皆さんこんにちは防災部門からです。

 

今年の梅雨入りは遅いですねぇ

昨年の今頃は、自家発電設備の改正に伴い発電機のメンテナンスや保全作・修理依頼

と負荷運転試験とが重なりバタバタしていたのを思い出しますね。

 

あれから一年当社では引き続き病院施設、老健施設の実施が8割を締めております。

最近では大型施設、ホテル、パチンコ店、ホームセンター様の防災用発電機の整備依頼が

多くなってきました。

 

  

 

その中でも、蓄電池(バッテリー)やVベルトは交換時期を超えての使用が

多く、できれば試験前にも交換を推奨させて頂いております。

 

  

                 

バッテリーは発電機を起動する為、心臓に当たる部分になりますので

当然バッテリーが動かないと車と同じでエンジンがかかりません。

 

発電機は車とは違い毎日運転をするという訳ではないので

交換時期のステッカーは施設のご担当者様はチェックは必須ですね。

 

  

 

また、Vベルトも劣化が進むと表面が剥がれ落ちエンジンが回っている途中で切れる恐れがあります。

自家発電設備(非常用発電機)は設置場所等(屋上・地上・地下等)で経年劣化の進み具合も多少変動は

していきます。

 

 

一気に全て修理するとかなり高額な費用になりかねません。

我々キャンプラス では負荷運転試験を行い高負荷をかけても

耐えた発電機に対してもしっかりサポートさせて頂いております。

 

これから暑い夏がやってきますが

皆さま、くれぐれも熱中症対策としてこまめに水分補給と無理は

されずに夏を乗り越えてくださいね。

 

防災用発電機に関するご質問や負荷運転試験に関するご質問など

ありましたらお気軽にお問合せお待ちしております。

 

防災部門一同より