上場企業 2019年3月期は3期ぶり減益 | アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

お読みいただきありがとうございます!!

日本一元気!?な公認会計士の徒然日記です^^


テーマ:

皆さん、おはようございます!

今日もお読みいただきありがとうございます!

 

さぁ月曜日ですね(^-^)

 

今週も一週間を元気にスタートしていきましょう!!

 

さて、上場企業の決算発表が続いておりますが、前期は苦戦だった模様ですね。

 

■上場企業3期ぶり減益 前期2%減

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20190513&ng=DGKKZO44697930S9A510C1MM8000

 

こちらは今朝の日経新聞一面からの記事です。

 

上場企業3期ぶりの減益という残念な見出しですが、、、

 

・日本企業の業績が3年ぶりに減益に転じた

 

・現時点の集計で2019年3月期通期の純利益が前の期に比べて2%減った

 

・日本経済新聞社が10日までに決算を発表した849社(全体の6割弱、金融・新興市場など除く)を集計した

 

・上半期(18年4~9月)は純利益が12.6%増だったが、下半期(18年10月~19年3月)は一転して14.6%減益となった。下半期は納期などの関係で利益の規模が大きく、通期でもマイナスとなった

 

上半期は12.6%増加だった純利益が、下半期で14.6%の減というのはなかなかのインパクトですね。

 

要因としては中国景気の減速による影響が大きいようで、国内需要が中心の非製造業は下期の減益率が3%にとどまったようです。

 

今期2020年3月期は4%の増益を見込んでいるそうですが、直近の米国による対中国の関税引き上げについては十分に織り込んでいないということですので警戒が必要そうですね。

 

今週もまだまだ2019年3月期の決算発表が続きますので、少しでも明るいニュースが出てくれることを期待したいですね!

アドレナリン会計士江黒崇史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