ビル・ゲイツの幸せになる質問 | アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

お読みいただきありがとうございます!!

日本一元気!?な公認会計士の徒然日記です^^

皆さん、おはようございます!

日曜日もお読みいただきありがとうございます!

 

台風の影響が心配ですが、今朝は良く晴れておりますね(^-^)

 

今日はこんな一冊を手にしてみました~。

 

 

 

そのタイトルも「ビル・ゲイツの幸せになる質問 もしも1日に200円しか使えなかったら?」です!

 

もしも1日に200円しか使えなかったら?、、、 あなたならどうするでしょうか?

 

・もしも1日に200円しか使えなかったら?

 

・これは世界一のお金持ち、ビル・ゲイツからの質問です

 

・「もし、あなたが世界の発展途上国に住んでいて、1日に200円しかお金を稼げなかったら、どうしますか?」

 

・1日200円では、ごはんも食べられません

 

・日本では、カップラーメンを1つ食べておしまいでしょう

 

・さて、ここで、ちょっと考えてみてください

 

・あなたなら、その200円をどう使いますか?

 

・ビル・ゲイツ自身の答えは、「200円を貯めて、オスとメスのニワトリを買う」です

 

・ニワトリを買ってきて育てれば、やがてタマゴを産んでくれます

 

・そして、タマゴからはまたニワトリが生まれます

 

・そんなふうにニワトリがどんどん増え続けていったら、どうなるでしょうか?

 

・貧しい家にお金が入ってくるようになります

 

・増えたニワトリを、また別の貧しい人にあげることもできるでしょう

 

・「ビル・ゲイツの質問」は、あなたが1日収入であっても、どんな境遇に置かれていても、たとえ一文無しであっても、「富を生み続けて、人に分け与える方法はある」ということを教えてくれます

 

・また、「どんなに貧しい生活をしていても、未来に望みはある」という答えにたどりつくこともできます

 

・つまり、知恵と努力によって、資産も幸せも限りなく増やしていけるのです

 

とても深いお話ですよね。

 

本書では、

 

・プロローグ ビル・ゲイツの幸せになる質問

・第一章   「小さな力」が世界を変える

・第二章   「見えない世界」を信じる

・第三章   「大きな愛」が人を幸せにする

・第四章   子供は「未来への懸け橋」

・第五章   人はどこまで「希望」を持てるのか?

・第六章   幸せを呼ぶ「世界の名言」

・第七章   あなたの「命」の使い方

 

という章立て、様々な学びが得られます。

 

ぜひ本書をチェックしてみてください!