2019年3月期の定時総会 集中率は32% | アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

お読みいただきありがとうございます!!

日本一元気!?な公認会計士の徒然日記です^^


テーマ:

皆さん、おはようございます!

今日もお読みいただきありがとうございます!

 

今日はちょっとはっきりしないお天気のようですね(^-^)

 

さて、3月決算企業の方は決算発表が終わると株主総会が気になるところかと思います。

 

今年の株主総会の集中日は6月27日で集中率は32%ということです。

 

■2019年3月期の定時総会 集中率は32%

https://www.zeiken.co.jp/news/1339974.php

 

 

こちらは今週の経営財務誌からのニュースです。

 

記事によると東京証券取引所は4月22日に「2019年3月期上場会社の定時株主総会の傾向について」を公表いたしました。

 

■東京証券取引所ウェブサイトより

https://www.jpx.co.jp/news/1021/20190422-02.html

 

■別紙PDF

https://www.jpx.co.jp/news/1021/nlsgeu000003y2wu-att/press.pdf

 

こちらでは、

 

1.定時株主総会開催日の集中度合い

2.招集通知の早期発送・早期ウェブ開示

3.事前ウェブ開示

4.英文招集通知の作成・公表

 

の調査状況が載っております。

 

また過去からの総会の集中日も参考として載っておりますが、1995年はなんと96.2%もの集中日(6月29日(木))があったということです。

 

 

当時は本当に集中していたのですね!

 

それから比べると現在はかなり分散化が進んだ状況ですね。

 

また以前は決算=3月決算という印象もありましたが、最近はIFRSを意識すると12月決算を選択したり、若い経営者と話していると決算=3月は意識していない印象もあります。

 

本資料は経営者や総会担当者にとっては興味深いものと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

アドレナリン会計士江黒崇史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