米国と日本

テーマ:

アメリカの資本主義って、株式が順調に右肩あがりで株価をあげていき、

資産総額が増えていくことが大前提の社会だと思うわけです。


だから、上げていくといった前提から買いが入るように見えます。


投資するということが、経済に参加し、経済的行為として評価されていると言い換えてもよいでしょう。


ところが、


我が日本は株式投資で経済的な行為で評価がたかくなることはない。


むしろ、ギャンブル好きのような眼差しに晒される始末。


この違いが大きいわけです。



株式投資、株主地位、株と経済、株式価値と国家資産という観点で

国家戦略が描けて、それではじめて経済大国といえるように思えてならない。


日本には、その要素がない。


投資家が経済産業大臣になる米国とは、本当に大きな違いです。



市場、少し上がっては、しぼむ。爆発力がないのも、こういうことですよね。

企業側の株式に対するモラルと見識も含めて、同じように未熟。未熟。


はたして、何時の日か経済大国、企業価値と株主地位とがマッチする

そういうときが、日本に来るのでしょうかね・・・。