• 19 Oct
    • 心の「痛み」の対処方法は?

      こんにちは。アディナーダです。18日(水)は自分のライブがありまして、そのあとだと更新できる気がしなくてその前に書いておこうと思います。投稿は19日になるようにして。便利ですねーーー。さて、今日は心の「痛み」について。先日のブログで、「あなたは本当は誰にも傷つけられない」 というようなことを書きましたが、(https://ameblo.jp/adinada/entry-12319616458.html)そんなこと言いましても、、、それは大きな観点での 存在 魂 みたいなもののことを思って書いておりまして、実際には、この人間という皮を持っている限り、生きている限りは、やっぱり、何か悲しいことがあったり辛いことがあったりして胸が痛んで、傷ついているなぁと感じるようなことは多少なりとも起こってくるものです。だって、人間だもん!!そういうの感じなかったら、人間として生まれてくることの意味がないんじゃないかと思います。でも、、、この心の痛みって、いつかは消えていくのかな?って、その出来事が起こった時には思いますよね。で考えてみたんですけど、きっと、「消える」ということは。。。。。。ない。。。かもなと、思います。でも。薄まるということは、確実にありえると思います!ですので、それなら痛みを「薄める」にはどうしたらいいのかってことをちょっと考えてみました。まずは、その出来事を本当に信頼できる人に話す。誰かに共感してもらえるだけで、少し痛みが和らぎます。また、紙に書きなぐって、飽きるまで書きなぐって、とことん感情を味わい尽くす!心理学者の先生も言っていました。書いて書いて書きまくるとだんだんどうでもよくなってきたりする、と。私も信頼できる人に話を聞いてもらったり、一人でわんわん泣いたり、気持ちを書いて書いてその紙を燃やす、ということをしたりしています。(怖い?でも誰にも迷惑かけてないから♡)結構効果があると思います。それとね、思い出したんです。20歳頃だったかな、父と長崎の「あんでるせん」っていう、不思議なことができるマスターのいるお店に行ったことがあるんです。(手品みたいに見えるけど、手品じゃないことをする、本物の魔法使いみたいな人)このお店は知る人ぞ知る、スピリチュアルなことをよく知っている人の中では特に、知っている人も多いであろうというお店です。(物理学者の保江邦夫さんも、行かれたことがあるっておっしゃってた!)当時、私は、両親が離婚したことで少なからず悲しい気持ちでおりました。もう大人の歳だったし、両親にとって最良の選択であると思っていたからしっかりと受け止めていたのだけれど、やっぱり自分の親同士が仲良くないっていうのは子供としては悲しいわけで。なんかそういう悶々とした思いを持ちながらも、それまであまり話をしてこなかった父との初めての二人旅で向かったのでした。父がそのお店のことをどこかから聞いて知っていて、行ってみようと誘われて行ったんですね。(ちなみに、今の方が父との関係性は良好です^^)そういうのが伝わるのかな、わかる人には分かるのかなって思うんだけど、そういう私たちの状況を見抜いているような感じで、マスターが私のことを見た瞬間があったような気がして。あぁこの人には何か伝わっていると思ったことを覚えています。そして、マスターがお客様全員に向かって話してくれたお話で唯一覚えていることは、「悲しいことは起こるものだけれど、その上から、どんどん楽しいことを積み重ねていったら、いつかはその悲しみはその楽しいことの下で小さくなっていく」そんなことを話してくれたこと。その時の私は 「うわー」ってなって胸に響いて。でも、忘れてた。18日、ライブ前に、家で家事をしながら、痛みについて考えていたら、10何年ぶりかに思い出したんです。だからここでシェアします。悲しいことは必ず起こる。だけど、その上から何か喜び、楽しみ、みたいなのを少しずつ少しずつでいいから重ねていくこと。そして悲しみ 痛みは少しずつ小さくなる。なくならなくても。小さくなってく。そしてまた新しく痛みができても、また喜びや楽しみを重ねていって。それが生きていくってことなんだって。思います。★今日は「痛み」についてのポエトリーを★Adi Nada 「life, pain」

