こんにちは、防災部門からです。

単相交流発電機を非常用発電機としてご利用されている施設の皆様

お困りではありませんか?


昨年末より単相交流発電機の模擬負荷試験依頼が増えてきております。

上記のような電圧の後が1Φとなっている発電機です。

 

3Φとなっている3相の発電機では、主に動力(ポンプ等)で使用されておりますが、

単相となると、動力以外に通信機器等の精密機械でも使用されている可能性が高くなります。

 

つまり・・・

瞬間停電が必要な実負荷運転では、確実にシャットダウンして試験を行わないと

基板やハードディスクの故障を招く恐れがあると言う事です。

 

そういった理由から単相交流発電機の疑似負荷運転の実績がある弊社への御依頼が増えております。

電圧206.6V 平均電流値74.75A 約15.44㎾の負荷をかけ

施設内の設備の停電なしに模擬負荷運転を実施させて頂きました。

関係各所の方々、ご協力の程、誠にありがとうございました。