うまれる@吉祥寺 スタッフ自己紹介 ~ともこ~ | ゆびとま子育て@吉祥寺(Mother Seed 改称予定)
2012年06月05日

うまれる@吉祥寺 スタッフ自己紹介 ~ともこ~

テーマ:□2012年イベント:うまれる@吉祥寺
うまれる@吉祥寺 企画スタッフの朋子です。
これまで何度かこのブログに記事をupさせて頂きましたが、改めて自己紹介をさせて頂きますね。


(これから週2-3回の頻度で、持ち回りでスタッフ1人1人が自己紹介、この映画にかける想いなど更新していく予定ですので、楽しみにしていて下さいね!)


*****

それでは、自己紹介からいきますニコニコ
うまれる@吉祥寺 スタッフの朋子です。主に広報を担当しています。

生まれは埼玉。その後、東京へ移動。都内の大学卒業後、車の製造メーカー勤務。

なぜか英語を使わなくてはならない海外事業部に配属になり^-^; やむを得ず、英語の勉強をコツコツ始めるも、あまり上達しないことに思い悩み、7年勤務した後、退職して、カナダcanadaへ留学。

児童英語教師の資格習得し、その後さらに1年現地で就業。


その後、NZニュージーランドへ渡り2年の就業の間に、今の主人であるルーマニア人ルーマニア国旗のパートナーと知り合う。現地で結婚。その後、ルーマニアルーマニア国旗イギリスイギリス暮らしを経て2010年から再び日本日本在住。


現在は自宅でルーマニア料理ルーマニア国旗教室、ママと子供のための英会話教室を主催してます。2歳半の男の子の母親でもあります。


映画自主上映に携わった経験は、2011年9月に文京シビックセンターにて、ロシアのドキュメンタリー映画「Water」& 鎌仲ひとみ監督「ミツバチの羽音と地球の回転」同年11月に武蔵野プレイスにてDNA研究の第一人者である村上和雄教授のドキュメンタリー映画「Switch」
そして今回のうまれる@吉祥寺で3回目となります。


最初スタッフとして参加しないか?と声をかけて頂いた時、私に出来ることあるのかな?という気持ちがありましたが、打ち合わせに初めて参加した時に、私にも出来ることがあるのではないか?という風に変化し、広報を担当させていただくこととなりました。


元々映画「うまれる」は去年、西東京市で上映会が開催された時に、観にいったのですが、最初から最後まで泣きとおしでした(笑)


もともと妊娠中に、偶然「胎内記憶」に関する池川明先生の本を読んだことがあったのですが、この映画を見て改めて胎内記憶について確信したと共に、本当にこの地球上に「うまれて」きたすべての人たち、1人1人にそれぞれに異なるストーリーがあり、うまくいえないのですが全ての人々に対して、いとおしいような気持ちが湧いてきました。


また日頃子育てが、思うようにうまくいかない時、思い悩んだりすることも多々ありますが、こんな母親でも、この子が「選んで、やってきてくれたんだ!」と思うことで、少し救われたような気持ちがして、すっと心がラクになったことを思い出しました。



この映画の中には、障害、不妊、虐待、死産ーなど様々なテーマが詰まっています。

子供を持つお母さん、妊娠中の方はもちろん、この世にうまれてきた全ての人々に見て欲しい映画です。皆さん、色々な感想をお持ちになると思います。

皆さんが、それぞれの立場で「うまれる」について考えるきっかけになったら、とてもうれしく思います。

うまれる@吉祥寺スタッフメンバーも、それぞれが熱い想いをもって、家事、育児、仕事などをこなしながら、上映会の準備をしています。これから、各スタッフの「うまれる」への想いをご紹介できたら!と思ってます。

最後まで長文にお付き合い頂きまして、ありがとうございました。


映画「うまれる」のお申し込みは 《こちら

MotherSeed  ゆびとま子育て@吉祥寺さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。