      テーマ:
  • 18 Oct
    • 宇宙の「空洞(パイプ)」になる。

      こんにちは。アディナーダです。アメブロを初めて7日目。一週間。あっというまですね。あっという間だけど、長くも感じる。とりあえず一ヶ月は毎日更新することを目標としていますが、どうなることやら。。。さて、今日は「空洞(パイプ)になる」ということについて。以前何かの「気」についての本を読んだときに、気功を操る方が仰っていたことの中に、施術する時、自分はパイプのようになって、宇宙からの気が自分を通るように思いながら施術しているというようなことが書いてあって。それに対して私は、とっても共感したのです。それはなぜかというと、私が歌を歌うときによく思っていたことと似ていたからです。正確に言うと、そんなことを「感じて」はいたんだけれど、うまく言語化できていないでいたんですね。だから、その文章を読んだときに、「オォー」と思った。その割にはその本がなんの本だったかちゃんと覚えていないのがダメなところですが。。。(私の本棚にこれだったかな?と思われるものがあるので、ちょっと今度読み返してみますね。。。すみません)私は小さい頃から歌がずっと好きでしたが、本格的に歌い始めたのは大学でバンドを組み始めた頃。その最初の頃からそんな風に思っていたわけではありません。何回も何回もライブをやっていく中で、徐々に思うようになっていったことです。うまく歌いたい、とか、最初の頃はよくライブ前にも思ったりして、でも、なんかそういう余計なことを考えながら歌うと、声がつまる感じになるんですよね。。。。なーんも考えないでファ〜〜っていう気分で歌っているときが一番いい感じに響くように思います。で、私、自分にとって、この歌うことって、瞑想と同じことだろうなーとも思っていて。無になる感じ。皆さんも、きっと、何かご自分の好きなこととか夢中になれることをひたすらやっている時って、時間が飛ぶような感覚を感じること、絶対にあると思うんです。それ、瞑想してるってことと同じなんじゃないかなと思います。その時頭の中は空っぽになって、雑念がなくなって、宇宙と一体化しているような感じなのかなーって。思います。私の場合は、そんな状態で出てきた声が、聞いてくださる人のところにフワ〜〜っと響いていってくれたらいいなぁって。思っているのです。「気」の話に戻しますと、その方は、施術の時に自分が相手を”治そう”と思うのではなくて宇宙のエネルギーを通すパイプになってその”エネルギーを伝える”役割をするだけ、というような考えであることを書かれていたと思うんです。そうすると、エネルギーが枯渇するようなことはないので疲れにくくもなる。何事も、「自分がやってる!!!」と思いながらやると、なんていうか、人間の力だと限界が結構あるなぁと思います。だけど、自分が空洞、パイプ、みたいな存在になって、広大な宇宙からの絶え間ないエネルギーを通して、そして人に伝えられるなら、それはすごくパワフルなことだなと思う。安心感もある。これは、自分から誰かに何かを伝えるという行為の場合に限らず、毎日の他愛ない日常でのことでも言えると思います。日々の誰もが抱える雑事、スケジュール管理とか、仕事のいろんなこと、家族とのいろんなこととか、なんでも自分で全部背負って、なんとかしなきゃ、頑張らなきゃ頑張らなきゃってすごく力の入った状態だと、何かが閉ざされてしまう感じがするというか。うまくいきそうな流れを逆にせき止めてしまうようなことが起こるのかもしれないなーって。なんかどうしていいかわかんないからもういいや、とりあえずなんか自分の中を流れるもの(インスピレーションとかでくるものとか)を信じてみるかーーー、みたいに気楽になってがらんどうみたいな状態になった方がうまくいったりするものなのだろうなと。そうそう、先日、高橋一生さんについて恐れ多くもスピリチュアル考察しましたが、(https://ameblo.jp/adinada/entry-12319150895.html)高橋さんの感じもまさに、「パイプになっている」ってことだわと、今書きながら思いました。考えてみれば、みんな同じ宇宙を共有している宇宙人です。宇宙は万人に、平等に開かれているものですものネ。この私たち人間には想像もつかないくらい大きな大きな宇宙の力を、いつもいただけるように、パイプみたいに存在していけたらいいなー。なるべく楽チンに生きていきたいですね。今日も読んでいただきありがとうございました。Adi Nadahttp://adinada.com★今日のBGMはこれにしましょう★童謡「この道」

