ズリヴァンカとアイドウカ「ピカポロンツァ」京都府京都市 | そばにArt   25¢

そばにArt   25¢

  そばにArtを感じて。。蕎麦、Art、焼きそば、TRAILRUN、城
 
   百聞よりは一見がいい。


テーマ:

京都府京都市にあるスロヴェニア料理のレストラン。

地下鉄東西線の太秦天神川駅から歩いて5分程の場所に佇んでいる。

蕎麦と聞くと、日本の食べ物のイメージが強いですが、

世界中で栽培され食べ方もいろいろ。

麺にして食べている国は、日本、中国、朝鮮、ブータン等、比較的少なく、

他の国では、蕎麦粉を練って煮たり焼いたり、または蕎麦の実を粥のようにして

食べている。

スロヴェニアには、蕎麦をつかった様々な料理がある。

日本でスロヴェニア料理が食べられるのは、おそらくこの店だけだと思います。

 

そばパン

そば粉を10%ほど使用した自家製のそばパン。

素朴な味が堪能できる。

季節のスープ

スロヴェニア風の漬物。ピクルスのような感じ。

スロベニアの白いんげん蕪のザワークラフト
キスラレパというらしい。さっぱりとした味。

 

ランチに単品でアイドウカを頼みました。

 

そば粉のズリヴァンカ

そば粉の生地をオーブンで焼いたもので、スロヴェニアの伝統的な料理。

見た目はピザっぽいですが、そば生地なので、あっさりして食べ応えがある。

 

アイドウカ

これもスロヴェニアの伝統的な料理で、蕎麦の実のソーセージ。

中は蕎麦の実がぎっしり詰まっていて、肉より蕎麦の実が主役。

これもあっさりとしているが、実に美味い。

 

スロヴェニアのお茶

自分のメモに“おばあちゃんのお茶”と書いてあったのですが、

どういう意味だったか忘れてしまった。。

香りは甘くて、酸味のある味です。

 

この砂時計が落ち切ったら、お茶は飲み頃。

 

料理を待つ間、お店においてあったスロヴェニア料理の本を開いてみると、

食べたい料理がたくさん!(お店のメニューにはありません)

 

ジュガンツィ

どんな味付けなんだろう。美味しそう。

ポリッジ

ソバの実とキノコと合わせて炒めるのか。ふむふむ。

キノコの風味だけで十分に美味しい料理になりそう。

マスのソバ粉/コーンフラワー焼き

蕎麦粉で揚げると、素朴で美味そう。

 

スロヴェニア料理、美味しくて満足でした。

京都に行く機会があれば、また食しにきたい。

 

ピカポロンツァ

京都府京都市右京区太秦森ケ東町29-7

12:00~15:00 18:00~21:00

月曜の昼・夜&火曜の昼定休 日曜は予約制

 

ピカポロンツァへ向かう通りは、桜が綺麗でした。

25¢さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