島根女子大生バラバラ殺人事件 | アルフレッドのブログ

北広島町 ,臥龍山 , ,浜田市 ,女子大生

2009年11月6日、広島県北広島町の臥龍山山頂付近で島根県浜田市の同県立大1年、平岡都さん(当時19)の遺体が見つかった事件。

翌 7日未明、島根県警が記者会見し、広島県警がDNA型鑑定をした結果、10月26日から行方不明になっていた19歳女子大学生と確認されたと発表。11月 7日に頭部を司法解剖した結果、死後1~2週間経過していたことが判明。顔面は殴打痕があり内出血していたのが分かった。同日、広島、島根両県警合同捜査本部は、残りの遺体発見や容疑者特定をすべく本格的に捜査を始めた。

11月6日の頭部発見以降、7日に左大腿骨の一部、8日に両手足のない胴体部分、9日に左足首、19日に爪が発見され、その後のDNA型鑑定の結果、19歳女子大学生の遺体と確認された。

警察庁は容疑者逮捕につながる有力情報の提供者に最高で300万円の公的懸賞金を前倒しで出すことを決めた。
懸賞金は通例、事件発生から半年以上経過した未解決の重大事件が対象で、前倒しの適用は異例。警察庁は、事件が極めて重大で住民の不安も強いことから早期解決のため前倒しを決めたようだ。

公的懸賞金制度の適用対象に決まったことを受け、島根県警の雪野博刑事部長は記者会見で「2カ月前倒しした成果を出したい」と力を込めた。過去に半年未満で適用されたのは、平成20年3月に山口県下関市で起きた男性殺人と、市橋達也被告(31)が逮捕された千葉県の英国人女性殺害の2事件だけという。


そもそも臥龍山というところへは地元住民でさえ、めったに行かないと聞く。このエリアで馴染みのある山とすれば深入山だろう。犯人は恐らく犯行以前に一度、臥龍山に足を踏み入れている。




アルフレッドのブログ











アルフレッドのブログ



アルフレッドのブログ



女子大学生が行方不明になった2009年10月26日からの経緯。

             ↓

2009年10月26日 勤務が終了し浜田市港町にあるアルバイト先から退店。
(勤務先のSCの防犯カメラにその姿が映っていた)
2009年10月27日 母親がメールを送信しても返信がなく、携帯電話に電話してもつながらず。
2009年10月28日 香川県坂出市の母親が「娘と26日以降連絡が取れない」と、島根県警浜田署に捜索願を出す。
2009年11月2日 浜田署が事件や事故に巻き込まれた可能性もあるとして公開捜査に踏み切る。写真を公開し、情報提供を呼び掛ける。
2009年11月6日 広島県北広島町、臥龍山山頂付近、道路の終点にある車両転回場の約10mがけ下で、キノコ狩りをしていた男性が女性の頭部を見つけ110番通報。
2009年11月7日 島根県警が頭部は行方不明になっていた19歳大学生と確認されたと発表。広島県警が行ったDNA型鑑定で断定。広島、島根両県警は死体損壊・遺棄事件として浜田署に合同捜査本部を設置。臥龍山の林道入り口から約1.2km地点の右側の雑木林で大腿骨の一部を発見。 頭部の司法解剖の結果、死後1~2週間経過していたことが判明。死因は不明。
2009年11月8日 頭部発見現場近くの林の中で両手足のない胴体部分を発見。  臥竜山林道終点付近の山中で女性用とみられる衣類を発見。発見された衣類を家族が確認し、女子大学生のものではないことが判明。
2009年11月9日 発見された女性の胴体部分と大腿骨の一部をDNA型鑑定した結果、19歳女子大学生の遺体と確認、女子大学生のものとみられる左足首を発見
2009年11月10日 9日に発見された左足首をDNA型鑑定の結果、19歳女子大学生の遺体の一部と確認。
2009年11月13日 島根、広島両県警合同捜査本部が、近畿、中国両管区機動隊の応援を得て、現場周辺の大規模捜索開始(応援を合わせ計約390人態勢)。
2009年11月19日 登山道入り口から約300メートル上った林道の左脇にあった動物の糞から、人の爪のような小さい破片、肉片、骨片を発見。島根、広島両県警合同捜査本部が、臥竜山山中の大規模捜索を打ち切り。
2009年11月20日 19日に発見された爪1枚(幅15mm、長さ19mm)をDNA型鑑定した結果、19歳女子大学生のものと確認。
2009年11月23日 島根、広島両県警合同捜査本部が、近畿、中部両管区機動隊の応援を得て、臥龍山山中の大規模捜索を再開(応援を合わせ計約270人態勢)。
2009年11月24日 19日に発見された爪の破片をDNA型鑑定の結果、19歳女子大学生のものと確認。
2009年11月27日 島根、広島両県警合同捜査本部が、臥龍山山中の捜索終了。
2009年11月29日 翌日靴が発見されたあたりで四駆タイプの車が停車していた。付近住民が目撃。
2009年11月30日 学生寮から直線で約300m、(10月末捜索済みの)場所で女性用の黒いスニーカー(左足用)を発見。
2009年12月12日 島根、広島両県警合同捜査本部が、残る遺体の部分や遺留品の捜索を打ち切り。
2009年12月14日 島根、広島両県警合同捜査本部が、見つかった靴を女子大学生のものと、ほぼ断定。
2010年2月24日 島根、広島両県警合同捜査本部は、発見された靴のDNA鑑定の結果、女子大学生のものと特定できなかったと発表。
2010年2月26日 警察庁は、本件を公費懸賞金支払対象に指定。事件解決に結び付く有力情報に最高300万円、応募期間は1年間。

2009年11月12日アサヒコム


切断遺体、11月2日より前に遺棄か 島根女子大生


. 島根県立大(同県浜田市)1年、平岡都(みやこ)さん(19)の切断された遺体が広島県北部の臥竜(がりゅう)山(北広島町)で相次いで見つかった事件で、遺体の状態などからみて、遺棄されたのは今月2日以前の可能性が高いことが、捜査関係者への取材でわかった。


 捜査関係者によると、平岡さんの胴体はいったん水分を含んだ後、日ざしを受けて腐敗が進んだ形跡があった。一方、平岡さんの行方がわからなくなった10月26日夜から胴体が見つかった今月8日まででは、現場周辺で2日に雪が降ったほかは雨や雪はほとんどなかった。このため、島根、広島県警の合同捜査本部は遺体に雪が積もったと判断、2日以前に遺棄されたとの見方を強めている。

 地元の人によると、臥竜山一帯では2日午後6時ごろから雪が降り始め、翌朝にはふもとでも約15センチ積もった。

 捜査本部は、浜田市内から遺棄現場に通じる幹線道路近くの店などで、10月26日から今月2日までの防犯カメラの映像を調べるなどしている。
 平岡さんの遺体は、6日に頭部が発見されて以降、大腿(だいたい)骨、胴体、左足首が見つかっている。司法解剖の結果、死亡したのは10月26~31日とみられる。
 平岡さんは10月26日午後9時15分ごろ、アルバイト先のアイスクリーム店が入る浜田市のショッピングセンターを出た後、行方が分からなくなった。


毎日2009.11.20
島根女子大生遺棄:顔にゴム突起付き軍手の跡

平岡都さんの遺体が見つかった臥龍山に向かう登山道の入り口に供えられた花束=広島県北広島町で2009年11月12日、幾島健太郎撮影 広島県北広島町の山中で島根県立大総合政策学部1年、平岡都さん(19)の遺体が見つかった死体遺棄・損壊容疑事件で、平岡さんの顔には、軍手で押さえつけられたような跡が残っていたことが捜査関係者への取材で分かった。滑り止めのゴム突起が多数付いたタイプの軍手で、犯人は遺体損壊の際、指紋が残らないよう周到に証拠隠滅を図ったとみられる。

 島根・広島両県警の合同捜査本部は、この痕跡を容疑者特定につながる重要な証拠の一つとみており、メーカーの特定や流通経路の割り出しなどを進めている。

 捜査関係者によると、平岡さんの顔の表面には、多数の突起物でできたとみられる圧迫痕があった。形状などから、ゴム突起が多数付いた軍手を使用していた可能性が高いことが判明。犯人が遺体に指紋が付くのを防ぎながら、刃物の柄をしっかり握る目的で着用したとみられる。遺体を損壊する際、片手で顔などを強く押さえ、もう一方の手で刃物を持ったために跡が残った可能性があるという。

 軍手はメーカーや種類によってゴム突起の配置や編み目などが異なる。

 胴体や左大腿(だいたい)骨、左足首には指紋も軍手の跡もなかったという。

 平岡さんは10月26日夜から行方不明になり、11月6日に頭部、7日に左大腿骨、8日に胴体、9日に左足首が見つかった。

 捜査関係者によると、平岡さんは首を絞めて殺されたとみられており、その後、遺体が損壊され、別々に遺棄された可能性が高い。遺体各部から犯人の指紋は検出されていない。
2009.11.21ゲンダイネット
捜査筋が口にした「酒鬼薔薇」の名前
●想像を絶する遺体の凄惨
島根県境の広島県の山中で、島根県立大学1年生の平岡都さん(19)のバラバラ遺体が見つかった事件は、時間が経つにつれ、猟奇的な色合いが強まっている。
見つかった遺体の状態が尋常ではないのだ。
「遺体は四肢が切断され、乳房がえぐり取られた上、性器部分も切り取られてグチャグチャになっていました。そのため、胴体が発見された当初は、すぐに性別が判断できなかった。
腹部が切られ、内臓の大部分がなくなっています。胴体の一部は焼けていて、血を抜かれ、皮膚もはいであった。両腕と右足はまだ見つかっていません」(捜査事情通)
にわかには信じがたいが、犯人が肉片を食べた形跡もあるという。
「頭部と胴体の発見場所から約2キロ離れた地点で見つかった左の大腿骨(だいたいこつ)は、
肉がきれいにそぎ落とされていた。
捜査員は、てっきりイノシシかシカの骨が風化したものと思って拾ったそうです。野犬の仕業では、こうはならない。明らかに人為的なものです。
また、遺体の一部には、ミンチ状に切り刻まれた形跡もあった。犯人が食べた可能性あり。
血抜きをしたり、右腕の関節をはずしたあとがあることから、犯人はある程度、医学的な知識があるとみられます」(社会部記者)

毎日2009.11.25
島根女子大生遺棄:つめのかけらの1片も平岡さん
 広島県北広島町の臥龍山(がりゅうざん)山頂付近で、島根県立大総合政策学部1年、平岡都さん(19)=島根県浜田市=の遺体が見つかった事件で、島根・広島両県警の合同捜査本部は24日、19日に発見されたつめ1枚につづき、つめのかけら4片のうち1片がDNA型鑑定で、平岡さんのものと確認されたと発表した。他のつめのかけら3片と約1.5センチ大の肉片は小さすぎたり状態が悪く、DNA型が検出できなかった。
 また、同時に見つかった約1センチの骨片は鑑定中だという。

週刊朝日2009.11月27日号の119ページ
首は青竜刀のような鋭い刃物で切られている。シカの骨かと拾ってきたものが大腿部だった。肉片がまったくなく、きれいにそぎ落とされていた。一部は野犬などが食っているようだが、あそこまできれいには食わない。これは、人為的なものです。
肉片がほとんど残らず、肋骨から肺が見えるほどだった。乳房は切り取られ、血も抜かれ、皮膚ははいでいた。顔を殴打し、首を絞めていますが、性行為の跡は無し。

サンデー毎日2009.11.29日号135ページ
胴体は火であぶられ、内臓はほどんどなく、大たい骨は肉が削り取られていました。

追加情報

遺体に付着していたビニール袋が10年近く前に三次市やその周辺で電話帳を配るのに使われていた袋と同じであることがわかったという。
この事件はおととし10月、島根県立大学の平岡都さんが島根県浜田市のアルバイト先を出たまま行方不明となり、その後、北広島町の山の中から遺体の一部が見つかったもの。
広島県警と島根県警の合同捜査本部では今年5月、遺体に付着していたビニール片と同じポリエチレン製のビニール袋と表面に赤色のインクで印刷されていた文字を公開し、犯人の遺留品とみて種類や流通経路の特定を進めていた。その結果、インクの成分から2002年頃に広島県内の印刷会社で印刷され、三次市や北広島町などの県北地域や浜田市などの周辺で電話帳を配るのに使われていた袋と同じであることがわかった。合同捜査本部では、人口の多い三次市に拠点を設け袋の詳しい流通経路を調べている。


アルフレッドのブログ

遺体についていた電話帳を配るのに使われるポリ袋は、広島県大竹市の業者が製造したものであることが判明した。警察によると、この袋は、約16年前に数十万枚製造され、電話帳を配るのに使われたもので、広島県三次市や安芸高田市などに配られていたという。
警察では、袋は遺体を運ぶのに使われたもので、犯人に結びつく手がかりになると見て、袋が配られたとみられる地域にも捜査員を派遣するなどして、詳しい流通ルートや周辺に犯行に使われた空き家などがないか調べを進めている。(NHK広島)