5月3日から15日まで国立新美術館で開かれている第91回国展で、澤田蓑里さんの作品「取舵」が奨励賞を受賞し、澤田さんが準会員に推挙されました。

 澤田さんの作品は使用済みのトタンや板を切り、ひもや紙と共に張り、画面の左に素材を配置し動きの感じられる構図です。

 また、舘岡美紅さん(筑波大学1年)が、朽ちた宮殿を背負う亀を描いた「追憶」で初入選しました。

 このほか、昨年に引き続き今年も入選した三浦茉子さん(秋田大学3年)が、全国7地区が推薦した若手28人による企画展示「新しい眼」に小品4点を出品しております。

(澤田さんの作品)

 

(舘岡さんの作品)

 

(三浦さんの作品)