体力が昔に比べると落ちていると言われています。

更に来年度から順次豊橋市は小中学校の部活動がなくなっていきます。そうなると更に体力が落ちケガをしやすくなります。

ただ、新しいトレーニングを教えるとなると先生負担も増え部活動がなくなった意味がなくなります。 

今やってる何かを強化する方法はないか考えました。


私は毎年アメリカ州立大学の人体解剖実習に参加しています。そこで今年はアニマルウォークを教えてもらいました。

・クマ🧸

・サル🐒

・カエル🐸

これらは仕方は手を地面に着けて移動します。

手が地面に着けば肩周りのインナーマッスルが鍛えられ姿勢も良くなると聞きました。

帰国後あいゆう治療院でもセルフケアとしてお伝えしてますが効果抜群。


アニマルウォークを何かに代用できないか…


そうだ、ぞうきん掛けだ


と言う事で先生へのプレゼンまでの10日間でぞうきん掛けのデータを取りました。


小3の私の娘と昨日から職場体験学習で来ている中2の男の子。


ぞうきん掛けを10日間やった成果は


【立ち幅跳び】

小3

133.5cm→147cm        +11cm

中2

212cm→217cm            +5cm


【前屈】

小3

±0cm→-2.5cm            +2.5cm

中2

+12cm→+9cm             +3cm


なんと筋力アップもしましたが柔軟性もアップしました!


しかし普通にぞうきん掛けをしていただけではアップしません。

何故なら娘は最初の5日間はみんながよくやる普通のぞうきん掛けをしてました。

もしかしたら普通にやっててもぞうきん掛けだけで記録が伸びるかなと期待を込めて…

結果は見事に変わりませんでした😅


その後の5日間は効果の出る雑巾掛けをやってもらいました。


①少し前を向いて衝突防止+背筋強化

②肩のインナーマッスル強化で姿勢改善

③お尻を低く股関節をしっかり曲げることにより柔軟性アップ



せっかくやるなら効果の出るぞうきん掛けを伝えたいですからね。


さて講演当日体育館へ行くと既にぞうきん掛けをやってる子供達が数人。

しかもナイスフォーム‼️

え⁉️と思ったら6年生の先生が「早めにやってますよ😉」

実は先週羽根井小学校のぞうきん掛けの実態を見学に行きました。

その時にこの先生には正しいぞうきん掛けを教えてあります。

凄く気に入ってくれたそうです♪



羽根井小学校では今日から全校生徒でキャンペーンをしてくれています。更に選ばれた3クラスは立ち幅跳びの記録も測定してくれるそうです。


記録を伸ばしたい子は是非家でもぞうきん掛けしてみてくださいね!

そしてクラス単位で記録を伸ばしたいならほうきをやめてみんなぞうきん掛けにしたらやる子が増えるので更に良いでしょうね。


しかし体育館のぞうきん掛けはキツいですね😵

もう少し人を増やしてあげてください😅



講演後養護教諭の先生から連絡がありました。

「保健委員の子達が岡田先生にさよならとありがとうの挨拶がしたかった」と言ってくれてたそうです。

嬉しいですね。

羽根井小学校の保健委員の子達はみんなフレンドリーで楽しかったです。みんなありがとう😊

ただ、私へのお礼は

「今年教えた事をしっかり実践して保健委員の子達が率先して声かけしてケガがなくなる」事が私への1番のお礼になります。

楽しくやってケガをしない丈夫な体を手に入れてください。

それでもケガをしたら是非あいゆう治療院へ😉


最後に。今回養護教諭の先生のご尽力には心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。


さて、今年は1年で小学校、保育園、クラブチームで計8回の講演を行いました。

1人でも多くの子がケガをせずに過ごせるように来年も頑張ります。