アフロは一日にして成らず。

ベーシスト藤村英志(アフロ藤村)のブログです。
主に音楽の事に関して書いていきます。
バンド「プレタポルテ」をメインにサポートなどで都内中心に活動中。
巨大なアフロ目指してます。


テーマ:

皆様どうも、アフロです。

 

おととい21日(金)は渋谷TAKEOFF7にて

プレタポルテ、2ヶ月ぶりのライブでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

✩Set List
1.のんでたべてさわいでのんで
2.ハングリー
3.グラビティ

4.レコードのバラード

5.チャップリン

 

 

会場にいらっしゃった方はご存知かと思いますが

 

途中、MCでよーこさんが、

「皆に言いたいことがある・・・。大きな報告がある・・・!」

という事で意味深な事を言い始めてから

 

 

 

皆さんに大事な報告(?)がありました!

 

 

「え、、それMCで言っちゃうんかーい」と思った方もいるかもしれませんが

喜びのあまり、どうしても報告したかったみたいです。笑

 

 

Switch・・・

イカ・・・

 

 

・・・それはさておき。

 

 

 

久々のプレタポルテのライブ、

見てくださった皆様、ありがとうございました!!

 

結成以来、割とライブが月に1度はある事が多くて

2ヶ月ぶりにライブがあるって珍しかったような気もするので、

 

最初、なんだか新鮮な感じもしましたが、

ライブをすると、すぐに感覚がよみがえってくるというか

それだけ身体にしみこんでいるのかなーと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもはTAKEOFF7でやってた時は

ヘッドを持ち込んでいたりもしたのですが

今回はDIのみ持ち込みにしました。

 

 

 

渋谷TAKEOFF7のベースアンプは

 

ヘッドがAshdownのABMのEVOⅢ500。

↓参考

https://www.music-plant.com/webshop/products/detail.php?product_id=33997

 

キャビがTRACE ELLIOTの1048H/1518の組み合わせかな。

 

TAKEOFF7の機材のページ、

いつの間にかHPのTOPからいけなくなってて

サイトを探したら、過去の記事でありました。

http://www.kox-radio.jp/takeoff7/%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf/equipment-2/

 

今はちょこちょこ変わってるかもですが。

 

 

 

VINTAGE FACEのM-DI mk2を導入してからの4本のライブは

どちらかというと小規模な会場が多かったので

 

スタンディング200ぐらいの規模の会場だとどうなるかなー!

と思っていたのですが、外音の録音聴いた感じは好感触!

 

 

 

R810-Xも実戦で試してみたいところです。

 

 

 

 

 

 

 

この日のライブの事に戻ります!

 

トップバッター、織田智朗くん。アコギ弾き語り。

 

出番前に最初の2曲を客席から、残りの曲をステージ裏で聴いてましたが

歌い出した瞬間に、あの空間にぶわーっと彼の世界が広がる感覚がありました。

 

今度はもっと腰を据えてじっくりと聴きたいです!あと話したい!

 

 

織田君を見に来た照沼サラちゃんが、うちも見てくれた。ありがとうー!

27日に初のワンマンがひかえている彼女、楽しみです!

 

 

 

 

 

3番手は川村礼美さんバンド!3度目?の共演かな。

 

 

YOHKOは今回もラプンツェルと呼んでいる

ギターのMASAさんと写真を撮っていた・・・。笑

 

 

前回のおふたり。

 

 

 

見るごとに礼美さんとバンドの一体感が増していて、

客席から見ていてこちらも楽しくなってくるステージでした!

 

個人的に礼美さんとようすけさんとの声のハモが好きです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4番手がハードロックコミックさん。

https://www.fujitakanasube-show.com/about-fujitaka

舞台演出家の村尾幸三さんが結成した音楽ユニット。

 

大所帯なバンドさんでエンターテイメントに全力!

 

 

演奏もすっごくお上手なのですが

 

衣装や演出にもかなり力を入れていて、

曲ごとに衣装チェンジもあったりするので

楽屋の衣装がすごい華やかでした。

 

 

 

 

これはだいぶ過去の映像ですが、

雰囲気は伝わるのではないかなーと思います。楽しかった!

 

 

 

トリがSonic Blewさん。

 

 

コンセプトはROCKインストバンドという事ですが

SAXがフロントっていう編成のバンドさん。

 

メロディーがSAXだと、他のパートがゴリゴリめでも

とっても爽快で、面白い化学反応が起きてました。

 

オリジナル曲のなか、「TAKE The A Train」のカバーなども。

 

GtのArkさんとBaのさとうようすけさんは

3番手の川村礼美さんのバックバンドでも

弾いていたのでこの日ダブルヘッダー!

 

SAXのR.Jさんは去年対バンしたCanalclanの

ライブにゲスト出演していてその時ぶり。ドラムはイナムーさん。

 

各楽器をフィーチャーする場面もあって

それぞれの主張する姿を見れたのも良かったです。

 

 

「Rock On」と「Splash Out」が印象に残っていたので、

それが入っているCDもゲットしたので聴かせて頂きます!!

 

 

 

『SHIBUYA VARIETY』という事でこの日は

色んなジャンル、バラエティに富んだ濃ゆ~いライブでした!

 

 

 

 

 

 

 

Gtのやっちゃんは次の日が早かったので3人での写真になりましたが

渋谷TAKEOFF7、皆様ありがとうございました!

 

プレタポルテ、次回ライブは未定ですが、また次お会いする時まで!

 

 

 

 

 

最後に余談、

 

 

帰りにつかもっちゃんとご飯食べて帰りました。

デザートピザというもの食べましたが、結構美味しいものでした。笑

 

 

 

 

 

それでは!!

 

 

 

 

 

γ ⌒⌒ ⌒ヽ
 (バラエティ!) 
(       )
 ヽ( ´ ー ` ) 一日にして成らず!  
 ( つ旦0)  
 と_)_)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アフロ藤村さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事  もっと見る >>