柄杓山城(群馬県桐生市) |     そばにArt

    そばにArt

         そばにArtを感じて。。
          蕎麦、城、焼きそば、TRAILRUN
 
              百聞よりは一見がいい.

梅雨明け間近の休日に桐生アルプスへ。

梅雨明けしてから行けばいいのに..

と、言う方もいると思いますが、

夏の桐生は想像以上に暑いんです!

暑いよりは、雨が降っていても梅雨時の方がいい。

雨の森の中、けっこう好きですし。

桐生アルプスに向かうその前に

手前にある柄杓山(ひしゃくやま)に寄り道。

ここ柄杓山(標高361m)には、かつて城がありました。

 

柄杓山城跡への案内板。

ハイキングコースになっていて、

ぐるっと回って、約3.4km。

林道を上っていきます。

しばらく行くと、柄杓山城の案内図。

ここから山の中へ。

この先の山がそうなんですが、

入口は、草ぼうぼうで不明瞭。

看板があるので、道はあっている。

草叢を抜けると、割と綺麗な登山道。

美しい堀切。

三の丸と二の丸を隔てている。

登山道からだと、上に見える二の丸。

行ってみたかったけど、道が見当たらないので断念。

柄杓山城 本丸跡

1,350年、桐生国綱によって築城。

桐生氏は、藤原系の足利氏の一族で、

源系の足利氏とは違うとされている。

本丸にある三角点

雨が本降りで、何も見えず。

本丸から木段を下る。

この先も不明瞭で。。ぐるっと回るはずが、

最初に登ってきた登山道に戻ってしまいました。