上場企業の業績 急減  | アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

お読みいただきありがとうございます!!

日本一元気!?な公認会計士の徒然日記です^^


テーマ:

皆さん、おはようございます!!

今日もお読みいただきありがとうございます!!

 

昨日は大雪でしたが今日は気持ち良く晴れそうですね(^-^)

 

冬晴れの空とはかわり、上場企業の業績は雲行きが怪しいようです。。。

 

■自動車・非鉄、2割減益  中国減速、下方修正相次ぐ

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20190209&ng=DGKKZO41067440Y9A200C1MM8000

 

こちらは昨日(2月9日)の日経新聞の一面記事です。

 

2018年の4~12月までの決算発表が続いておりますが、業績予想を下方修正する企業が相次いでいるということです。

 

・上場企業の業績が急減速している

 

・2018年4~12月期は海外景気の影響を受けやすい業種の業績悪化が目立ち、自動車や非鉄は純利益が前年同期比で2割強落ち込んだ

 

・中国景気の減速やスマートフォン(スマホ)市場の鈍化などが逆風となっているためで、業績予想を下方修正する企業が相次いでいる

 

・8日までに18年4~12月期決算を発表した約1300社(金融、新興市場など除く)を日本経済新聞社が集計した

 

・時価総額では上場企業の9割弱、社数では8割に相当する

 

・18年10~12月期は純利益が24%落ち込んだ。四半期ベースで最終減益となるのは2年半ぶり

 

・18年4~9月期に稼いだ「貯金」があるため、4~12月期では3%まで減益率は縮小する

 

・今後の決算発表次第では小幅のプラスに転じる可能性もあるものの、35%増益だった17年4~12月期と比較すると業績の減速ぶりが鮮明だ

 

第3四半期の10月~12月期の純利益が24%落ち込むというのは大きい減少ですね。

 

4月~12月では3%の減益率といっても前年(2017年)の4~12月期が35%増益というと前年対比でどれだけ業績が苦戦しているのかわかりますね。

 

2019年1月~3月期も約半分が終わりました。

 

今年度も残り1ヶ月半と短いですが、頑張っていきましょう!

 

 

アドレナリン会計士江黒崇史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス