Think CIVILITY | アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

お読みいただきありがとうございます!!

日本一元気!?な公認会計士の徒然日記です^^

皆さん、おはようございます!

今日もお読みいただきありがとうございます!

 

さぁ今日からまた一週間の始まりですね(^-^)

 

今週はこんな一冊でスタートしてみませんか。

 

 

 

今日のお勧め本は「Think CIVILITY」!

 

表紙には「『礼儀正しさ』こそ最強の生存戦略である」とありますが、礼儀正しさは最強ですよね(^-^)

 

・私は過去20年にわたって、世界中の何万、何十万という人を対象に調査を実施してきた

 

・また私は、世界のあらゆる規模の企業にコンサルティングも行ってきた。その中で私は重要な発見をした

 

・それは、どんな立場のどんな人であれ、仕事で成功するためには、自分にある問いかけをする必要があるということだ。その問いとは、たったひとつ、これだ

 

・「自分はどういう人間になりたいのか」

 

・他人に無礼な態度を取ると、結局、自分が大きな損をするとわかっている人は多い

 

・でも逆に、礼儀正しく節度ある態度で周囲に接すると自分にも良いことがあると分かっている人は意外に少ない。それに、礼節は努力次第で高められると理解している人も少ない

 

・「私はどういう人間になりたいのか」と自分に問いかけながらこの本を読んでほしい。一度問いかけてみるだけでは足りない。日に何度も問いかけるべきだろう

 

・そして、生活の中で何か困難に直面した時や何かに成功したとき、驚くことがあった時、葛藤があった時には、その都度同じ問いかけをしてみてほしい

 

・あなたは周囲の人にとってどんな存在でありたいか。周囲にどんな影響を与えられたらうれしいと思うか

 

【無礼な人がもたらす5つの費用】

・費用1 無礼な人は同僚の健康を害する

・費用2 無礼な人は会社に損害をもたらす

・費用3 無礼な人はまわりの思考能力を下げる

・費用4 無礼な人はまわりの認知能力を下げる

・費用5 無礼な人はまわりを攻撃的にする

 

【礼節な人が守る3つの原則】

・原則1 礼節ある人は笑顔を絶やさない

・原則2 礼節ある人は相手を尊重する

・原則3 礼節ある人は人の話に耳を傾ける

 

【ワンランク上の礼節を身につけるための5つの心得】

・心得1 与える人になる

・心得2 成果を共有する

・心得3 ほめ上手な人になる

・心得4 フィードバック上手になる

・心得5 意義を共有する

 

自分の大好きな一冊「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」にも「礼儀正しさになさる攻撃力はない」という教えがありましたが、礼儀正しさは本当に大事ですよね!

 

ぜひ本書で礼儀正しさを身につけてみませんか(^-^)