宮崎県延岡市にある店。

延岡駅からは車で10分程の場所に佇んでいる。

晨翁は、“しんおきな”と読む。

店名を命名したのは、達磨の高橋名人。

晨(しん)は、夜明けを表し、太陽が差し込み延岡で愛される翁蕎麦になるようにと命名。

店主は達磨の高橋名人のもとで修業されていたようだ。

 

ざるセット 1,200円

大根蕎麦の実ごぼうサラダ、揚げそば、漬物、甘味と蕎麦のセットを注文。

蕎麦汁は、節、醤油がしっかりと利いた辛めの汁。翁ですねえ。

ジャズの流れる店内で、まずはサラダが出てきた。

 

揚げた蕎麦の実は香ばしい。

このサラダ、量が多い。個人的には、もう少し少ないほうが嬉しい。

漬物、揚げそば、甘味

揚げそばも、もう少し量が少ないと個人的に嬉しい。

 

蕎麦は北海道産黒松内産奈川在来種。

これはちょっと楽しみ。

 

ざるそば

綺麗で端正な蕎麦。辛汁に合わせると美味い。

 

そば米飯 200円

大分竹田産特A竹炭米を使った蕎麦の実入りご飯。

最近は、こういう素朴なご飯が美味しく感じます。

 

お腹が満たされました。食べ過ぎかも。

また機会があれば、食しにきたい。

 

晨翁蕎麦

宮崎県延岡市大貫町3-1201-1

11:00~14:00 18:00~21:00(入店20:00迄)

月・火定休(定休日が祝日の場合は昼のみ営業)