「治そう」としたから症状は悪化した! | あがり症のメンタルケア心理士

あがり症のメンタルケア心理士

30年以上も極度のあがり症で悩み続けた‟あがり症のベテラン”です。どうすればあがり症の苦しみが消えていくか説明します!

「あがり症かもしれない」と感じた時どうすればいいか?
 
 

この答えは簡単です。
 
 
何もすることはありません。
 
「どうにかしよう」と思うことが、“あがり症のあなた”を作ることになります。
 

このことがわかっていても、“完璧主義”であれば、「アガル自分は許せない」という思いになって、「どうにかしよう」とすることが多くあります)
 
 
 
 

誰でも人前でアガルことはあるのです。
 
そのあがった後に、「あがり症かもしれない。どうにかしなければどんどんひどくなる」と思い込み、「治そう」と様々な努力をすることによって、アガルことに対する意識が強くなり、“あがり症のあなた”が出来上がってしまうのです。

人前であがった時に、「誰でもアガルことはあるんだ」という思いで、アガルことを強く意識することがなく、そのまま何もしなければ、“あがり症のあなた”が作られることはありません。
 
 
 
 
「あがり症で苦しむか、苦しまないか」は、「“一番最初あがった時にどのように思うか”で決まる」と言っても過言ではありません。
 

一番最初あがった時に、「あがり症かもしれない。どうにかしなければいけない」と思うと“アガリ地獄”にはまってしまう可能性が高くなります。
 
一番最初あがった時に、「誰でもアガルことはあるんだ」という思いで何もしないことが、“あがり症のあなた”を作らないための最良の方法です。
 
 
 
 
 
 
 
 
「どうしても精神的な病の苦しみがなくならない」「どうやって精神的な病の苦しみをなくしていけばいいかわからない」「精神的な病の苦しみを活かしたい」という方が集まる場として『スリルハート』を作りました。
 
精神的な病の苦しみをなくすために、『スリルハート』ホームページも参考にしてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつも読んでいただきありがとうございます。


社会不安障害ランキング