粟ヶ岳スカイレース | そばにArt   25¢

そばにArt   25¢

  そばにArtを感じて。。蕎麦、Art、焼きそば、TRAILRUN、城
 
   百聞よりは一見がいい。


テーマ:

4月21日に新潟県三条市で粟ヶ岳バーティカルキロメーターが開催されます。

粟ヶ岳(標高1,293m)まで一気に駆け上がる5.5km、八木ヶ鼻を走る15km、三条市南五百川(みなみいもがわ)~北五百川を走る4kmの3種目。

今年は別の大会に申しこんでしまったので出られないのですが、

昨年参加したので、ざっと紹介。(今頃ですか。。という感じですが)

昨年は、10月上旬の土曜日に5.5kmのバーティカル、日曜日に30kmのトレイルランを開催。

自分は30kmに参加。朝6時スタートだったので前日キャンプ泊。

泊まったキャンプ場はアウトドアブランド、スノーピーク本社併設の

スノーピークHeadquartersキャンプフィールド。

素晴らしく綺麗!ぐっすりと眠り。。

翌朝。会場は、いい湯らてい(キャンプ場から車で15分位)

朝6時、30kmがスタートしました。

目の前にそびえる八木ヶ鼻

見るからに急そうな山ですが、八木ヶ鼻を1回登っておりて、もう1回登ります。

熊出没注意の看板が登山道の入口

すぐに急登がはじまる。

朝の山々は神々しい。

八木ヶ鼻は、ところどころロープ場等があり

ずっと急登が続く。

直登が多い。

袴越山山頂(526m)

標高以上に疲れました。そして一気に下る。

下山して地元の集落を走り抜ける。

左の写真の選手は台湾から参加の女性。フォームが力強くてかっこいい。

この選手とは、抜きつ抜かれつでした。途中までは(笑)

八木ヶ鼻登山口。2回目。

またあそこを登るのか。。

2回目の八木ヶ鼻を登りきると、次は粟ヶ岳(1,293m)

赤矢印の山頂を目指す。やたらと遠く感じる。

粟ヶ岳を目指す道は、稜線で気持ちのいいトレイル。

ずんずん進んで五合目分岐地点。ここでシンキングタイム。

まっすぐ進めば粟ヶ岳。右へ曲がると下山コース。

頂上をめざすなら、時間的にぎりぎりゴールできそうか。

しかし。。思った以上に身体が疲れたので、頂上まで行くのは断念しました。

帰りの運転もあるし。

ということで、五合目地点でリタイアすることにしました。

休憩がてら、係の方と話していたら、この先に水場があるらしい。

そこに女性ランナーが追い付いてきた。同じくリタイアするらしい。

せっかくだから水場まで行ってみませんか?と声をかえたらOKの返事。ならば。。

ここでレースプラン変更。

粟ヶ岳改め、水場探しラン♪ 疲れていたはずなのに全然走れる(笑)

鎖場で写真を撮ってもらったりして、水場到着。

六合目にある天狗の水場。

まろやかで美味しい。水場で一息ついて下山しました。

下山途中は、こんな感じ。途中、猿の群れに遭遇。

下山して粟ヶ岳を望む。

今回は辿り着けなかったが、いつか必ず。

北五百川の棚田。ここは日本の棚田100選に選ばれています。

表彰式の風景。

写真は女子の部。制限時間にゴールできたのは2名のみ。

2位は途中切磋琢磨した台湾の選手でした。素晴らしい。

男子の完走率は58%でした。

今年は30kmの部がなくなりましたが、招待選手が充実しているので

盛り上がるでしょうね。

またいつか出たいと思います。

コースと高度

粟ヶ岳まであと2kmちょっとをがんばれなかった。。残念。

 

 

 

25¢さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス