ラーメン大好き小泉さん登場店ガイド(東京編) | あがりんのブログ

あがりんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

今回のブログは、アニメ「ラーメン大好き小泉さん」で登場したラーメン店を訪問してきた聖地巡礼(舞台探訪)の記事になります。

今年1~3月にテレビ放送されたこの作品では、東京を中心に全国多くの実在のラーメン店が出てきていましたが、自分も上京時などに放送で気になったお店を少しずつ訪問してきていて、今回それをブログにまとめてみようというものです。長くなるので、この東京編と横浜・名古屋編の2本立てとしています。

自分もついにグルメブロガーの仲間入りですね(ちょっと違うw)

 

 

第1話「ヤサイマシニンニクカラメ」登場

○ラーメン二郎 三田本店 [H29.12.29訪問]

東京都港区三田2-16-4

都営地下鉄三田駅から徒歩8分、JR田町駅から徒歩10分(慶應義塾大学正門そば)

営業時間 8:30~15:00、17:00~20:00 日曜・祝日休み

 

ボリュームの多さと中毒性で有名なラーメン屋さんですね。ラーメンではなく、二郎という食べ物であると言われるくらいです。自分は定期的に食べに行く職場の先輩に誘われて、7、8年前に初めて行って以降数回食べに行ったことがあります。

実は今回紹介するお店の中でこちらだけは、テレビアニメ放送前となる昨年末に伺っていました。 

 
昨年末の訪問時には10日ほど後にテレビアニメで出てくるとは思っていなかったので、看板くらいしか写真はありませんが、実際このキャプ画のように三角形の建物になっていて、建物に沿って待機列ができます。訪問時は年末の昼前ということで、入店までに1時間半以上かかりました。
 
小泉さんは豚ダブルラーメンの野菜増しを食べきっていましたが、この時自分が頼んだのは普通のラーメン(ニンニク入り)です。つまり、基本的にはこれが最小サイズだとお思いください。自分も豚ラーメンや野菜増しくらいなら頼んだこともあるのですが、この日は午後有明に行く予定があったので最小限に抑えていました(訪問日から察してくださいw)
 
ラーメン二郎と言うと、初めて行かれる方は注文とか大丈夫だろうかと不安にもなると思います。実際自分も初めて行った時は事前にググって色々調べていたものです。ということで、簡単にお店での流れなどを説明しておきます。
・待機列が入口近くまで来たら、先に食券を買います(前の人が買ったらそれに続けばいいです)。
・よほど大食いに自信がある方以外は、最初はラーメンにしておいた方が無難です(間違っても下の段はやめましょう)。
・お店の方に言われたら食券を見せましょう(席に座る前に麺をゆで始めます)。
・水はセルフです(入口近くの自販機で買って持ち込みも可)。
・席につき、店の方に「ニンニク入れますか?」と聞かれたらトッピングの指定です。最初は別に呪文のようなことは言わずに、ニンニクの有無さえ伝えれば十分でしょう。
・食べる際には野菜の下にある麺を持ち上げて、早めに食べる方がいいです。上の野菜から食べていると、その間に麺がスープを吸ってキツくなります。
・お店の方は客の入れ替えを計算して麺をゆでていますので、食べ終わったら速やかに席を立ちましょう。
 
アニメでもあったように、食べ終わった時はキツくても、しばらくするとまた食べたくなる中毒性がありますよw
 
 

第2話「北極」登場

○蒙古タンメン中本 吉祥寺店[H30.4.28訪問]

東京都武蔵野市吉祥寺南町2-9-10 吉祥寺ファーストビル1F

JR吉祥寺駅から徒歩5分

営業時間 11:00~24:00 年末年始休み

 

カップラーメンも発売されていて、コンビニなどで目に付くところに置かれているくらい、こちらも有名店ですね。

 
 
店の再現度高いですねえ。店内は撮らなかったですけど、実際このように番号の振られたカウンター式で、ハンガー掛けが並んでいました。
 
小泉さんが頼んだ北極ラーメンは10段階中9番目という激辛ラーメンですが、当然ここは小泉さんリスペクトで北極ラーメン・バタートッピングを注文です。
北極ラーメンを頼んだら店内ザワザワとするかなとか思ってたりもしてたのですが、それはな考え過ぎでした。実際頼んでいる方ちらほらいましたし。ただ、当然ながらスゴく辛いです。自分は辛さの耐久性はそこそこある方なのですが、汗が噴き出しむせます。トッピングのもやしとバターは辛さを和らげられるので、一息入れられてかなり大事になってきますね。
そして、アニメのようにスープを飲み干す、これが麺を食べきるより遥かに厳しいです。とても一気には飲めないので、レンゲですくって少しずつ飲んでいきました。まるで、険しい山に登っていく心境でした。
 
いやー、本当に厳しい戦いだった。自分で自分を褒めたいな(笑) なお、後で胃の調子がちょっとおかしくなりました。
 次に来る時があれば、普通の蒙古タンメンでw

 

第5話「トマトラーメン」登場

○太陽のトマト麺 荻窪店 [H30.4.28訪問]

東京都杉並区上萩1-19-11

JR・東京メトロ荻窪駅から徒歩5分

営業時間 11:00~24:30 年中無休

※アニメ登場はNext新宿ミロード店

東京都新宿区西新宿1-1-3 小田急新宿ミロード7F

JR新宿駅南口から徒歩1分

営業時間 11:00~24:30 ミロード休館日に準じる

 
 
今回ここだけがアニメ登場店ではないのですが、訪問時に開催されていた小泉さんとのコラボ企画が新宿ミロード店ではやってなかったので、コラボ企画の開催店に伺いました。それでもカウンターの感じなどはアニメと似ています。
 
小泉さんのポストカードが貰える「炙りチーズの超ボンゴレ」を注文です。ちなみに、前に紹介した北極ラーメンの数時間後でしたので、「また赤いラーメンか」という心境ですw
トマトスープの酸味とチーズの組み合わせが美味しくて、やはりトマトとチーズは相性がいいことを実感しました。名前とビジュアルから嫌煙されるところもあるかもしれませんが、十分食べる価値ありです。
 
 

 第5話「ミドリラーメン」登場

○山手ラーメン本郷安庵 [H30.2.5訪問]

東京都文京区本郷5-23-11

本郷三丁目駅から徒歩5分(東京大学赤門そば)

 

この回放送の直後に東京へ行く予定があったので、早いタイミングでの訪問となりました。13時頃に伺いましたが、聖地巡礼者らしき方々もちらほらいましたね。

 
 
 
隣のスープCafeまでしっかり再現されています。実際に長屋の建物で店内はカウンターのみです。
店長がホントにこのまんまの方ですw あと、アニメのカウンターの画の中で潤ちゃんの奥に描かれている、最後の写真のこれはミドリムシの説明書になっています。食事の合間に見てみるとためになりますよ。
 
これが6億匹のミドリムシが入っているという「ミドリラーメンミドリマシ」です。どんな味だろうかと不安もありましたが、別に苦みもなく普通に美味しかったです。というか、ミドリムシの粉末自体にはほとんど味はないんですよね。
 
元のスープが自分好みなので、地元にあったら通ってしまいそうな感じでした。次はミドリラーメン以外のものも食べてみたいですね。

 

 

第6話「朝ラーメン」登場

○すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店本館 [H30.4.29訪問]

東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街

JR新宿駅東口から徒歩6分、東京メトロ新宿三丁目駅から徒歩3分(新宿区役所近く)

24時間営業 年中無休

 

歌舞伎町というロケーション的には早朝女子高生が一人で食べに来るのはどうだろうという気がしましたがw

 
 
 
赤提灯の前の階段を上っていって2階にお店があります。階段が結構急なので、お気をつけください。コップにも「煮干が嫌いな方はご遠慮ください」という徹底ぶりw
 
店内はまさにこのまんま。この作品はホント再現度が高い。日曜日の朝8時頃入店して客は自分を含めて二人でした。
 
 
これが小泉さんの注文した「すごい煮干ラーメン」です。太めの麺に加えてきしめんのような麺が入っているのが面白いところですね。そして、味は一口で分かるほどガツンと煮干が来ます。確かに煮干が苦手な方にはちょっと厳しいだろうなと思います。
 
スープを飲み干した先には「我が煮干に一片の悔いなし」
 
 
店内には原作者鳴海なる先生のサイン入りポスターが飾られていましたよ。
 
 
第7話「全国」登場

○浅草名代ラーメン与ろゐ屋 [H30.4.29訪問]

東京都台東区浅草1-36-7

東京メトロ浅草駅から徒歩5分 etc.(浅草寺から徒歩1分)

営業時間 11:00~20:30 年中無休

 

まさに浅草寺のすぐ近くのお店。GWの日曜日ということで、当然ながら浅草はめちゃ混みでしたw

 
作中でも触れられていた通り、しょうゆらーめん発祥の店と看板に書かれています。訪問時間が15時頃となったことが幸いして、並ばずに入店できました。自分は1階のカウンターに座りましたが、2階にも席があるようです。
 
しおらーめんも大いに気になったのですが、やはりここは(しょうゆ)らーめんを注文。
 
東京で行った他のお店が普通のラーメンではないこともあり、安心の和風醤油味でした。柚子の皮が入っていて、その香りがまたいいです。次は浅草回で他に登場した店のしょうゆラーメンも食べてみたいですね。ごちそうさまでした。
 
 
以上、東京編はここまでとなります。まだ行けてないお店もたくさんあるので、また何店か行けたら東京編2を書きたいと思っています。
それでは、次の横浜・名古屋編も併せてご覧いただけたら幸いです。

あがりんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス