円安の原因は、1200兆円の借金があるからだ | 格差の無い社会を

格差の無い社会を

格差社会における私利私欲が温暖化をまねき、地球と人類を滅ぼす。格差は、諸悪の根源である。だから、格差の無い社会を目指そう。

アメリカは、インフレへの対応として金利を引き上げた。日本も同じように、インフレに対して金利を上げればいいのに、1200兆円の借金があるからという理由で金利を上げることができていない。だから、円安になっている。円安の原因は、1200兆円の借金があるからである。1200兆円の借金があっても国民の貯蓄があるから大丈夫と言っていたが、全然大丈夫じゃない。急激な円安は、日本経済への強烈なボディブローである。借金があると、いざという非常時に対応ができていない。日本経済が低迷している原因は、自民党の失策である。「新しい資本主義」でも、日本の賃金を上げることはできない。票集めのバラ撒きばかりしているようでは、理想論と実態が乖離し過ぎている。

 
 
 ↓ 1日1回、応援クリックをお願いします。

経済学ランキング