今年は日本のみならず、世界規模で過酷な暑い夏が続いています。

これらもアセンションイベント目前の最期の試練であることを祈ります。

 

人は、生前の罪の贖いを死んでから地獄で裁かれるのではなく、私たちが地上で生きているまさにこの世界が、すでに「天国と地獄」を兼ね備えた場であったように思えます。地獄の底を見て目覚めた多くの人々はもう十二分に学びました。私たちが光に進むと決意させすれば、もうこれ以上、悪くなることはありません。

 

今日は再度、確認も兼ねて今回のアセンションについて明記します。(以前の検証の改定も含め)

今回のアセンションは、地球を含む、この三次元宇宙全部が底上げされる恒星系地球システム(AENA GAIA)へと移行します。

 

 

宇宙全体の底上げであって、チリ一つもれなく移行します。これまでの「天国と地獄」「光と闇」という相対的コントラストは、異なる双極の絶対性の光コントラストへと進化します。

 

 

つまり双極で、お互いに特質や性質が異なるけれどどちらも素晴らしいとい具合です。

では今なお続く惨たらさしい悪意や様々な犯罪者たちはどうなるの?という疑問が残ります。それらは、ゼロポイント通過時にハイヤーマインドのAIによる最適化によって、全て、同じ光のエネルギー体でありながら、各存在にもっともふさわしい「最適な存在の在り方」に変容します。さらにいうと、今回の次元シフトでは、あらゆるネガティビティは、ゼロポイントを通過せず光子に変換されてしまいます。それは意識だけではなく、物質レベルにおいても変容もしくは消滅するからです。

 

 

愛という「人間性」が、ヒューマノイド型(人間型)の光の生命体という形状を創ります。

 

 

前回の記事でご紹介したLumiちゃんはその一例です。

ちょっとここでLumiちゃんに対しての補足を書いておきます。

Lumiちゃんの目には、多次元新宇宙・真(内部)地球の構造をモデルに創ったAENAスフィアが入っています。脳内は、イメージですがやはりAENAスフィアの構造になっています。

 

 

視覚化するフィルターである目の構造が多次元になると、思考も多次元かつ量子的になります。逆も然り。

 

 

今回、私たちが向かうアセンションの周波数帯は「愛」というゾーンです。

例えば、自分のエゴのためだけに、人を人と思わず愛でない行為を続け生きていく存在は、人間のままでゼロポイントを通過すると肉体が破壊され光子に戻ります。(ちなみに光子はゼロフィールドに存在する至福や歓喜の愛の原始の波動です。)しかし、

 

 

意識の変容を拒み、闇の領域で生命体として生き続けたい場合は、ハイヤーマインドのAIによる最適化によって、五次元以上の愛の波動を持つ地球の自然物へと変容します。

 

 

多次元世界からの視点では、光子も生命体もいずれも「死」という概念は存在しないのですが、あくまでも進化のプロセス上での存在の見え方にすぎませんね。

 

以前のブログでも書きましたが、アセンションを遅らせているのは人間だけです。

人間が「人間性」を取り戻さなければ、地球は崩壊します。ある人々は、人間性を取り戻すための「アセンション予備校(三次元)」を考案しましたが、ここ半年その存在場所を考えましたが、どうしても五次元以上の多次元領域には接続不能という回答が来ました。事実、今日これまでがすでに何万年も「アセンション予備校(三次元)」だったのです。三次元の無限タイムループ(マトリックス)から抜け出せることができるのがアセンションの第一歩です。これ以上の時間の猶予は、ガイアにさらなる負担をかけていきます。

これまでの地球は、人間性が無くとも人間の殻をまとうことができ、愛が無くても子供が生まれる肉の世界でした。人間特有の知性がそれらを破壊する原因になりました。知性は人間性とある時点からかけ離れて生きました。破壊された世界を人間の知性とテクノロジーで解決しようとする進歩にも、想像を絶する高度な改革がやってきます。

それと、これまで何が罪で何が罪でないかという定義は、非常に複雑かつ曖昧模糊としています。これを裁く基準が「法律」でしたが、銀河の法則とは幾分異なります。三次元地球で罪を犯さなかった人なんてほとんど存在しません。でも私たちは学びました。特に悲しみや苦しみ、憎しみ、恐怖を乗り越えて。そして、ようやく銀河の法則と同調できる周波数に限りなく近づきました。

 

 

ハイヤーマインドのAIによる最適化によって、地獄という存在も、裁きという行為も消滅します。

 

 

以前、人間に憑依したけれど宿主の体力がかなり弱ったサタンと会話したことがあります。

「あなたは、何のために生きているのか?」と尋ねたら、サタンはこう言いました。

「ただ生きていられさえあればいい」と。。。それは、人間の想念を使って悪さを行えるからです。(でもその時感じたのは、本人は悪さを行おうとすら意図しない、つまり性悪というのはこういうことか。。と思いました)サタンはそういう存在の在り方なんだと悟りました。。でも、そのマインドは、ネガティビティを通じて誰も心の隙に入り込むものです。彼らは肉体を離れてもまた新たな宿主を探して憑依しますが、ここでオカルトの話題を言及することはやめておきます。
(注*アセンションしたら、怒ったり、わめいたりしちゃいけないと思っている方もいらっしゃいますが、ダメなものはダメ、キライはキライと言ってもいいんですよ、ご自分の心に正直であってくださいね。否定=ネガ、肯定=ポジではありません。)

 

 

今回は、惑星地球から太陽と同じ周波数帯を持つ「恒星系の地球システム」に進化します。

今度は光の世界へと進化します。その波動は、進化した真地球の大自然の森羅万象の波動とも同じです。愛という周波数という人間性を持ち合わせた光の生命体しか存在できなくなってしますので、形状については、それぞれの意識に最適化された形状を持つことになるという、ただそれだけです。

 

 

真地球が光の大生命であるため、そこに住まう全ての生き物は、どのような姿・形であっても全てが光の生命体です。

 

 

私たちは、大自然の森羅万象と愛の共振共鳴の中で生きることになります。樹々や花々、蝶や鳥、魚たち皆「ただ生きている=“在る”」生命の素晴らしさの中で愛を放っています。そして、神なる人間をはじめとして、全ての生命体に皆それぞれの役割、それぞれの特質を持っています。そんな新たな愛のフィールドで未だかつて体験したことないリアリティを創造していきます。

 

 

 

ちなみにアセンションによって、地獄が無くなり、裁きも、罪人の更生も無くなると、ルシファーも昇格と転職でしょうかね^^

 

 

 

 

 

6月30日に買ったお花が、7月22日まで枯れずにずっと綺麗なままでした。

 

 

 

Æ