神戸小学校姿勢改革〜3年構想〜 | あいゆう治療院

神戸小学校姿勢改革〜3年構想〜

昨年度田原市にある神戸小学校の学校保健委員会の講師として呼ばれました。

その様子はこちらをクリック

そして今年度に入り神戸小学校から連絡が
「今年度から3年間岡田先生に神戸小学校の学校保健委員会の講師をお願いできませんか?」
もちろん答えは🙆‍♂️
神戸小学校姿勢アドバイザーなんて素敵な名前も頂きました🤗
そして昨日行われた学校保健委員会。
1年目のテーマは
「子どもたちで姿勢の合言葉を考えて定着させる」です。
大人が考えて子供に強制すればある程度結果は出るでしょう。
ただ、与えられた課題のみやっている子は考える力が失われイレギュラーに対応できません。
「1+1=2と習ったけど10+10は習ってないからわかりません」こんな子供が非常に多いそうです。

良い姿勢を保つのに重要なのが
・履物
・座り方

と、その前に学校保健委員会の子達の寸劇。
なんとNewキャラ登場!
シャキットマン😍
素晴らしい演技力でした。


まず神戸小学校の特徴としては
【上靴の踵を踏んでいる子がめちゃくちゃ多い】
これにはかなり驚きました😵
しかしこの半年間あいゆう治療院に来る子供たちに調査をしました。
子どもたちにも履かない理由が必ずあるはず。
履かない理由は
①めんどくさい
②履いてられない、あつい
③小さい

①に関してはクロックスを履いている子が多くその延長線上に上靴の踵を踏む行為があるんではないでしょうか。上靴の踵を踏んでいる状態はクロックスと同じです。

②は素材の悪い上靴を履いている子です。
今最安値で390円の上靴があります。
試しに買ってみましたが…
靴の形をした靴ではないものです😱
底は硬いし通気性が悪いです。
長く履いていると履き心地は悪いし蒸れます。

③は従来のゴムの上靴や安い上靴には中敷がありません。そうなると親が子供のサイズを確かめるのは子供の自己申告しかありません。
感覚が鋭い子なら自己申告するでしょうがなかなか難しいと思います。気付いた時には…

最後に①②③を解決できる上靴も紹介しました。

この上靴ほんとに完璧です。
*マジックテープ式の上靴はサイズが大きいので普段履いてる靴から-0.5〜1cmにしてください。試着してからの購入をオススメします。

神戸小学校の子が1人でも多くしっかりとした上靴を履いてくれることを願います。


次に姿勢のお話。
でもただ単に「姿勢を良くしなさい」なんて言っても子供はやりません。だって面白くないですよね😅

なら面白い事と組み合わせてみよう!って事で神戸小学校で10数年続いている
【神戸っ子ソーラン】
と姿勢を組み合わせた動きをお伝えしました。
神戸っ子ソーランは運動会で5.6年生が踊るソーラン節。
運動会後には低学年の子が憧れて真似して踊るほど神戸小学校では愛されているそうです。
現に昨日「こうやると神戸っ子ソーランがもっと綺麗に踊れるよ」と言ったら子供たちの目が変わりました!


校長先生も「子供達はこの踊りに誇りを持ってますからソーランを取り入れてくれたのは凄く良かったです」とお褒めの言葉を頂きました🤗

あとは昨年度の学校保健委員会でクロックスを履いている子が9割いました…
しかし今回「あれからクロックス履くのやめた子いる?」と聞いたら50人以上いたんじゃないでしょうか。これには感動😍神戸っ子やるじゃん!

PTAの方の最後の挨拶で
家庭でも合言葉を使って意識してみたいと思います」これまた素晴らしい!
学校と家庭で協力できたら最高です❤️

更に子供たちが教室に帰る時
「合言葉何にしようかなぁ」なんて話していたそうです。この時点で大成功ですね!

しかしこの1ヶ月この日のためにめちゃくちゃ考えました…
あーでもないこーでもない。こーしたほうがいいんじゃないかこっちのがいいじゃないか。
そんな私の相手をしてくれたのが養護教諭の先生。
1ヶ月でメールの打ち合わせだけで50通😵
しかも忙しい中、私の無理難題を本当にたくさん聞いてくれました。
校長先生も理解ある方だったのでスムーズに準備ができました。
司会の先生も的確な所でビシッ!さすがです!
皆さんありがとうございました!
あとは結果が出るだけ。

頑張れ神戸っ子❣️