会計方針の変更、2018年3月期に79社・84件 | アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

お読みいただきありがとうございます!!

日本一元気!?な公認会計士の徒然日記です^^


テーマ:

皆さん、おはようございます!!

今日もお読みいただきありがとうございます!!

 

今朝は涼しい朝ですね(^~^)

 

さて、経営者も気になる会計方針の変更ですが、2018年3月期は84件の事例があったということです。

 

https://www.zeiken.co.jp/news/2538719.php

 

今週の経営財務誌によると2018年3月期決算の上場企業2,274社(日本基準)のうち、79社・84件の会計方針の変更があり、その内訳は以下とのこと。

 

 

やはり有形固定資産の減価償却法帆の変更が多いですね。

 

ただ、ここ数年は定率法から定額法への変更事例が目立っていましたが、今回は定額法から定率法へ変更した事例が、日新製鋼社でみられたということです!

 

 

組織再編に伴う会計方針の変更で定額法から定率法に変更しておりますね。

 

本誌では、売上高の会計処理の変更や引当金の計上事例なども載っております。

 

どのような会計方針の変更事例が行われているのかは経営者もきになるところと思いますので、ぜひチェックしてみてください!

アドレナリン会計士江黒崇史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス