■間違いだらけ!正しい【横向き寝・肩こりの方限定】マットレス・まくらの選び方 | 肩こり店長『田中省則』は家具屋三代目

肩こり店長『田中省則』は家具屋三代目

自称『肩こりマイスター』であり、日本トップレベルの『抱き枕愛好家』、また小さい頃は忍者になりたかったのですが、今は家具屋の三代目。
座り心地・寝心地・使い心地といった単に家具を売るのではなくあらゆる”ここち”を売るのが目標です。


テーマ:

いつもありがとうございます。

 

今回は”楽になる【横向き寝・肩こりの方限定】マットレス・まくらの選び方

 

 

家具専門店として特にこだわりのあるマットレス・枕選びですが、誤った選び方をされている方が多いような気がします。

 

・例えば肩こりの方が『オーダー枕』を作れば肩こりや頭痛が軽減されるのでしょうか?
・硬いベッドを使用すれば腰痛が楽になるのでしょうか?

 

激肩こり・頭痛持ちの私はずっと疑問に思っています。

 

まず前提として『オーダー枕を作りたい』や『硬めのベッドが欲しい』という方はほとんどの方が肩こりや腰痛に悩んでいる方が多いと思います。

 

『家を建てるからベッドが必要』『結婚するからベッドが必要』というだけの方は『オーダー枕』までの必要性は考えていないはず・・・

 

ベッド販売店では『マットレスの硬さ・柔らかさ』『このブランドのマットレスは良い・・』などのマットレスの性能だけで販売されている方が多いと思います。

 

なぜなら売りやすいからですw

 

しかし本気で『肩こりや腰痛』を軽減したいという方にはこれだけではかなり不十分です。

 

弊社では一人一人の体系だけでなく『寝方に合わせる』のが最重要だと考えています。

 

上向きで寝た方が良いといわれるかと思いますが、そう簡単に横向きで寝ていた方がいきなり上向きで寝れません。

 

実際私も上向きで何度も挑戦しましたが、まったく寝付けませんでした。

 

それならは横向きのままで少しでも楽に・痛くないように寝たいという方に提案させていただきます。


細かく言いますと横向きで寝るといっても

『少し上向きの横向き』

『うつ伏せ気味の横向き』

『丸まりながらの横向き』

でおすすめする商品(組み合わせ)は異なります。

 

同じ寝方でも150cmくらいの細い女性と180cmのがっちりした男性の肩幅は違うのです。

肩幅が変われば枕の高さも変わりますし、マットレスのフィット具合によっても枕の高さは変わります

 

なので使用するマットレスの上で枕を決めなくてはなかなか合わないかと思います。

 

それが弊社ではオーダー枕をしない理由です。

つまり枕だけでなく、マットレスが重要だということです。

 

ここからはマットレスをフレームに近い部分を【ベース】、体に当たる部分を【トップ】と呼びます。

 

上向きで寝ることが可能な方は硬めのベースに腰のすきまを埋めるくらいの薄いトップの入ったマットレスでOKだと思います。

 

問題なのは【横向きで肩こりの方】です

 

枕をいくつも買って試したりする方はこのタイプの方が多いのでは!?

 

上向きでも横向きでも、ベースが固め(高反発)というのは間違いないですが、重要なのは体に直接触れるトップの素材と厚みです。

 

体が触れるチェア・ソファも同じことが言えます。

 

横向きの場合は硬いベースの上に2~3cmの柔らかいトップが入っているだけではフィットはしません。

 

最低5~6cmは必要です。

 

これだけの厚みのトップが入ったマットレスはそうありません。

 

各メーカーの最上クラスでしょうか。

 

高級マットレスはどれもトップには極上の素材を使用しています。

 

どれもシングルで15万円~といった感じです。

 

1枚のマットレスにベースと厚めトップが入ったタイプなので極上ですが、予算がある場合はおすすめです。

 

【例えば】

 

シモンズ『カスタムロイヤル』

 

マニフレックス『T75』・・おすすめです。

など・・・


ただ予算的に高すぎるという方でも、こんな寝心地に近いマットレスを作れます。

 

私が一番おススメしているトップは以下です。

※欠品が多いので在庫があるときは買い時です。

 


マニフレックス『スーパーレイロイヤル』

 

高反発ながら、エリオセルMFを使用しており体にかなりフィットしてきます。

 

現在硬めのマットレスで横向き→肩が凝る・・・という方はこれだけ上に敷いても劇的に変わると思います

 

 

 

手で触った感じは柔らかすぎると思いますが、寝ると体が止まる位置はベース部分で、すきまを埋めるということです

※【注意点】とすればフィットしすぎて今お使いの枕が高すぎる可能性が高いです。

 

低めの枕で対応しましょう!

【例えば】

 


マニフレックス【バイオシェイプまくらレディース】・・おすすめです。

 

マニフレックス『フラットピッコロ』

 

マニフレックス『ピローサンパウロ』

 

ベースも変えたいという方へのおすすめは以下です。

【例えば】

 

マニフレックス『メッシュウイング』・・三つ折りタイプ/コスト安い

 

マニフレックス『モデル246』・・硬め

 

→体重80キロ以上ならマニフレックス『マニスポーツ』・・超硬め

 

→余裕があるならマニフレックス『フラッグFX』←おすすめです。


ベース+トップを別々に買うことで価格的に結構お安くなります。

 

あと個人的に激おすすめなのはたびたびブログでも登場しますが、『抱きまくら』です。

 

横向きで腰が痛いという方!!!腰がねじれて寝ていませんか?

 

通常横向きの場合、マットに対して肩が垂直の状態として、上側の脚はどうですか?

下側の脚の上にありますか?

 

違うはずです、おそらく腰をねじってマットに付いているはずです。


つまりねじれたまま寝ているということになります。

 

抱き枕を挟むことによりねじれずに横向きで寝ることが可能です。

 

横向きだけど少し上向き気味(仰向け気味)の方も背中に抱き枕を置いて寝ると楽です。

【例】

MOGU『気持ちいい抱きまくら』・・おすすめです。

 

王様シリーズ『王様の抱き枕』


また可能であればせっかくフィットするトップを使用するならシーツにもこだわりたいですね。

 

できるだけ伸縮性・通気性のあるものが最適です。

 

というか伸びないとフィットしにくくなっちゃいますのでもったいないです。

 

【例】

 

マニフレックス『コットンパイルボックスシーツ』

 

マニフレックス『フィットシーツ』・・トップのみの厚みに対応。

以上です。


かなり長くなりましたが、 【横向き+肩こり】の方には効果大ですので、お試しください。

 

ショールームに展示ございますので、お近くの方はご体感いただければと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

よろしければ弊社facebookページの”いいね”ご協力をお願いいたします。
 
*********************
★Enchante Tanaka  株式会社田中家具ショールーム
915-0883 福井県越前市新町22
HP
http://www.et-style.co.jp/
自社販売サイト
http://www.fukuikenkagu.com

★et-style/KOKOCHIstyle  株式会社田中家具ネット販売部門
et-style楽天市場店
KOKOCHIstyle楽天市場店

et-styleyahoo店

KOKOCHIyahoo店

et-styleギフトモール店

 

★facebook

*********************

『ここち』を売る販売員たなかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス