こんにちは、ケミカル部門からです。

本日は、ビル新築建設中の窓ガラスコーティングの応援作業に行きました。

 

窓ガラスのコーティング❓

と思われた方もいるとは思いますが よく高層ビルなどで吊り紐から

窓を清掃をしている方の風景を見た事はないでしょうか。

1階から上の外窓は一旦足場を壊すと、窓ガラスの清掃がとても困難になってきます。

毎年やるにしてもかなりの費用も掛かってきますね。

 

    

 

 

勿論、今回使用したコーティング剤は水性完全無機コーティングのアドテックコートになります。

更にオーバーコートで耐久性を高めて行きます。

防汚性に優れ、超親水性なので埃、チリ、排気ガスや無機・有機汚れの

付着を避け、付着したとしても雨、水などで簡単に洗い流す(セルフクリーニング・帯電防止効果)のが大きな特徴になります。

鱗、スケールが固着すると後で厄介ですね。。

 

    

コーティングは機材を使い念入りにガラスにすり込ませる作業が必要です。

大体一枚あたり10分ほど時間をかけて丁寧にコーティングしていきます。

 

     

          150平米以上の建物で窓ガラスは約50枚以上ありました。

 

          

 (図右はコーティング後、図左はコーティング前)

コーティング後、待ち時間は必要ありません。すぐに水をかけてコンパウンドを洗い流しながら同時に親水具合を確認します。

水を弾いている箇所は上記図のように作業を繰り返し致します。

 

一度、塗布したガラスコーティングは対象機材や現場環境によっても異なりますが

USVテストでは20年以上劣化なしの数値が出ており、今後のお掃除の手入れがとても簡単になっていきます。

 

現在では、アパート、マンションの賃貸物件の原状回復での窓洗浄、モデルハウスの窓、台所シンク、トイレ等など様々な場所で施工をさせて頂いております。

 

従来のガラスコーティングとの違いは

アドテックコートには、有機物が入っておらず変色、劣化の心配がない事や光の反射を抑制するので、艶は出ませんが、色の深みが出て基材本来の風合いを変えません。

 

是非、お気軽にお問い合わせお待ちしております。