4型PCX カウルのバラシ方 | アディオのブログ

アディオのブログ

〒243-0301 神奈川県愛甲郡愛川町
角田826-1

TEL 046-281-9581
FAX 046-281-9501
メール info@adio.co.jp


テーマ:

4型PCX JF81ですが、

 

カウルのバラし方、結構、3型とは違う部分が多くって・・・・

 

フロント周りのカウルをバラそうと思って、

 

 

このあたりは、3型と大差はなく、V字の樹脂パーツのタッピング

2本を外して、前側のツメを浮かせて、前に引く。

 

この一番下側、ヘッドライトの真ん中、ここ、マジックテープ

くっついているんですね。

 

さて、3型PCXで一番難しかったグローブボックス周りの塗装パーツの外し。

 

3型は、ツメと強力なパッチンだけで付いていましたが、

4型は・・・

 

 

まず真ん中の黒の樹脂パーツを外します。

 

そしたら、中にタッピング。

 

あとは、ツメとパッチンなのですが、この段階で外せるのは、

右側だけです。

 

左側は、実質、あまり外す機会は少ないと思いますが、

もし、左側の塗装パーツを外そうとすると、その前に、

左のフロントサイドカウルを外さないとダメです。

 

フロントサイドを外すと、中にクリップで1ヶ所留まっています。

 

 

このクリップ1個を外すために、フロントサイドを外すって・・

 

でも、ほとんどの作業ではこの左側の樹脂パーツは外す必要はないかと。

 

ただ、右側は今度は逆で、まずはこの塗装パーツ、

 

 

これを外さないと、今度はフロントサイドの右側は外せません。

 

これを外すと中に、サイドカウルを留めている

タッピングが出てくるんです。

 

 

う~ん、ややこしいですね。

 

左側はサイドカウルが先、右側は、キー周りの塗装パーツが先です。

 

 

結構、3型PCXとは、バラし方が違いますね。

 

さて、引き続き、フェンダーレスとマフラーとエアクリーナーの開発を

継続です。

 

ロンホイはまだちょっと先ですね。

 

ご期待ください~。

 

アディオさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス