アフリカビジネスと銀行(タンザニア編)③ | 金城拓真のブログ ~アフリカと中国でビジネスしてる人~
2011-04-01 09:00:00

アフリカビジネスと銀行(タンザニア編)③

テーマ:タンザニア:ビジネス
こんにちは。
津梁貿易の金城です。

$アフリカ経済勉強会 ~アフリカでビジネス展開し成功するには~-津梁貿易(株)金城拓真




本日、夕方6時からのWorldInvestors.TV(ワールドインベスターズTV)に出演させていただくことになりました。
アフリカについて興味のある方はぜひご覧下さい。





さて、前々回の記事前回の記事でタンザニアの銀行について記事を書きましたが、
今回はその追加情報です。





銀行との関係はビジネスをする上で世界中で重要なことです。



そこで、今日はタンザニアの銀行に口座を開く方法を中心に
記事を書きたいと思います。



記事中に出てくるシリングとは、タンザニアの通貨のことです。

$アフリカ経済勉強会 ~アフリカでビジネス展開し成功するには~-タンザニア シリング





タンザニアの銀行では、ドル口座およびシリング口座の開設が可能です。


また、手数料はかかりますがドル現金を引き出すこともできます。



ドルとシリングでは金利が違いますので、
金利を目当てに口座を開設する場合には注意が必要です。




口座の開設にあたっては、旅券、Exemption Certificate、関係事務所からの紹介レター、デポジット(500 ドル程度)を用意する必要があります。



法人の口座を作る場合には、法人登記簿、納税番号、代表者のビザ、デポジットが必要になります。



代表者のビザとは、代表者がタンザニア人以外の場合に必要なのですが、
普通のビザではなく、法人責任者用のビザのことです。




タンザニアでは一般の方と多額の預金をする方とでは窓口が異なります。



全くツテがない状態でタンザニアに行くと一般の方と同じ窓口にしか
アクセスできませんので口座開設に苦労されるかもしれません。


可能ならば、多くの預金をしている方に窓口を紹介してもらうほうがいいでしょう。




多くの銀行では
ビルの高層階にあるラウンジのようなところにその窓口があります。


一般の方はその窓口を知りませんので、
紹介無しにはその窓口にたどり着くのが難しいかと思います。




一般の窓口とは扱いも変わってきますので、
是非その窓口を通して口座開設をされてください。




大雑把に書くとタンザニアでの銀行はこのような感じです。




追伸


現在、「アフリカ販路開拓7日間講座」として
7日間のメールセミナーを公開しています。

日本では中々語られないアフリカ経済の姿や
アフリカでビジネスとする際の注意点や失敗談も
赤裸々に書いてます。


http://www.shinryotrading.com/mailseminar


もちろん、購読は無料なので、
ぜひお役立て下さい。

金城拓真さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス