1型シグナスX エンジンがかからない | アディオのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

アディオのブログ

〒243-0301 神奈川県愛甲郡愛川町
角田826-1

TEL 046-281-9581
FAX 046-281-9501
メール info@adio.co.jp

1型のシグナスX

 

しばらく乗っていなかったら、エンジンがかからなくなった

 

とのことです。

 

キャブ車です。それも250ccのキャブに乗せ換え。

 

とりあえず、キャブ車でしばらく放置でかからなくなった原因としてあるのは、

 

・キャブの中のガソリンが腐っている

・その腐ったガソリンのせいで、ジェット関係が詰まっている

・プラグがカブっている

 

このあたりでしょうか。

 

 

とりあえず、キャブの中のガソリンを抜いてみましょう。

 

次に、プラグを外してチェック。火も飛んでいます。

 

そしてもう1度、始動。

 

何とか、かかりました!

 

ただ、アイドリングで置いておくと、1分もしないうちにストール。

 

もう1度かけますが、かかるのですが、同じようにしばらく経つとエンスト。

 

次はエンジンを掛けて、アクセルを開けてみます。

 

吹けません。そのうちにストール。

 

もう1度、エンジンを掛けて、アクセルをグイっと回すと、

途中から勢いよく回ります。

 

要するに、メインジェットの領域になると、勢いよく回る、

と言うことです。

 

考えられるのは、スロージェット側の詰まり。

 

キャブの分解洗浄してみましょう。

 

 

たぶん、フュージョンあたりのキャブでしょうか。

 

 

バラして、キャブクリーナー漬け置き、パーツクリーナーで洗い流し、

エアーで各穴を吹きます。

 

ゴム系部品は、シリコングリスを塗って、組み付け。

 

車両に戻して、エンジン始動。

 

治りました!!

 

ちゃんと吹けます。アイドリングもします。

 

良かった良かった。

 

明日、冷間時の始動でもう1度チェックして、シートボックスを戻します。