カンボジア旅行で、お土産を買う☆ | ホングコングで目指せ!心臓毛むくじゃらネクタイ作家のラブブログ

ホングコングで目指せ!心臓毛むくじゃらネクタイ作家のラブブログ

洋裁教室ナインビー、香港夜景bag、香港グルメ、我が息子大仏氏、香港ゴミ箱コレクションなど


テーマ:

 

皆さま〜こんにちはウインク

香港在住のネクタイ作家、

洋裁教室ナインビーもう少しお待ち下さいペコッ

 

 

3泊4日のカンボジア旅行、全日程はこちら

 

 

前回の続き↓

カンボジア子連れカンボジア、ホテルはメッタレジデンス&スパ

カンボジアメッタレジデンス&スパのレストラン、カンボジア

カンボジア子連れカンボジア、メッタレジデンス&スパのプール

カンボジア子連れカンボジア、未修復の遺跡ベンメリア

カンボジア子連れカンボジア旅行、朝日を観る☆

カンボジア子連れカンボジア旅行、気球に乗る☆

カンボジア子連れカンボジア旅行、アンコールトム

カンボジアタ・プロームと、カンボジア料理と言ったらコレ!

カンボジア子連れカンボジア旅行、アンコールワット

カンボジア子連れカンボジア旅行、夕日鑑賞☆

カンボジアカンボジア旅行、晩ごはんはアモック

カンボジア子連れカンボジア旅行、ボートに乗る☆

カンボジア子連れカンボジア旅行、3日目お昼ご飯

 

 

お昼ご飯のあと、ガイドさんが、

日本人がやってるお土産屋さんがあると

移動途中に、寄ってくれました。

 

 

日本人が好きそうな清潔できれいなお店。

 

 

隣にカフェも併設されています。

ポーズ取ってみた爆  笑

膝も気持ち、曲げてみた爆  笑

私もだいぶ、年取った爆  笑

 

 

カフェも寄ってみたかったけど、時間がない。

 

 

いいじゃん、ちょっと休憩とか。

 

 

かわいい。

 

 

へーただのお土産屋さんじゃない模様。

 

 

ガイドさんに教えてもらった。

マダムサチコという日本人が、初め、

山本日本語学校で、カンボジアの方々に

日本語の先生をしていました。

その後、学校をやめ、

カンボジアの材料で、

カンボジア人の手で、

カンボジア土産を作って売る、

そのために、会社を作ったそうです。

 

 

援助に頼るのではなく、

働く機会を得て、

自立できる場をつくりたい。

マダムサチコさんはカンボジアの

未来のために、活動をしてきたんですね。

 

託児所もあるそうです。

 

 

異国の地で、新規事業を立ち上げるのは

想像しきれないくらいの、

苦労があったに違いない。

また、日本人とは全然感覚の違う

外国人、カンボジア人を

雇用し、育成していくのは

本当に、言葉にできないくらいの

大変さが、あるだろう。

考えただけでも、嫌になってしまう滝汗

だからマダムサチコさんのしたことは、

大きい。

 

 

私はお金を使う場所を、色んな意味で

意識して選びたいと思っているが、

マダムサチコさんの熱いエネルギーと、

ここまで作り上げた苦労、道のり、

そしてここでの仕事を、

頑張っているカンボジア人達が

生み出した商品を、買いたいと思った。

 

 

むかし何かの本で、

「ヘルプ」と「サポート」は違うと

読んだことがある。

ヘルプとは一時的に、食べ物や

お金をあげて助けること。

ただこれではいつまで経っても、

人からの援助がなければ、生きていけない。

サポートとはその人が自立して、

生きていくチカラをつけるために

必要な手を貸すことなのだと。

 

 

私はそれが強く強く心に残っていて

ヘルプが必要な場合もあるけれど、

と同時にその後の未来のことも

考える必要があると、事あるごとに、

私はこの2つ違いを意識するようになった。

 

 

 

 

 

 

 

私はビジネス思考ではなく、

お金なんか要らない、

ずっとそう思って生きてきて、

個展を開いた時にも、知人から

「なんのために個展を開いたの?」

と聞かれて辟易したのだが、

 

 

こういうビジネスに触れると、

私にもこんなことが出来たらと、

憧れを抱く。

普段見かける殆どのビジネスに、

私は何も心を動かされないのだけど

日本語教師として訪れた国で、

現地に溶け込み、

ここまでのサポートの礎を築いた

日本人女性がいることに感銘を受けた。

 

 

お金を稼ぐことは、

とても素晴らしいことだ。

 

 

それを思うと、どの味のクッキーも

美味しくいただける。

 

 

少し値段が高くても、払いたいと思える。

 

 

私は、買うことしかできないのか。

 

 

お店はやはり日本人が多くて、

ちょっと聞こえてきた。

カンボジア人を安く雇って、

大儲けしているとか・・・

よくそんな発想浮かぶなと思ったけど笑い泣き

 

 

じゃあ変に想像力を働かせて、もし

マダムサチコさんが、1人で

大儲けしていたとしても!

こうして目の前に、お店がある。

これを作ったのは紛れもない事実で、

実際に雇用だって生まれている。

凄いことだよね。

その苦労に、お金を払ったっていいじゃない。

 

 

そんなこんなで、

おしゃれで可愛いクッキー屋さん、

アンコールクッキーでした。

因みに帰りに空港で見たら、だいぶ高かった爆  笑

それはお店で買う方がいいよね笑

 

 

今日も押してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

 

ありがとうニコニコ

 

 

ネクタイ作家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス