投資家みたいに生きろ | アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

お読みいただきありがとうございます!!

日本一元気!?な公認会計士の徒然日記です^^

皆さん、おはようございます!

今日もお読みいただきありがとうございます!

 

さぁ月曜日ですね(^-^)

 

今週は投資家みたいに生きていきませんか!!

 

 

 

ひふみ投信藤野さんによる「投資家みたいに生きろ」です!

 

投資家というと遠い世界に感じますが、その投資家みたいに生きろとはどんな生き方でしょうか。

 

・この本は、“投資家という職業になるための本”ではありません。“投資家みたいに生きるための本”です

 

・「投資家みたいに生きる」とは何か。それは、投資家が当たり前に考えいる「思考」を手に入れ、日々の「習慣」を変えることです

 

・投資と聞いて「お金でお金を増やすスキル」としか考えられない人は、これからの新時代を生き抜いていくことが難しいでしょう

 

・なぜなら、「投資=お金」というのは、投資のごく狭い世界の話だからです

 

・将来に向けたお金の不安をなくす方法とは何か

 

・1つ目は、「若いうちにたくさん稼ぐこと」です

 

・2つ目は、細く長く暮らしていくよう「支出を抑えること」です

 

・私が投資家の立場として伝えたい解決法は、この2つとは別の方法です

 

・投資家的な解決方法。その1つ目は、元気で働き続けられる限り、「長く働き続けること」です

 

・2つ目の方法は、将来に備えて「収入の一部を投資に回すこと」です

 

・これからの日本では、「希望を最大化する人たち」と「失望を最小化する人たち」、つまり「動く人」と「動かない人」の格差が、さらに広がっていきます

 

・リスクがゼロになるのを待つのではなく、リスクを下げる努力をしつつ、よきタイミングで挑戦をする

 

・投資家のように考えることができれば、リスクをコントロールして日々の行動を決めることができますし、自分の市場価値を念頭に置いて生きることができます

 

・私の考えでは、投資とは、「エネルギーを投入して未来からお返しをいただくこと」です

 

 

 

・投資の本質はエネルギーを郎乳することだといいましたが、その「エネルギー」とはなんでしょうか

 

 

・自分の中に「主体性」を持ち、「時間」と「お金」の使い方に自覚的になるのです。さらに、人生の「決断」をする力を持ちつつ、「運」の存在とうまく付き合う。そんな状態を目指してもらいます

 

将来の不安がつのるニュースが多いですが、そんな時代こそ投資家みたい生きていかなければですよね。

 

ぜひ本書で投資家の生き方をチェックしてみてください!