あなたが完全に“あがり症”になる瞬間! | あがり症のメンタルケア心理士

あがり症のメンタルケア心理士

30年以上も極度のあがり症で悩み続けた‟あがり症のベテラン”です。どうすればあがり症の苦しみが消えていくか説明します!

あがり症になる瞬間とはどういう時でしょうか?
 
 

人前であがったとしても、「誰でも人前でアガルんだ」と思って、あがったことを気にしなければあがり症で苦しむことはありません。
 
アガルことが何度か続いた時、「もしかしてあがり症かもしれない」と思うようになるかもしれません。
この時点では、まだ“あがり症の自分”は生まれていません。
 

アガルことが何度か続いて「もしかしてあがり症かもしれない」と思った後に、「これはどうにかしなければいけない。治さなければいけない」という思いになった時に、“あがり症の自分”が生まれるのです。
 
「これはどうにかしなければいけない。治さなければいけない」という思いになった瞬間、あなたは完全にあがり症になるのです。
 
 
 
 
「あがり症かもしれないなあ」までは、普通の人でも思うことはあります。
 
この時点では、まだあがり症で苦しむことはありません。
 
まだ「自分はあがり症だ」という思いになっていないからです。
 

「自分はあがり症だ」と断言したことになるのは、「これはどうにかしなければいけない。治さなければいけない」という思いになった時です。
 
「これはどうにかしなければいけない。治さなければいけない」という思いになった時、あなたは完全にあがり症になってしまうのです。
 
 

それまで無意識にやっていたことを強く“意識する”ようになると、それまでうまくできていたことがうまくできないようになる。
そして、「どうしてうまくできないのだろう」と考え悩むことにより、そのことをさらに強く“意識する”ようになってまったくできなくなってしまう。
 
 
「あがり症かもしれないなあ」までは、アガルことに対する意識はそれほど強くありません。

「これはどうにかしなければいけない。治さなければいけない」という思いになった時、アガルことに対する意識は一気に強くなってしまいます。
 
完全に「自分はあがり症だ」という思いになり、その後、「どうにかしなければいけない」という思いになるごとに、アガルことに対する意識はだんだん強くなっていくのです。
 
 
アガルことに対する意識が(マイナスに)だんだん強くなることにより、あがり症の症状はどんどんひどくなっていきます。
 
 
 
 

「これはどうにかしなければいけない。治さなければいけない」という思いが、あなたを完全にあがり症にしてしまう。
 
このことを心に留めておかなければいけません。
 
 
 
 
 
 
 
 
「どうしても精神的な病の苦しみがなくならない」「どうやって精神的な病の苦しみをなくしていけばいいかわからない」「精神的な病の苦しみを活かしたい」という方が集まる場として『スリルハート』を作りました。
 
精神的な病の苦しみをなくすために、『スリルハート』ホームページも参考にしてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつも読んでいただきありがとうございます。


社会不安障害ランキング