1mmもジャンプできない⁉️ | あいゆう治療院

1mmもジャンプできない⁉️

こんばんはスタッフ杉山です。



今日はひとつ症例を紹介したいと思います。



Mくん
中学1年生
バレー部



8月の後半、膝が痛くなり病院へ行くも原因がわからず、2ヶ月部活を休んでいた。



11月にジャンパー膝と診断され、病院でリハビリを開始するも痛みがとれず、同じ部活の先輩が当院に通われたことがあったため来院されました。



まず痛みをチェックすると、、、全くしゃがめません(°▽°)
ジャンプは1ミリ跳ぶと着地で痛くて顔を歪ませてしまうほど(°▽°)



かなり重症でした。



1回目の治療では通常の治療もできないほどの状態でしたので、思考を変えて脳の方へアプローチをしました。



すると2回目の治療前にはだいぶしゃがめるようになっていました!



がしかし!ジャンプはいまだに顔が歪みます(°▽°)



これはなかなか大変でした(汗)



わたしの今までの患者さんのなかでもトップクラスに重症でした。



本人も痛みが強すぎて、身体の使い方、特にジャンプの仕方がわからなくなってしまっていましたので、1から修正していきました。



治療と身体の使い方を修正して、1ヶ月後にしゃがむのは完全に大丈夫になり、2ヶ月後にはアタックのとき痛い程度まで良くなりました😌



部活に復帰できるようになり、本人もですが、周りの方がとても喜ばれていたのがとても印象的でした!



お母さんはもちろん、他の生徒のお母さんお父さんも心配されていたんですね😭
Mくんがプレーしているのを見てみんな涙していたそうです😭


お母さんも、
「本当にどうしていいかわからなくて途方にくれていました。
こんな日がくるなんて本当に信じられません。」
と大変喜ばれていました。



そんな言葉をきいてわたしもとても嬉しかったですし涙が出ました(最近涙もろくて😢)



今ではアタックも全然大丈夫で完全復活したMくん😌



笑顔の卒業となりました!!



これからは休んでいたうっぷんを存分に晴らして欲しいですね!



あいゆう治療院は重症でも諦めません!



何かお困りの方は一度ご相談ください。


きっと力になれるはずです。