12日月曜、大阪うめだ阪急での展覧会「魂の形・アフリカンアート展」が最終日で、6時から搬出でした。2時間で74点の作品の梱包作業でしたので、4人で猛スピードでやりました。
写真は展覧会風景と荷造りした箱をエレベーターで降ろすところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22 マスク「カ・グレ」 

テーマ:

22 マスク「カ・グレ」 

コートジボアール ダン 木 

“Kagle” mask  Cote d’Ivoire, Dan

舞踊に使われるマスクで、「タンカグレ」と同様に伴奏者と歌い手を伴って歌い、踊る。「カ」とは、鉤形の付いた杖のことであり、このマスクを付けた踊り手はこういった杖を持っている。「カ・グレ」のマスクは、普通は猿や牛や鳥などの動物をモチーフにしている。しかし、これはツバの付いた顔のような輪郭に、いくつかの穴と唇を想起させる突起を付けていて、造形は抽象的で奇抜である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、阪急うめだ本店で、明日から9階のうめだギャラリーで開催される「魂の形・アフリカンアート」の展示の搬入でした。

 

朝4時半に、八ヶ岳を出て展示は6時に終わりました。
明日の11時から、ギャリートークがあります。

お近くの方はぜひ、お出かけください。