【腫れがなかなか引かない理由】 | あいゆう治療院

【腫れがなかなか引かない理由】

こんにちは、スタッフ杉山です。



今日は膝や腰が腫れてしまったとき、その腫れがなかなか引かない人の、その理由をお伝えします!



膝や腰が腫れてなかなか引かない!こんなことありませんか?



当院でもたまにみえます😓



なぜなかなか引かないのでしょう?



まずなぜ腫れるかを考えてみましょう🤔



腫れというのは「炎症」の反応の1つで、痛みや赤くなるのもその1つです。



この「炎症」は壊れた組織を修復するときに血液を集めているときにおこります。



炎症があるということは組織が壊れ、それを治そうとしているということです。



運動や日常生活で使った筋肉は日々細胞が壊れます⚡️



関節に負担がかかっていれば、関節の軟部組織も壊れます。



それらを日々修復して作り直しています。



その過程で大なり小なり炎症はおこるのです。



組織が修復して直れば、炎症も引いていきます。



しかし、なかなか組織が修復できないと炎症は続くことになります😢



このときのパターンは大きく2種類あります。



・壊れる量が多いので回復が追いつかない

・回復量が少なくて修復が遅い



運動を激しくしている学生などは上のパターンもありますが、ほとんどの方は下のパターンになります😓



回復量が少ない→組織が修復しない→炎症引かない



この流れです。



ではなぜ回復量が少ないのか?



回復の材料は、休養栄養です。



まず、休む、寝るというのが大事になります。



運動を休めなかったり、仕事が忙しくて睡眠時間が少ないという方は回復も少なくなってしまいます。



あとは特に栄養が大切です!!



これはいつもお伝えしているように、しっかりと食事をとることが大切です!



ダイエットのために夜はお米を食べないのではなかなか回復もしてくれないですよね😢



お酒や果糖をたくさん摂っている方も、そちらに栄養をとられてしまうために回復が少なくなってしまいます。


しっかりと食べて休む、単純ですがこれが1番早く治りますね😌



ジムなどでトレーニングした後に筋肉痛などが強く出てしまう方も、同じように回復が少ないです。



栄養と休養を見直してみてください😌



あとは体の使い方が悪くて、常に負担がかかり、炎症が引いてくれない場合もあります。



そのときは当院で正しい体の使い方をお伝えしますので、何かお困りの方は一度ご相談ください😌



お力になれると思います😌