祈り。

テーマ:



今日は73回目の終戦記念日でございます。



こうして平穏無事に生きられる国って、
今のご時世では本当に少なくなっているかもしれません。



もう亡くなってしまった爺さま婆さまも戦争を経験していたんですが、
あたしがガキの時に戦争の話を聞こうとしたんですが、
特に爺さまは頑として話しませんでした。



母から聞いた話では、
爺さまはその時分に旧満州に出兵していたらしいです。



歴史を辿りながら想像するに、
満州で終戦を迎えても旧ソ連軍の進攻に遭って降伏。
そしてシベリアに抑留されたものと思われます。

だから爺さまはあの時の事を語りたくは無かったのでしょう。



辛い体験は話したくない気持ちもあるに違いないでしょうけども、
時には事実を話す事も必要なのではと思います。



爺さまの話を聞けなかった事を本当に後悔しています。



その真実を語れる方々が年老いて少なくなってしまっているので、
その事実を知る事も必要なのではないでしょうか。



平成最後の終戦記念日。

それぞれに想いがあると思いますが、
ただ忘れちゃイカンのは、
先人たちがいて今のあたしたちが生かされているという事。



平和を夢見て倒れていった人々の想い。
祈りましょう。








ふくたろう