Khan Kosal『自己紹介』 | アジア教育支援グループたすきの公式ブログ

アジア教育支援グループたすきの公式ブログ

アジア教育支援グループたすきは、学生を主体とした海外ボランティア団体です。カンボジア、ミャンマーに、小学校を基本とした義務教育の支援やそのこどもたちの交流を行っています。

はじめまして。

私はカンボジアのたすきのメンバーのカン コソルと申します。

今王立農業大学の農業農村開発総合管理学の大学院の2年生です。

たすきの団体に入ってまだ1年たっていないですが、本当にいろいろ勉強になります。

たすきがカンボジアでやっている活動は井戸やトイレを作ったり、教育関係の事を支援したりなどです。

この活動はカンボジアに本当に役に立つ事です。

カンボジアは貧しい国ですから、いろいろ問題があります。

特に、都市と地方における教育には落差があります。地方にはまだ、学校が少なくて、先生も足りなくて、教育道具もまだ足りないです。

そのため、都会の教育に比べたら、遅れており、たくさん違う事があります。だから、たすきが地方で教育を支援の活動をやっているのはとても大事で、役に立つ事です。

私はまだ社会人ではありませんけど、たすきのグループに入って、

社会に対していろいろいい活動をやれると思いますし、

小学校の子供たちのいっぱい希望が入っている笑顔を見て、本当に楽しくて、もっと頑張りたいという気持ちになります。

これからも、何を、どのくらい出来るか、まだ分かりませんが、子供の将来と社会のため、少しでも私の知識を活かしたいと思います。

最後に、日本のメンバーと支援してくださる皆様に、いつも頑張って助けくれて心から本当に感謝します。

カン コソル(4期)


*この自己紹介は、コソル自身が日本語で書いております。