IFRS 200社に迫る | アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

お読みいただきありがとうございます!!

日本一元気!?な公認会計士の徒然日記です^^


テーマ:

皆さん、おはようございます!!

今日もお読みいただきありがとうございます!!

 

4月も前半戦が終了ですね(^~^)

 

さて、グローバル企業では導入が進んでいる国際会計基準(IFRS)ですが、その導入企業は200社に迫っているようです。

 

■国際会計基準、200社迫る

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29365160T10C18A4EA2000/

 

今朝の日経新聞2面にIFRSに関する記事が載っておりました。

 

こちらの記事によると、

 

**************************

 

・上場企業の間で決算書を作る際の会計ルールを国際会計基準(IFRS)にする動きが加速している

 

・トヨタ自動車やソニーが導入の本格検討を始め、新日鉄住金も採用を決めた

 

・採用企業は年内200社に達する見通しで、合計の時価総額は東京証券取引所の3分の1に迫る

 

***************************

 

上場企業社数は2,500社前後と思いますので企業数の割合から言うとまだまだ少数ですが、時価総額の割合では3分の1にもなるのですね。

 

特に米国基準を採用していたトヨタやソニーがIFRSへ変更を検討しているのは新しい動きですね。

 

この動きとしては、

 

***************************

 

・日本企業の中でいち早く海外展開した米国基準組の転向は、展開先が米国からアジア・アフリカの新興国まで広がった国際化の「深化」を表す

 

・IFRSは世界120カ国以上で使われ、世界標準になりつつある

 

***************************

 

IFRSというとM&Aにおける「のれん」を定期償却しないこともその採用の要因の一つと言われておりましたが投資家サイドからも

 

***************************

 

・投資家も、海外の同業他社との比較が容易になる会計基準の統一を後押しする

 

・NTTは「国際的に比較可能な財務情報の投資家への提供」を変更理由に挙げる

 

***************************

 

一度IFRSに変更した会社が日本基準に戻ることは考えにくいので、IFRS採用企業はどんどん増えていきそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

アドレナリン会計士江黒崇史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス