恵比寿様と旅/商売心理学 集客と呼び込みと売上アップのコツ | 講演依頼で人気!酒井とし夫の商売繁盛心理学

講演依頼で人気!酒井とし夫の商売繁盛心理学

講演依頼で人気のビジネス講演会講師・酒井とし夫が集客、広告、販売促進、ビジネスコミュニケーション、モチベーションアップに役立つ商売繁盛のための心理学スキルとノウハウを紹介します。

こんにちは、酒井とし夫です。
前回は「売れるキャッチコピー」のお話でした。
今回は「恵比寿様と旅」のお話。


◆恵比寿様と大黒様です。

下の写真は我が家の神棚に祀っている商売繁盛の最強タッグと言われる!?恵比寿様と大黒様です。
いいお顔ですねえ。

$商売心理学で売上UP!集客と広告と販促にスグ役立つ


この恵比寿様と大黒様はネットで仏像や数珠、経本などの仏教関連商品を販売しているサイトから我が家にいらして頂きました。


そして実は何を隠そう私は仏像巡りや仏像の写真集を見るのが好きなんです。
なんだか心落ち着くというか、観音様や仏像のお顔を見ていると癒されるんですねえ。


で、ある日私に一通のDMが届きました。

そのDMのタイトルは・・・
『61年ぶりの御開帳・健康長寿の長命寺特別拝観
奥びわ湖観音菩薩巡り・仏像鑑賞の旅2日間』





◆仏像鑑賞の旅。

『61年ぶりの御開帳・健康長寿の長命寺特別拝観奥びわ湖観音菩薩巡り・仏像鑑賞の旅2日間』


・・・これは興味をそそられました!!


旅行の主催者は中堅の旅行会社です。


多分、仏像や寺めぐりに興味のない人にとってはな~んの興味も湧かないパンフレットだと思いますが、私は強く強く興味を引かれました。

なんででしょうか?
→もちろん仏像や寺に興味があるから、です。


商売で一番難しいのは「自社の商品に興味のある見込み客を探すことである」と言われます。


このDMは仏像や寺に興味のある私に送ってきたわけですから、「自社商品に興味のある見込み客を探すことに成功」しているわけです。


しか~し、私は今までこの中堅の旅行会社で旅行をしたことがありません。
しかも、この旅行会社は私が仏像や寺巡りに興味のあることなど知っているわけがありません。


では、なぜこの旅行会社は自社商品に興味を持つ私に向けてDMを送ってくることができたのか?


それは冒頭に書いた私が恵比寿様と大黒様を買い求めた仏教関連商品を販売しているサイトが関係しています。



◆小さな会社やお店のタイアップのコツ。

実は正確に言うとこの旅行の案内はその仏教関連商品を販売しているサイトから送られてきたものです。


「この度、仏像や寺めぐりのツアーを実施することになりましたが参加しませんか?旅行主催は○○旅行会社です。」


ということです。


仏教関連商品を販売しているサイトがツアー企画を行なうはずがありませんから、おそらく旅行会社が持ち込んだタイアップ企画だと思われます。


上手なタイアップです。


旅行会社はツアー代金を手に入れることができて、自社の顧客を増やすことができます。
もちろん仏教関連商品を販売しているサイトへキックバックも入るはずですから両者ともメリットのある企画です。



さて、こういったタイアップをあなたもできないか?


できますね。(きっぱり!)


ポイントはあなたの会社やお店とターゲット層が同じである他の業界の会社やお店とタイアップすればいい、ということです。


つまり、仏教関連商品を販売しているサイトで七福神の置物を買ったお客(=私)は仏様や神社仏閣に関心がある確率が高いはずです。
そのターゲットに向けて物販業界とは異なる業界の旅行業界が「寺院巡り」や「仏像巡り」の旅の案内を行なえば申し込みの確率は高くなるということです。



この考え方が理解できるとあなたも同じエリアで商売をしている
「ターゲット層が同じである他の業界の会社やお店」
とタイアップすることができます。
(以前、具体的な事例をこちらでも書きました。)

もし、あなたが健康器具の販売に携わっているとしましょう。
同じ町の薬局や治療院の店頭にあなたの会社で扱っている健康器具のパンフレットやチラシを置いてもらうと申し込みが発生する確率が高まります。
だって、薬局や治療院にやってくる人は「身体」や「健康」に関心が高く、「病気や怪我で悩んでいる」可能性が高いのですから。



以前、ペルシャ絨毯を輸入販売している方にアドバイスしたことがあるのですがこの会社も旅行会社とタイアップできます。


ペルシャ絨毯を買ったお客さんや来店者に向けてペルシャ旅行の案内を出す、あるいはペルシャ旅行に行ったことのあるお客さんや問い合わせに来た人に向けてペルシャ絨毯の案内を出す、ということです。


この時に注意する点が一つあります。
それはこの事例で言うとペルシャ絨毯を買ったお客さんや来店者に向けてペルシャ旅行の案内を出す場合は「ペルシャ絨毯の販売店名」で送るということです。


そして、ペルシャ旅行に行ったことのあるお客さんや問い合わせに来た人に向けて、ペルシャ絨毯の案内を出す場合は「旅行会社」から送るということです。


このようにあなたの会社やお店とターゲット層が同じである他の業界の会社やお店とタイアップすると
お互いにメリットのある企画を実施することができます。


大手企業がタイアップ、協賛企画をよくやっていますが、基本的な考えは同じです。
小さな会社やお店であってもこのようなタイアップはいくらでもできます。
(具体的な7つの詳細を真剣に知りたいですか?詳細はこちら。)



※あなたへのお願い。
☆講師アクセスランキングにご協力ください。下記をクリックしてください。ありがとう~!!(^o^)/~~~~~

講師:酒井とし夫

PS1.
インターネットで稼ぐ8人のテクニックを知りたい?その答えはこちらにあります。


PS2.
お客さんの心理を理解すると面白いように集客増、契約率アップ、売上アップがもたらされます。
そのノウハウの詳細は・・・こちら



読者数2万5千人の殿堂入りメルマガも毎週配信中です。商売繁盛に役立つメルマガです。ぜひあなたもご登録ください。
 ↓ ↓ ↓



     ---------------------------------------------------


にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
↑ランキングサイトに参加しています。ポチッと1クリックをお願いします。
























はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

goo RSSリーダーに追加

Bloglinesに追加

Technoratiに追加

PAIPOREADERに追加

newsgatorに追加

feedpathに追加

Powered by SEO対策 RSSプラス