      テーマ:
  • 17 Oct
    • 飛ぶための準備

      こんにちは。アディナーダです。アメブロを初めて6日目です。お越しくださってありがとうございます^^今の所、とりあえず1ヶ月は毎日更新することを目指そうと思っていますのでよろしくお願いいたします。さて、このブログでは、私の毎日の中で感じることを綴っていこうと思っているのですが、本日は、、、「飛ぶ」ということについて。私事で恐縮ですが、私は趣味で踊るバレエを習っています。音楽に合わせて体を動かすことはとても楽しくて、汗をかいて無心になれるので頭の中もリフレッシュされるのが自分にとってとてもいいのですが、、、このバレエというのは、とにかく全身をくまなく動かします。その中に「ジャンプ」する動きもたくさんあります。そして、このジャンプの動きをする前に大切なのが、「プリエ」という動きです。膝を曲げてバネになるような感じの動きなのですが、ウィキぺディアにも説明が載っていました。-------プリエ:フランス語で腕や膝などを「曲げる、折る」ことを意味するplierという他動詞の過去分詞形が名詞化した言葉である。バレエにおいては、両脚、または片脚を外旋(アン・ドゥオール)させた状況で膝を曲げていく動作、または曲げられた膝の状態を指す。-------画像で探してみましたが、こういう形の動きのことです。この足の部分が「プリエ」しているということになります。で、この動きが、次にジャンプするときにとっても大切なもの。(ジャンプ以外にもいろんなステップの前に必要とされるものですが、今日は取り立ててジャンプ前のことに限って話させていただきます)私の先生のご指導のお言葉を簡単にまとめますと、”ただ膝を曲げればいいということではない。足を曲げながらも体は引き上げること。プリエをする前よりも引きあがっていくようなイメージ。足の裏では床をしっかり掴むことが大事。”つまり、ただ曲げるという動きをして体が下がってしまうと、足の裏で床を掴んでいないと、次のジャンプなどのステップに繋がらない。んですね。。難しいですねぇ。。。先生がこのように丁寧にプリエの大切さを教えてくださるとき、いつもちょっとだけ頭の中で、「人生」のことと重ね合わせてしまったりしています。飛ぶための準備。。。そこが大切だなぁって。何かを極めていくとき、その道のりで、地に足つけて、自分の力でしっかり立って、踏ん張りながら力を蓄えていって、蓄えていって、そしていつかあるとき、飛ぶ。実るっていうのかな。飛ぶ前の、実る前の、じわ〜っとした、本物の思いとか情熱とか、経験とか、そういうものの重量が、ぎゅーっと詰まってぎゅーっとなって、、、、そしたら、、、、飛べる。そんなことをね、バレエをやりながら考えています。他にも、レッスンでの先生方のバレエに関するお言葉の中でこれは人生哲学のようだと感じるときが時々あるんです。なので、またここでお伝えできたらと思います★みんなでそれぞれ蓄えて蓄えてジャンプ!!したいですね読んでいただきありがとうございました。Adi Nadahttp://adinada.com★今日もBGMはWの悲劇のカバーで★

