こんにちは防災部門からです。

 

今回は、製造より31年経過した発電機でもあり、施設様ご意向の

整備を行った上での負荷運転を実施させて頂きました。

更新もご検討の施設様ではありますが、整備で行けるところまで使用したいとのご希望がございましたので

予算内で、でできる限りの消耗品の交換をさせて頂きました。

 

①起動用バッテリー、サーモスタッド         

②オイルフィルター、燃料フィルター、エアフィルター

③Vベルト、ロアホース等   

④潤滑油入替、冷却水入替

 

整備の為の部材搬入を9時~スタートさせて頂き

整備完了は、15時、その後負荷試験を実施し16時30分退出するまでの7時間半作業させて頂きました。

120KVA 220V 力率80%の発電機に対して

3相平均 91.66A 実測電圧 217.4V 

91.66A×217.4V×√3(1.732)÷1000≒34.51㎾ 

34.51㎾÷(120×0.8)≒0.3594...    35.94%の負荷をかけ連続運転実施いたしました。

 

長丁場となりましたが、関係各所の方々、誠にありがとうございました。