和徳城(青森県弘前市) | そばにArt   25¢

そばにArt   25¢

  そばにArtを感じて。。蕎麦、Art、焼きそば、TRAILRUN、城
 
   百聞よりは一見がいい。

青森県弘前市にある城跡。

現在は、和徳稲荷神社が建っており、ここに和徳城があったといわれているが、

定かではない。

和徳稲荷神社。

この辺りに和徳城があったとされている。

1381~1384年頃、陸奥・出羽に勢力を張った安倍氏の一族が築城したとされている。

ぐるっと周ってみましたが、和徳城の看板や表示等は一切なかった。

和徳城がここにあったとする看板は、和徳歴史探偵団が平成17年に宣言したこれだけ。

和徳歴史探偵団によると、郷土料理の“けの汁”発祥は、和徳城らしく、

戦で攻め込まれたときに、作って食べたらしい。

けの汁は、大根や人参等の根菜を中心に、大豆と昆布出汁で煮込んだ汁物。

食べてみたかったのですが、この旅では食すことができず、

自分の想像だと、会津のこづゆのような感じでしょうか。

神社の後ろ側。

土塁らしく見えるが、どうなんだろう?

土塁らしき土手の後ろ側には、川が流れている。

土塁らしき土は、神社を囲むようにぐるっと盛られていた。

背後が川で防御できるので、やはり、この辺りに城があったのだろう。

けの汁発祥の地は、知らなかったので予想外の収穫でした。