「割安」銘柄 東証一部で37社 | アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

お読みいただきありがとうございます!!

日本一元気!?な公認会計士の徒然日記です^^


テーマ:

皆さん、おはようございます!!

今日もお読みいただきありがとうございます!!

 

昨日はとても暖かい一日でしたね(^-^)

 

さて、上場していると日々株価がつきますが、自社の時価よりも保有している株式の時価総額の方が多い企業があるということです。

 

■自社の価値<保有株の価値 「割安」銘柄、東証一部で37社

 

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20181205&ng=DGKKZO38530140U8A201C1DTA000

 

こちらは今朝の日経新聞の投資情報欄からの記事です。

 

自社の価値<保有株の価値、というのは強烈な見出しですが、東証一部企業において保有する株式の時価総額の方が高い会社が37社あるということです。

 

グループ会社が上場企業であったり、金融機関における持ち合い株式であったり、事業会社間でおける持ち合い株など状況はいくつかあるようです。

 

保有当初は自社の時価総額より保有する株式の時価総額の方が上回る、ということは想定していなかったでしょうが、東証一部上場企業で37社というのは多い印象ですね。

 

これまで日本企業の慣行の一つと言われてた持ち合い株式ですが保有株式の時価総額の方が自社の株式時価総額を上回ると株主からの指摘も厳しくなるでしょうね。

 

どのように解消していくのか経営者には難しい選択が迫られそうです。

 

アドレナリン会計士江黒崇史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス