今回のこの熱中症の事件の記事を見ていて、私がまず驚いたのは、全国の小中学校のエアコンの普及率が、41.7%で以外に低く、愛知県に至っては27.8%と更に低かった事です。

これに対して、幼稚園や保育所は夏場の室内温度設定が、ガイドラインによって26度~28度と決められているので、この様な環境で育てられた子どもが、エアコンがなく35度以上の所で授業を受けたら、たちまち熱中症になってしまうのは、目に見えていることでしょう😅💦

しかし・・・この学校の子ども達は、一年生112名に対して、この男子を含めて4人しか、熱中症にかからなかったのは、驚くべき事でした‼️

私は、もしもエアコン漬けになっている、東京の子ども達が同じ経験をしたら、熱中症になる確率はもっと高かったのではないか?と思いました。