取引確認システム開発へ 4大監査法人がタッグ | アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

お読みいただきありがとうございます!!

日本一元気!?な公認会計士の徒然日記です^^


テーマ:

皆さん、おはようございます!!

今日もお読みいただきありがとうございます!!

 

今日はお天気に恵まれそうですねo(^▽^)o

 

さて、決算発表シーズンは監査法人の繁忙期でもあります。

 

監査の作業項目は増える傾向にありますが、そんな中監査手続きの確認について4大監査法人がタッグを組むということです。

 

■取引確認システム開発 4大監査法人がタッグ

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20180512&ng=DGKKZO30378110R10C18A5EA1000

 

今朝の日経新聞の2面の記事からですが、会社も監査法人も大変な作業の取引確認ついて4大監査法人がタッグを組んでシステムを開発するということです。

 

記事によると、

 

**********************************

 

・上場企業の決算をチェックする大手監査法人が系列の垣根を越えてタッグを組む

 

・監査先企業の取引状況をオンラインで確認するシステムを共同開発し、人手不足が深刻な会計士の煩雑な業務を減らす

 

**********************************

 

現在、書面で取引先との債権や債務を確認している確認作業をオンラインで確認できるようになれば、会社側も監査法人側も確認作業の負担がかなり減りそうですね。

 

大企業ですと何百通という確認状を送ります。

 

そして確認状が回収されたら封を開けて残高が一致しているか否か差異を確認して、差異が出ていればその要因を分析・確認し、返ってきていない確認状は回収を督促していただくなどと、かなり大変な確認手続きがオンラインで可能となると有り難いですね。

 

今後は共同出資会社の設立を経て早ければ2年後のシステム稼働を目指すということ。

 

4大監査法人の共同出資会社ですと名前はどんな風になるのか、これまた少し気になりますね。

 

なお、開発は大手監査法人ですが、システム稼働後は、中小監査法人や個人の会計事務所も使用できることを想定しているそうですので、大手監査法人以外の方も安心ですね。

 

新システムの開発に期待しましょう!

アドレナリン会計士江黒崇史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。