      テーマ:
  • 16 Oct
    • 夢が叶うということ

      夢が叶いますようにって、思う時の「夢」って、だいたい、現時点の自分では遠くの手の届かないところにあるものを思って、言っていることが多い感じがする。だから、なんか叶えるのはすごく難しいっていう気がしてしまう。でも、例えば、お腹が空いて、あぁなんか食べたいなって気持ちが湧いて、じゃあ今手元に食べられるものあるっけ?って考えて、あったらそれを食べて、もしなかったら、何かを買いに行ったりして手に入れて、それを食べて、お腹が満たされて、あぁ満腹になったなぁ〜いい気分♡ってなることと、原理は同じではないか、と今日思いました。そう考えたら、みんな毎日夢を叶えることの連続の中を生きてるってことだ。まさに、思考は現実化してる。はい、その通りです。なんで人間て、なんでも難しく考えちゃうのだろう。もっともっと単純になっていけたらいいねAdi Nadahttp://adinada.com★最近私が作ったパラパラ漫画をどうぞ★(これも「お腹が空いたからなんか食べよう!」ぐらいのノリで作り始めたものです。実際やり始めたらすごく大変だったけどw、最終的にはなんとか形にすることができました。)

      テーマ:
  • 15 Oct
    • 「どうせ無理」の呪縛から放たれよう

      最近、植松電機の植松努さんの本を何冊か読みました。すごく面白かったというか、力をもらえる内容でした。植松さんは「どうせ無理」ということをなくしていきたい、というようなことを仰られていて。そういう風に思って最初から諦めてしまうのではなく、なんでもやってみたいことに挑戦していけば良いというようなメッセージ。とっても共感したのだけれど、本当に、私も含めて世の中の人って、結構潜在的に「どうせ無理」というようなこと、考えちゃうこと多いんじゃないかなって思います。「どうせ私なんて」とかさ。私も、思いがちのところあるんです。おそらく、みんな、今までの人生のどこかの瞬間に、誰かに自分を否定された時の心の傷みたいなのって、ずっと残ってしまってますよね。で、今日色々考えていて、自分のことで思い出したことがありました。私は以前バンドをやっていて、バンドでCDを出したこともあるのですが、そのCDを聞いた知り合いの知り合いぐらいの関係のある人に、「君の歌聞いたよ。確かにまぁ、声はいいとは思うんだけど、ねぇ。そんなにパッとしないよね。」というようなことを言われたことがありました。そして、その人は当時27、28歳だった私に言いました。「30歳までになんににもならなかったら(売れなかったら、ってことだと思う)、(音楽を続けるかどうかについて)考えたほうがいいよ。」。。。。。。。。。なぜ、なぜ、私はこの人にこんなこと言われなくちゃいけないんだろう?とその時思いました。全然親しくない人で、私のことほとんどなんにも知らない人だし。すごく、悔しかった。自分の人生を、他人に決められる筋合いはありません。私が好きなことを、自分の意思で、やっている。あなたに、関係のないことだ。そう、心の中で思った。「●歳までにものにならなかったら、その夢を諦めたほうがいい」というようなことは、自分自身で自分に対して決めるのは、ある点ではとても良いことでもあると思います。それだけ、必死になって成し遂げようとするパワーになると思うし、そこまでで完全燃焼したら、きっとその時に何か見えるものがあると思うもん。人生を悔いなく切り開いていくための一つの方法。でも、そういうのって、他人に決められることではないと思うんです。他人にそう認められなくても、自分が好きで好きで仕方ないことならば、それを自分以外の誰にも止めることはできないんだよ。やめろって言われても、止めることはできないよ。あと思うのは、そういうアドバイス的なことをしようとする方に、真の愛情があるかどうか、というのもポイントだと思う。真の愛情の眼差しからの言葉だったら、何か自分に響くもの、納得させられるようなものがあるはず。まぁでも、愛情を持って、深く相手を見ている人だったら、かける言葉も変わってくるんじゃないかと思いますけどね。だいたいこうなんていうか、人を見下したようなトゲのあるような言い方をする方というのは、無意識でいやな感じで言っていたりして、そのあとすぐ忘れてしまってるものなんじゃないかなと思います。それなら余計に、そんな人の言葉に自分の人生左右されるなんてごめんですし!!!!と、私は思うのですが、いかがでしょうか。私にとって歌うことは、もう誰にやめろと言われましてもやめられることではなかったので、ひたすら今も続けていますけど、人によっては、こういうことを言われた時にその言葉がすごく残ってしまって、せっかく続けたら何かが生まれたかもしれなかったりただただやっているだけでも幸せだと思える大事なことだったのをやめてしまうはめになったり、、、、してしまうのだと思います。あぁ、そんなの、悔しいです!!!自分の人生だもん。この道を歩いてるのは私だもん。自分の感じている気持ちが一番大事ですよね。周りに変に思われたっていいじゃないかーぁ!その何かを好きならば、気になるならば、やってみたいならば。それがたとえ中途半端になったってさ。いいじゃんか。やるのは自分ですもん。やってみればいいんだよぅ。いやーなことを平気で言って他人を締め付けようとする人よ、せっかくの人の大事な魂の炎みたいなのを、人の夢を、潰さないで。って思う。もし、何かそうゆう悔しい思いしてる方いたら、どうか負けないで、気にしないで、自分の道を生きていきましょうネ。マーーーーでも生きていると、色々傷つくことを言ってきたりする人とはちょいちょい出会います。でも、だんだん私も強くなってきたところもありまして、こんな方法を使うようになりました。そういう人の言葉に対してはちくわ耳になる。≧(´▽`)≦正確に言うと、とりあえず、その人の発言は聞く。あぁーそうですねー なるほどーそうですねーって。角が立たないようにします。だって、言い争っても仕方ないですし。ていうか多分、価値観が違う人だろうから、そこで喧嘩しても平行線になるだけ。(もし、話し合える人だなとどこか通じ合える気がする人の場合は別です。そういう場合は、意見を言い合うのもいいかと思います。)で、聞いておいて、「ふーんこの人はそういう考え方をする人なんだ」と理解だけする。だからと言って、その人が提示してくる意見に自分が傷つけられる必要もないんですよね、本当は。だから、ちくわ耳で聞いておいて、自分の大切だと思う部分に関してはこっそり譲らないでいる。それでいいと思う。あの人あんなこと私に言った。うん、でもごめん、私の大切にしているこのことは変えることはできないんだわー。って。それで、その人とだんだん会わなくなったりして距離ができていってしまったとしても、それでいいと思います。自分と価値観の合う、大切な人というのもちゃんと現れてくるものだと思うから、そのことを信じていればいいと思う。自分を大切にするべきです。ご自分を大切にされてください。私もそうしたいと思っています!誰もあなたのことを傷つけられないよ 本当は。「どうせ無理」とか、「私なんか〜〜」って頭の中で響いた時には、私はそれを包むように、「愛しています」と心の中で唱えています。(ホオポノポノのクリーニングツールでもあります。)自分がまず自分の味方であることが大切だなあと思います。Adi Nadahttp://natsumino.com★今日のブログに合う朗読がありました★Adi Nada「約束の海」

      1
      テーマ:
  • 14 Oct
    • 笑顔の魔法

      笑うことは体に良い、ということはもうここ最近ではよく知られている事実だと思うのですが、皆さんも普段たくさん笑っていますか?私は、あんまり笑えてないなぁという時や元気ないなぁって時にはよくお笑い番組なんかを見て、声出して大笑いしてストレス発散!!してます^^アメトークとかしゃべくりとか大好き。録画してます💗先日、80歳をとうに越えている祖母と一緒に過ごしている時、テレビで笑点が始まりました。そしたら、祖母もたくさん笑っていて、見ていてほっこり嬉しくなりました。(祖母は他の番組では全っ然笑ってなかったんだけど(笑)、笑点では笑ってた。笑点、すごいね!!)で、やっぱり笑ったあと、祖母はちょっと元気になってた^^私は歌うお仕事をしているのですが、レコーディングの時によく「明るい雰囲気で歌ってください」とディレクションいただくことがあります。その時に私が一番にするのは、口角をあげるってことです。そうすると、自然と声が明るくなる。当たり前のこと、と思うかもしれませんが、、、不思議じゃないですか?なんで、口角あげるだけで声が明るくなるのかな?と改めて考えてみると、、、口角をあげるという表情の変化を起こすと、不思議と気持ちも明るくなるから、声に影響してくるのかなと分析。反対に「クールな感じでお願いします」と言われる時に私がするのは、無表情で歌う、ということ。表情を変えるだけで、心が変わり、声が変わる。改めて考えると面白いです。こんな風に、表情の方から心に対してアプローチするっていうことは、心が楽になる一つのツールとして使えるってことだなーと実感を込めて思います。お笑いを見て笑う、っていうのは声が出ちゃう笑いですが、要は、声出さないまでも、ちょっと口角あげるだけでも心が明るくなる効果があるってことですね!Adi Nadahttp://adinada.com★ちょうど良い曲がここにあったー★

      テーマ:
  • 13 Oct
    • 高橋一生さんを勝手にスピリチュアル考察

      最近、大変な人気者である俳優の高橋一生さん。素敵だなーと私も思います。この方、世間に大注目されるようになったのは今年放送されたドラマ「カルテット」ぐらいからとのことですが、キャリアはとっても長いベテランさんなんですよね。人にはそれぞれ、何かタイミングみたいなものがあるんだろうなぁと思ったりします。さて、そんな高橋さんがテレビで発言されていることを聞いて なるほどー と私なりに高橋さんについて 勝手に 解釈、考察したことについて書き留めます。(実際の言葉はうろ覚えで私のフィルターを通しているので、、、そこはご勘弁ください)まずTBS『Aスタジオ』に出てらした時(放送されたのは「カルテット」が始まる直前ぐらいだったと思う)に話されていたエピソードから。高橋さん、ものに名前をつける そうなのです。洗濯機とか冷蔵庫とか。覚えているのは洗濯機が「せんださん」っていうの。wおもしろい。微笑ましいお話ですが、でも待って、これって、、、と私は思いました。私がとても好きな考え方にハワイの問題解決方法のホオポノポノ というものがあります。ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、その中で「ものにも一つ一つにアイデンティティーがある」という考えがあるんですね。だから、例えば家とか自分の大切にしているものが、ある日自分の名前を教えてくれる時があることもある という話もあって。私は高橋さんのエピソードを聞いた時に、即このことを思い出しまして、この方はホオポノポノでも言われていることを自然にされてるってことだなーって思いました。高橋さんはこの名前をつける理由として、愛着が湧く、長く大切に使いたいから、というようなことを理由として仰ってたと思うんですが。うーん。素敵ですねぇ。。ものたちの方も大切にされて喜んでいそう。。。それともうひと番組、NHK『あさイチ』に出演されていた時のトークで。「自分はいつも受動的だ」というようなことを話されていたんですね。自分から何かをするというよりも、人からいただく流れの中で生きているというようなことだと私は解釈したのですが。それは、例えばお芝居も、自分で判断するものではなくて、見てくださる人が判断するもの。(役に対する解釈とかの判断でことだと思います)ということ。そもそもお芝居を始めたのも、ご自分の意志からではなかったそうで。司会の有働さんが、「お仕事での話は分かるのですが、プライベートでも?」というような質問をされたところ「そうですね」とのこと。有働さんも えー となっていましたが、私も えー?ホントにー とちょっと思った。でも、例えば趣味でも、これやってみようよと言われた時に、じゃあやってみるかということでやってみる、とか、という話を聞いて、そうかーなるほどーと納得しました。つまりつまり、、、高橋さんて、「宇宙の流れに身を任せて生きてる」ってことですね。それをごく自然にやってらっしゃるんだ。「承認欲求があまりない」と確か仰られていたけど、それはすでに承認されているからでは?ともちょっと思ったりしたけど(ひねくれてごめんなさい)、こんなに世間で注目を浴びる前から、ずっと淡々と、ただ淡々と、この方はただ流れに身を任せながら、ご自分の道を歩んでこられたのだなあと、もちろん、お芝居に対する熱い想いがあられての身を任せる感じ だと思うのですが。そう思うと高橋さんって、世間でよくいう「引き寄せの法則」とか「宇宙の法則」のようなものの実践者でもあるんだと思いました。目の前にある流れにそのまま身を任せられたら、人生に抵抗なくスムーズに生きていけるってことなんだろうなって。身近なもののひとつひとつを名前つけたりして大切にできたら、ものたちにも応援してもらえるんじゃないかと思いますしね^^スピリチュアル的にも参考にさせていただけるお話しだったなーって思って。シェアさせていだきました。。。勝手にこんなに熱く書いてすみません‥★Adi Nadahttp://adinada.com★最近作ったパラパラ漫画です。よかったらBGMに★「Woman "Wの悲劇"」

      テーマ:
  • 12 Oct
    • 幸せは連鎖する?

      よく、自分のしたことが自分に返ってくるっていいますよね。それはたしかに、いやたしかにそうだ、と思うことが多々あります。先日、ある方にある優しさをいただいた時に、あぁ 幸せって連鎖するなぁ と思った話なのですが、、どんな優しさをいただいたかというと、、、・ある方にお茶をごちそうになった。・そのあとにその方に近所の素敵な花屋さんに連れて行っていただいた。・そしたらその花屋さんが素敵な花束をくださった。この日、このあとの私は、なんだかめちゃめちゃハッピーな気持ちになったんです。そしたら、あら不思議。帰りに家族(夫)にケーキを買って帰りたくなって。。。買って帰りました。 笑そしたら家族も、たぶんいい気分に。。なったハズ。なんか幸せな気持ちがぐるーんって回ってるなぁと思って。そして後日、私はこの花屋さんに自分のCDを持って伺いました。こう、なんというか、ぐるーーんとしてますよね。もちろん、連鎖するのは幸せな気持ちだけじゃないですね。。。m(_ _)m嫌な気持ちみたいなのも見事に連鎖しますもんね。人間なので多少浮き沈みあるのは仕方なし!!うむ!でも、なるべく、なるべく、「良いぐるーん」のなかにいられるようにできたらなぁって、思います^ ^ちなみに、★お茶をごちそうしてくださった方→西荻窪 ジュエアカシュカシュの保美さん★花屋さん→西荻窪エルスールさんです!素敵な方々❤️Adi Nadahttp://adinada.com

      テーマ:
    • 初めまして。アディナーダです。

      こんにちは。初めまして。私はアディナーダというシンガーです。絵も描いたりしています。突然ですが、ブログを新たに始めることにしました。なぜかというと、、、私は今までちょっと自分の内側に、こもりがちだったんです。「私なんて、」ということを、無意識のうちによく思っていたと思う。だけど、変わってみることにしました。だから、ブログを新たに始めます。私はもともとスピリチュアルなことに興味がありました。生きることってどういうことなんだろう?なんのために生まれてきたんだろう?幸せってなんだろう?とか、そういうことをいつも考えてきました。そして、自分の中にあるものが外に見える という、これはきっと真理だとは思うのだけれど、だけど、それがもし本当にそうなのならば、なるべくいいことを見ていきたいよね と思うわけです。その なるべくいいことを見ていきたい、世界は魔法で溢れてると思いたい、という思いから見える景色を書き留めたい。頭の中を整理する意味でも、その考察をこちらに書けたらなと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。Adi Nadahttp://adinada.com

      1
      テーマ:

プロフィール

アディナーダ

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
歌を歌っています。 CMの曲を歌うお仕事などしています。が、 絵を描いたり、何かを作ったり、想像...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

このブログの読者

読者数: 0

読者になる

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。