アドレナリン会計士江黒崇史のブログ

お読みいただきありがとうございます!!

日本一元気!?な公認会計士の徒然日記です^^


テーマ:

皆さん、おはようございます!!

今日もお読みいただきありがとうございます!!

 

今日は山の日でお休みですが、あいにくのお天気ですね(^~^)

 

今日は気になっていたこんな一冊を手にしてみました。

 

 

 

話題になっている「未来の年表」です!!

少子化が問題となっておりますが、どんな未来が待っているのでしょうか!!

 

・日本が少子高齢化社会にあることは、誰もが知る「常識」である

 

・だが、その実態を正確にわかっている日本人は、いったいどれくらいいるだろうか?

 

・今、取り上げるべきなのは、人口の絶対数が激減したり、高齢者が激増したりすることによって生じる弊害であり、それにどう対応していけばよいのかである。経済が成長し続けたとしても、少子化に歯止めがかかったり、高齢者の激増スピードが緩んだりするわけでは断じてない

 

・2015年時点において1億2700万人を数えた日本の総人口が、40年後には9000万人を下回り、100年も経たぬうちに5000万人ほど減る

 

・この推計はメディアでも繰り返し取り上げられているのでご存知の方も多いだろうが、こんなに急激に人口が減るのは世界史において類例がない。われわれは、長い歴史にあって極めて特異な時代を生きているのである

 

・言うまでもなく、人口が激減していく過程においては社会も大きな変化を余儀なくされる。それは、時に混乱を招くことであろう

 

・日本の喫緊の課題を改めて整理するなら4点に分けられる

 

・1つは、言うまでもなく出生数の減少だ

 

・2つ目は高齢者の増加

 

・3つ目は勤労世代の激減に伴う社会の支え手の不足

 

・そして4つ目は、これらが互いに絡み合って起こる人口減少である

 

・まず認識すべきは、社会のあらゆる場面に影響をもたらす、これら4つの真の姿だ

 

・人口激減後にどのような社会をつくるのか、われわれの構想力が試されている。いまこそ「20世紀型成功体験」と訣別するときなのである

 

よく見る人口減のグラフですが、推計によると西暦3000年には2000人になってしまうとのこと∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

 

 

本書には日本を救う10の処方箋も載っております。

人口減の日本が待つ未来は大変ですが、立ち向かっていかなければですね!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

アドレナリン会計士江黒崇史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。